(9)
{希哲14年4月29日の日記}{希哲14年4月27日}{希求主義文学}{一夜革命宣言}{自叙伝}{木隠}{素描}=}(7)

希哲14年4月27日,書き始めることにした。

10歳前後,ハリウッド映画に触れ始める。

12歳学校から卒業し始める。

14歳個人機を与えられる。

15歳哲学に触れ始める。

17歳輪郭法閃き,間もなく葛藤期へ。

20歳,克服。

22歳希哲館創立

26歳デルンの実用化に成功。

2020-04-29 21:56
2014-09-12 03:45
{希哲12年8月17日}{希哲}{希求主義文学}{日記}=}(4)

希哲12年8月17日から可能な限り毎日付けることにした。

希哲13年7月17日の日記から,「(日付)の日記」という知名で記録することにした。これまでは日付のみの知名で書いていたが,何かと混同の恐れがあった。例えば,後からその日の出来事などについて加えたい記録と,当時の日記として残しておきたい記録の区別がしにくい。

2019-07-18 01:31
2018-08-17 18:52
{希哲13年5月16日}{一日一文}{希哲13年5月16日のツイスト}{希求主義文学}{ツイスト}=}(5)

希求主義文学のためにも,「一日一文」は必要か。

2019-05-16 17:31
=}
{ポモドーロ法}{希哲13年5月26日}{希哲13年5月16日}{日課}{希求主義文学}{習慣}{一日一章}=}(7)
{『希哲日記』}{希哲12年8月17日}{希求主義文学}{重要な出来事}=}(4)
{希哲13年10月8日の日記}{ききゅうき}{ききゆうき}{希求主義文学}{希哲西征}{希行録}{描書}{草稿}{希行}=}(9)

『*希希遊記*』((ききゆうき,ききゅうき,Kiki Yu Ki))は,宇田川による旅行記構想である。

日本からギリシャ・アテネを目指して西進する旅を記録する。ただし,その間にある国々や都市,文化や自然を網羅的に観察する点が一般的な旅行とは異なる。

*語誌

二つの希の字は「*希求*」((ききゅう))と「*希臘*」((ギリシャ))を意味しており,「希希遊」は「希求」にかけた洒落である。

当初,『西遊記』にちなんで『希遊記』としたが,語呂が良くないため「遊」同様に「旅行」の意味がある「行」を使い「希行記」((きこうき))としていた。「希求主義的な旅行」を意味する「希行」はこの逆成語である。

2013年1月29日,「希希遊記」に改めた。

希哲12年8月3日頃から,希求旅行開始に伴い,全体構想を再考し始める。希哲12年8月7日,『希々遊記』と簡潔な表記にすることも考えたが,二つの「希」の意味が違うことを強調するため,あくまでも『希希遊記』を正式表記とすることを決めた。原則として,読みの表記は「ききゆうき」,発音は「ききゅうき」とすることを決めた。一部の企業名などに残っているように,戦前の日本語では小書きせずに拗音等を表記していたことを利用。

2018-08-07 16:28
2012-06-14 03:46
{希求主義文学}{一日八百八輪}=}(2)
{希求主義文学}{一日三千輪}{一日一章}=}(3)

1ヶ月(30日)で300。

2016-10-13 23:06
2016-10-11 22:06
{希求主義文学}{習慣}{素描}=}(3)