(15)
{n::}{s::}{整合的}{s_T()}{単純型}{n()}{希哲14年1月13日の進捗時限}{希哲14年1月13日の進捗}{希哲14年1月13日}{複合型}=}(27)

デライト最終調整KNEST 認証整理。

途中で終了。

における台録構成名称空間について方針を再確認。

もともと,名称空間を切り分けやすくしたい,ADL を効率的に利用するために foo_T を foo:: 以下に入れ,冗長性は use で解決するという方法を取っていたが,これはいまだに有用であるため,据え置くことにした。

一方,これに合わせて foo/ に foo.cl.h を入れる,というような方法は煩雑さの方が大きいため,廃止することにした。これは定義位置ではなく,通称を基準に考えることで整合性を取る。既存の譜類は順次移動させる。

foo:: と foo() が衝突する問題をどう回避するかという課題は Cμ 初期からずっと残っているが,今のところそれほど大きな障害にはなっていないため解決は急がないことにした。

C++ は参照内容によって foo が名称空間か函数か解決してくれるような気の効いた仕組みにはなっていないため,foo を名称空間として利用するか函数として利用するかは設計の問題と考えるしかないかもしれない。

これまで,数値への変換は n() で,文字列への変換は s_T() で行うことが多く,整合的ではない気がしていたが,よく考えると単純型複合型の使い分けとして合理的だったのかもしれない。s_T には s:: があった方がいいが,n::必要性は感じたことがない。

2020-01-13 18:58
2020-01-13 18:22
=}
{d_t}{通称}=}(2)
{三段呼び}{DORM}{輪郭画表}{心臓部}{通称}{Cμ 標準類型}{輪郭図}{デルン}{輪郭法}=}(9)
{vio_T}{oln}{通称}{}{}{オブジェクト関係マッピング}=}(6)
{名称制御}{希哲13年3月15日}{希哲13年3月15日の開発}{通称形}{名称展開}{魔法引括}{通称}{〜化}=}(8)

希哲13年3月15日魔法引括において名称展開を利用して通称を有効にすることを指す機能として考案。

2019-03-16 00:56
2019-03-16 00:24
{通称}=}(1)
{ncd()}{通称}=}(2)
{RDB::}{cnn_I}{通称}{}=}(4)
{通称}{}{ウェブサイト}=}(3)
{通称}{}{ウェブページ}=}(3)
1
{通称}{輪郭指向}{通称}{}
{}