{希哲13年1月12日}{メール管理}{希哲13年1月12日のツイスト}{希哲11年開発渋滞}{デライト}{ツイスト}{シンメール}{Gmail}=}(8)
{希哲12年12月17日}{希哲12年12月17日のツイスト}{希哲11年開発渋滞}{ツイスト}{SLFS}=}(5)

{あれK#F85E/A-4686-2973}

去年LFS を改良した SLFS(セルフス,Synical Linux From Sketch)の実用化に成功してから希哲社応司(OS)開発も本格的に始めたのだが,もともと統合勘報環境(ICE: integrated computing environment)を標榜するほど網羅的な構想を持っていたため当たり前のように「課題が多過ぎて何から手を付けていいか分からない」という状態に陥いった。これが「希哲11年開発渋滞」だった。

=}
{希哲12年12月10日}{希哲12年12月10日のツイスト}{希哲11年開発渋滞の解消}{希哲11年開発渋滞}{ツイスト}=}(5)

{あれK#F85E/A-4686-2EE5}

昨年末頃から虎哲開発が抱えていた問題に「開発渋滞」があった。当時は,希哲社応司(OS)の基礎となる SLFS(セルフス,Synical Linux From Sketch)の実用化に成功して間もない頃で,開発領域が格段に拡がっていた。要するに,考えることが多くなり過ぎて作業が捗らなくなっていた。これが今月に入ってからあっさり解消してしまった。

=}
{希哲12年12月10日}{希哲12年12月10日のツイスト}{希哲11年開発渋滞の解消}{希哲11年開発渋滞}{ツイスト}=}(5)
{希哲11年開発渋滞}
{}