{希哲16年4月5日の開発}{希哲16年4月5日の進捗}{CSS 変数}{生み出した}{伝証}{合理化した}{呼ぶべき}{汚い現実}{ウェブの理想と現実}{もたらされる}...=}(208)

{希哲16年4月5日14歩 K#F85E/A-E74C-6431}

CSS 変数(カスタムプロパティ)の導入舞覧ブラウザ五年対応原則採用決め終了今後デライトでは,「5年以内離立された版存主要舞覧」を中心に対応していく

希哲15年3月1日の開発から「デライト推奨動作環境」として同様の定義考えてはいたが,当時は,古い舞覧対応努力はするが推奨はしない程度の,もっと緩やかなものを想定していた


希哲13年ECMAScript 2015HTML5CSS3比較的新しいウェブ標準導入決めてからだいぶモダンにはなったが,まだデライトの舞覧対応方針には感覚的保守的なところがあった。感覚的に影響範囲の広い付徴主要舞覧対応から10年影響範囲の狭い付徴5年目安導入考えていたrem ですら必要以上には使わなかった

先日前次記法実装グリッド領当て導入したが,これはちょうど主要舞覧使えるようになってから5年ほど経つ機能だった。一記法装体過ぎなかったこともあり,ここまで辛うじて良かったが,他にも色々応用したいことが出てき舞覧対応方針見直し必要を感じていた

決め手は,デライトのダークテーマ対応見据えて CSS 変数の導入考え始めたことだった。CSS 変数主要舞覧対応から5年ほど経つが,本格的に導入するとなると影響範囲広がり過ぎる


Can I use対応舞覧よく調べるようになってから,「5年以内離立された版存主要舞覧」が意外に普及していることに気付いた大体90%以上はある。

地域にもよるだろうが,確かに今時古い舞覧使い続ける方が難しいかもしれない。個人機なら5年平均的な買い替え周期であり,スマートフォンなら古い部類だろう。自動更新標準的になった昔と違って多数派の“普通の人”ほど新しい舞覧使っている

あえて古い舞覧使い続ける場合というと,一昔前なら古い個人機再利用というのがあったが,格安インターネット端末普通に流通している今,新しい舞覧使えないほど古い端末使い続ける費用対効果疑わしく,制危考えれば推奨出来ることではない

一番面倒なのが舞覧の更新許されない企業内利用だが,そもそもそんな保守的な環境デライト利用出来るとは考えにくい

こう考えていくと,デライトにとって古い舞覧への対応重要性極めて低い言わざるをえない

奇しくも新生デライトの完成目指している6月15日に,IE11 のサポート終了がある。中途半端気もする内容だが,いわゆるモダンではない舞覧最後の砦崩壊する新しいウェブ標準への社会的移行象徴的な出来事にはなる。


ある程度古い舞覧への対応考慮してきたのは,企業体力がついた将来対応拡充することを考えていたからだったが,これもよく考えると合理性怪しい

技術的負債”は簡単に返せるものではない。大企業肥大化した交度にいかに苦しめられているかを考えれば合理的に古い舞覧への対応出来る来るかどうかも分からないむしろ組織大きくなった時にこそ見通しの良さ重要になる


もっと根本的なこと言えばデライトウェブ標準という盤本の“キラーアプリ”になるべきものだ。新しいウェブ標準普及牽引していくくらいの考えがなくてはいけない。

その伝証デモ足掛かりがすでにこれだけ普及していれば十分過ぎるだろう。


舞覧五年対応原則導入によって,ウェブの理想と現実における汚い現実大部分だった古い舞覧正しく切り捨てることが出来るようになり,前縁整備はもちろん,デライト文書整備でも大きな効率化もたらされるだろう。文書整備では,対応舞覧についてどう説明していくかが一つの課題だった。ここまで絞り込めば説明すっきりする

デライト開発劇的に合理化した描出公開原則とともに「デライト二大原則」と呼ぶべきかもしれない。思えば描出公開原則デライト正式離立という大きな節目目前にして生み出したものだった。


=}
{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月14日の開発}{損われる}{本質的ではない}{記述しやすい}{珍しくない}{大規模サイト}{迷惑行為対策}{運営上の都合}...=}(65)

{希哲16年2月14日15歩 K#F85E/A-E74C-5780}

越化エスケープ周りの客体表現化考えるついでに文字参照の越化について再検討して終了

HTML 越化仕様決めた昨年5月20日12歩以来越化目的使う可能性がある文字参照のみを許容していたが,これは修正し,いったん全ての文字参照許容することにした。

4日21歩でも再検討したが,越化記法同様デラングにおける特殊文字白表方式管理するのは無理がある損われる保守性に対して利点乏しい

当初制危というより迷惑行為対策など運営上の都合必要になるのではないかと思っていたが,Wikipedia はじめ大規模サイト開放されている珍しくなく,少なくともデライト言語仕様にするほど必要制限とは言えない。文字参照制危上致命的な問題があればそれは舞覧問題だろう。迷惑行為対策としてもあまり本質的ではない

何か問題があれば制限する,で十分なはずなので,実装都合制限してもいいことにする。

文字参照には,表示入力難がある文字記述しやすいという有用性一応ある。

=}
{制危}{デライト}{上手く回避}{希哲15年9月5日}{希哲15年9月5日のツイスト}{広告収益}{課金}{事務負担}{個人知識管理サービス}{ツイスト}...=}(17)
{第三次宣伝攻勢}{進捗記録}{制危}{希哲15年4月23日の開発}{録化}{デルン出力録整備}{1,000行}{デルン出力録}{deln.log.2}{deln.log}...=}(60)

{希哲15年4月23日8歩 K#F85E/A-E74C-B2F4}

デルン出力録整備

いったん終了。

delndeln.fcgi起動する際,deln.log出力を書き出すようにし,deln 実行の度に起動中であれば tail を使い最新1,000行に縮め,再起動時には deln.log の内容を deln.log.2上書きするようにした。

自動再起動のため deln は cron で毎秒実行されるようになっているので,異常終了時に直近の出力簡単確認出来るようになった。


deln.fcgi出力手定め環境では常に表示させているが,本番環境では cron 任せだったため確認手段が無かった。過去にも何度か録化は試みていたが,周辺実装の激しい変化削除されていた。

それでも大抵の問題は大体見当が付いていたが,KNEST 認証不具合反省第三次宣伝攻勢への備えのため,ここで整備することにした。

KNEST 認証不具合はまだ原因推定しやすかったから良かったものの,大規模集客が始まれば,本番環境特有の握接高負荷状況での不具合多発予想される。


実装はごく簡単に,deln に数行の追加で済んだ。

デルン出力録ウェブ捌き握接録より詳細だが,個人情報保護制危観点からあまり広範囲長期間保存したくない。

それ以前に,放っておけばあっという間にディスク容量を食い尽くしてしまう。

不具合調査必要なだけ /tmp/ 以下に保存しておくことにした。

=}
{省割}{制危}{駒手}{道手}{理腑}{構配}{勘報}{換配}{引装}{インストール}...=}(12)
{制危}

{}