{開発者コミュニティ}{リスク低減}{費用削減}{困難さ}{隠すべきものを持たない強み}{希哲15年2月1日3歩}{きっとん}{素交非公開原則}{素交公開原則}{素交公開}...=}(89)

{希哲15年1月30日の日記 K#F85E/A-E74C-E10D}

日本の情技業界を騒がせている業務素交流出事件に思うところあり,希哲館でも原則として素交公開していく「素交公開原則」の採用本格的検討し始めた。

昨年の今頃もそんなことをぼんやりと考えていたが,特にこの頃,描出公開原則成功確信が持てるようになったり,政治参加方針公開が考えられるようになったり,「隠すべきものを持たない強み」を実感することが多くなっていた。となれば,素交公開自然流れだろう。

もともと虎哲関係の素交独自性が強過ぎ,動作環境備立方法も特殊文書込め言には独自用語と希哲館訳語満載という状態であり,盗んだところでまともに運用するのは不可能だ。これを「自然難読性」と呼び,ある種の強みと考えていた。

それでもいわば「素交非公開原則」で来た理由はいくつかある。

第一には,私自身の完璧主義的な性格であり,見せる必要もないところで不完全なものを晒したくなかった。

次に,希哲館事業収益化不可能に近い困難さがあった。万が一にもなさそうだった成功可能性を探る上で,万が一でもその障害になりそうな要素排除しなくてはならなかった。手札は一つでも多い方が良かった。

これについては,デライト収益化実現してしまえば無用心配になる。

もう一つ,技術的問題もある。昔から,デルン基礎にした版存管理司組構想してきたこともあり,素交公開するなら独自基盤でと考えていた。無論,そんなものを開発する時間は無かった。

色々な意味で余裕が必要になるので,いずれにせよデライト収益化後に決断することになるだろう。

素交公開原則利点はいくつも考えられる。献典としては死蔵してきた希哲館技術体系宣伝デライトも含めた希哲館事業全体の透明性信頼性向上機密保持に関する費用削減リスク低減,そして最も大きいのは開発者コミュニティを作れることだろう。

KitHub」というのは一昨年思いついたことだが,それこそ GitHub のように成長すればそれだけで希哲館事業の強力な武器になる。

この日は久しぶりに希哲館マスコット構想「きっとん」を思い出し,具体的なイメージを練ったりもした。これがのらくろに似ていることに気付いたのは収穫だった。

2月1日振り返り日記

{デライト宣伝}{デライト文書整備}{閃き}{六大奇跡}{最大の奇跡}{最初の奇跡}{最後の奇跡}{五大奇跡}{希哲15年1月29日}{描出宣伝}...=}(62)

{希哲15年1月29日の日記 K#F85E/A-E74C-9172}

週に一度の休日。気ままに描出をして過ごした。

最近,黄金循環によって描出宣伝期待出来るようになったことで描出思考が増え,自然暗黙宣伝ツイスト宣伝が減っている。ちょうどいい節目なので,昨年10月20日から始まった第二次宣伝攻勢はここでいったん終了とし,2月中に新生デライトとしての体裁を整えてから第三次宣伝攻勢を始めることにした。

宣伝停止までする必要はないが,第三次宣伝攻勢まで Twitter を絡めたデライト宣伝適宜不定期でいいとして,当面は開発文書整備集中する。

一昨年よく使っていた「デライト仮公開」や「デライト再公開」という用語について整理するため日記開発記録を読み返していると,当時の思考感情が驚くほど鮮明に蘇ってきた。「発明疲れ」と言うほどのアイデア爆発デルン三大整理……一日であの一年再体験したようで,せっかくの休日だというのに少しぐったりした。

昨晩ふと思いついてから,これまで自分の身に起きた奇跡ような出来事について数えたりもしていた。

今となってはありとあらゆることが奇跡のように感じられるが,最初の奇跡だった閃きから,希哲館事業がここまでの形になったこと,時代土地家系容姿にまつわること……特に信じがたかったことだけを挙げても五大奇跡六大奇跡くらいはある。

これらに続くべきまだ起きていない奇跡は二つしかない。一つは希哲館事業収益化デライト収益化)だ。もう一つが最後の奇跡になるだろう。

私が常識で考えればありえなさそうなことに希望を抱けるのは,実際にありえないようなことを数多く体験してきたからだ。

しかし,思い通り結果が出るまでサイコロを振り続けることが出来ただけだとすれば,その環境に恵まれたことが最大の奇跡かもしれない。

30日振り返り日記

{希哲14年3月1日の進捗時限}{希哲14年3月1日の進捗}{希哲14年3月1日}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{デライト収益化}{希哲館事業収益化}{鎌倉入り}{進捗}=}(10)
{希哲14年2月13日}{デライト正式離立}{育ての苦しみ}{『希哲日記』}{希哲館事業収益化}{生みの苦しみ}{達成}{解放}{日記}=}(9)
{離立}{デライト正式離立}{希哲14年1月27日の進捗時限}{希哲14年1月27日の進捗}{希哲14年1月27日}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{希哲館事業収益化}{近視眼的}...=}(14)

{希哲14年1月27日1歩 K#F85E/A-5B28-0CB6}

デライト最終調整KNEST 認証整理。

遅い起床と遅い作業再開。

途中で終了。

昨日,ある程度確信していたデライト正式離立が出来なかったことで,少し冷静になった。離立への焦りでやや近視眼的になっていたが,そもそも昨日離立したところで希哲館事業状況が大きく変わるわけではない。

少し視野を拡げ,今月の残る5日間デライト正式離立とともに希哲館事業収益化への道筋を見出すことに全力を傾けることにした。

=}
{デライト正式離立}{敵視政策}{敵愾心}{希哲14年1月9日の進捗時限}{希哲14年1月9日の進捗}{暗愚の枢軸}{希哲14年1月9日}{イラン危機}{進捗記録}{進捗時限記録}...=}(23)

{希哲14年1月9日1歩 K#F85E/A-5B28-D7BC}

デライト最終調整KNEST 認証整理。

また目標意識がぼやけてきたため,デライト正式離立の目標を1月10日に再設定して作業再開。

途中で終了。

イラン危機を通して,アメリカ同時多発テロ事件に始まる希哲館事業初心を思い出すことが多くなった。

それと同時に,「暗愚の枢軸」に対する心境の変化も感じるようになった。特に,デライト正式離立を意識するようになった昨年12月頃からだ。

希哲館事業収益化知識産業革命の手段としてのデライトを感じるにつれ,暗愚の枢軸に対する危機感敵愾心が自分の中で薄れてきている。

デライトによる希哲館事業収益化を達成すればそれは暗愚の枢軸への勝利も同然であり,その目前に迫っているという実感なのかもしれない。

対立の調停を考えると,この手の敵視政策がかえって障害になる可能性もある。捨てないまでも,押し入れにしまっておくくらいでいいかもしれない。

{希哲14年1月5日のツイスト}{希哲14年1月5日}{希哲館事業収益化}{ツイスト}{知識産業革命}{起爆}{第三次世界大戦}=}(7)
{希哲14年1月5日のツイスト}{希哲14年1月5日}{希哲館事業収益化}{ツイスト}=}(4)
{離立}{デライト正式離立}{持ち辺}{潜在意識}{デライト最終調整}{大合流}{虫の夢}{希哲13年12月18日}{最後の五日間}{最善の時期}...=}(25)

{希哲13年12月18日の日記 K#F85E/A-5B28-01FA}

最後の五日間」3日目。

開発は,20日デライト正式離立を目指し最終調整に入った。

前日に見た虫の夢が見事に現在の状況を表わしていることに気付き,不思議な気分になった。

最初は可愛いアリの子供のようなを数匹育てていたが,気付くとなぜかハチクワガタカブトムシの群れになり,慌てて虫籠に入れようとするが間に合わない。可哀そうだが焼き払うしかないか,と考えているところで目が覚めた。

その日の就寝前,理腑の複雑性が一段高まったような感覚があったため,これはその状況を象徴しているような気がしたが,あまり深くは受け止めなかった。ところが今日,いっそのこと全部まとめて片付けてしまおう,という気分になり,少し状況の見方を変えてみたら,ここまでの課題が一番都合の良いところで大合流していることに気付いた。

これにより持ち辺は急激に回復し,デライト正式離立から希哲館事業収益化への展望もずっと明るくなってきた。

後悔が無いとはいえ,離立の遅れへの苛立ちは覚えざるをえなかったが,自分の潜在意識が何を待っていたのか,やっと理解出来た気がした。直観神秘も感じた。間違いなく,ここ数日最善の時期だろう。

虫の夢,というのは昔から数年おきくらいに見る気がするが,が片付けなければならない問題象徴しているのかもしれない。ただ,これまでに見た虫の夢はとにかく気持ち悪いものが多かったが,今回は恐怖でもなく嫌悪でもなく,自分のせいで殺されるであろう虫たちへの罪悪感のような感情が強く残った。

{希哲15年1月28日の日記}{検索演心教育}{自由日}{デライト正式離立}{時間的損失}{知益合流}{徹夜解禁}{希哲13年11月27日}{描出中毒}{『希哲日記』}...=}(24)

{希哲13年11月27日の日記 K#F85E/A-5B28-C6BE}

デライト正式離立に向けて本格的な開発体制に入って3日目。最初の2日はあれこれ盛り込みたくなり気が散りがちだったが,今日から正式離立に最低限必要な作業にまず徹することにした。

また,徹夜解禁して,あえて執務自由日扱いにすることにした。

出来れば生活律動を保っていたかったが,いま生活律動の矯正にこだわっていると時間的損失が大きいと判断した。特に,ここ最近,早くに入ってもなかなか寝付けない,ということが気になっていた。床に入って眠る努力をしている時間が一番無駄なので,頭が冴えているうちに働けるだけ働き,眠くなったら歯磨きだけはしっかりして寝ることにした。一時的に生活が乱れても一週間程度までなら経験上尾は引かない。

こうした工夫の甲斐あって,開発にも調子が出てきた。

まだ上手く表現出来ないが,デライト正式離立描出中毒検索演心教育が絡み合って,意外な展望が開けつつあるような,不思議な感覚がある。

希哲館事業収益化知識産業革命であり,人類悲願の「知益合流」だ。「デライトの先」がよりよく見えてきたのかもしれない。

=}
{希哲館事業収益化}
{}