{一日一文}{頭を切り替える}{極端な例}{書きたいこと}{書こうとする}{避けようがない}{熱が入る}{こだわらない}{書き終えられる}{厳密に守る}...=}(71)

{希哲15年6月16日の日記 K#F85E/A-E74C-90D6}

第三次黄金状態での過熱抑制も兼ね,久しぶり定時執務再開した。前日反省から,一日一文書き方見直したこともあり,ここ数日感じていた揺らぎ払拭安定感取り戻したばら成し良く,メリハリのある気持ち良い一日だった。

21時過ぎには眠り,5時過ぎには目が覚めるような生活にも大分慣れたが,進捗を落としたくなかったことと時間帯を決めているデライト宣伝都合もありなかなか定時執務に入れなかった。

しかし,ここ数日の経験で,やはり連日20歩前後の進捗という生活危険だと思うようになった。休日を取ってしまうと高速道路で急ブレーキをかけるような危なっかしさがあるし,かといって無休心身が持つとも思えない。

調子に乗って欲が出てしまったが,もともと10歩台後半維持理想としていたのだし,8時間執務で最低16歩になれば十分だろう。

デライト宣伝はまだ低頻度なので,宣伝攻勢までに執務時間をどう調整するか考えておく。


一日一文については,1日2時間という時間制限厳密に守ることにした。これまでは「目安」だったため,あと少しで書き終えられるとなると延長してしまうことが多かった。

これと同時に,あまり文章を書き上げることにこだわらないことにした。これまで,書き上げてはじめてその日の一日一文ということにしていたが,一つの文章に数日かかったらその数日も一日一文が出来たことにする。つまり,「○○日の一日一文」だけではなく「○○日〜○○日の一日一文」があってもいい。重要なのは内容であり,毎日なにかしら書こうとすることだ。

これまでの経験からいって,書いているうちに熱が入って長くなってしまうということは避けようがない。最近,頭の片隅に書きたいことを溜めておけるようになり,題材困ることは無くなったが,代わりに詰め込みがちになっている。前日はその極端な例だった。

残りわずかでも2時間に達したら中断し,それなりに読める内容であれば「書きかけ」として公開し,翌日に続きを書き,時間が余ったらもう一つ書くようにすればいい。

この日はこれを実践して上手く頭を切り替えられた。

17日振り返り日記

=}
{輪符}{希哲15年3月3日の開発}{nav.etc}{×輪結}{鼻部}{希哲15年3月3日の進捗時限}{希哲15年3月3日の進捗}{希哲15年3月3日}{div.etc}{デライト文書構造最適化}...=}(34)

{希哲15年3月3日12歩 K#F85E/A-E74C-BCC2}

デライト文書構造最適化中景部微調整

途中で終了。

描出ボタンスクリプト調整完了し,周辺の細かい調整をして出振るい


×輪結を置いていた div.etc はとりあえず nav.etc にしておいた。

昔の名残り輪郭一覧でも旧 div.etc を空で出力していたことに気付く。吊るし輪郭のみで十分なので削除。

幅狭領当て×輪結輪符に少し被っていたため,輪符右横に余白が無い場合は上部に置くことにした。余白が気になるかと思っていたが,アイコンを少し小さくすれば意外にばら成しは良く,問題なかった。


高さを微妙に変動させる方法で鼻部ずれは概ね解消したが,下吹き描きでのずれがまだ目立つ。特に吊るし輪郭下吹き描きで大きなずれが生じている。

=}
{デライト宣伝}{希哲14年12月の月記}{希哲14年12月28日の日記}{新デライト市場戦略}{対 Notion 戦略}{対 Roam Research 戦略}{希哲14年12月30日}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}{ばら成し}...=}(24)

{希哲14年12月30日の日記 K#F85E/A-E74C-34DD}

デライト宣伝手法整理し,暗黙宣伝ツイスト宣伝ばら成し良く使い分けていくことにした。

また,先日の再試用で新しい感触を掴んでいたこともあり,対 Notion 戦略が急速にまとまった。対 Roam Research 戦略に代え,これを新デライト市場戦略の「一環」と位置付けることにした。

ここまでで新デライト市場戦略はほぼ完成か。

今年最後の懸案だった家族絡みの問題も上手く落着し,来年見通しは大分明るくなった。

31日加筆修正

{デライト宣伝}{希哲14年12月30日の進捗時限}{希哲14年12月30日の進捗}{希哲14年12月30日}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}{ばら成し}{用語化}{進捗記録}{進捗時限記録}...=}(12)
{デライト宣伝}{希哲14年9月の月記}{あれ}{嬉しい重圧}{多さ}{デライトの成功}{最後の壁}{希哲14年9月14日}{希哲14年9月10日の日記}{時間対効果}...=}(61)

{希哲14年9月14日の日記 K#F85E/A-5B28-2F9A}

早起きして,デライト宣伝開発ばら成し良く進めることが出来た。生活律動をもう少し矯正出来れば理想的だろう。

特にデライト宣伝の手応え非常に良く,勘所を押さえた気がした。正味3時間ほどの宣伝活動と考えると,驚異的時間対効果高さと言っていいかもしれない。新規利用者登録にもしっかり繋がっている。

10日の日記で,デライト収益化問題はほぼ集客のみ,というようなことを書いているが,わずか数日で集客すらさほど大きな障害ではなくなった感がある。

デライトそのものの印迫新規利用者登録のしやすさで,とにかく表面的ウケ良い。デライトそのものが宣伝材料であると考えて宣伝遅来という戦略を取ったこと,新規利用者登録からの動線整備に時間をかけたことなどが悉く奏功している。

しかし,再三言及しているように,登録から定着までの間にまだ大きながある。これがデライトの成功を阻む「最後の壁」なのだろう。

そう考えるようになったことで,また大きな心境の変化を感じた。

10日の日記には,世の中に受け入れられるかどうかは努力以上に外的要因が大きい,とも書いている。8月6日のツイストには,日本人見る目信じる,と書いた。これらをまとめて要約すれば,どうなろうとジパング計画のためには日本人デライトを受け入れることを信じるしかない,という心境だった。たとえ玉砕しようと,という意味だ。

しかし,デライト興味を抱き,登録にまで辿り着いてくれる日本人多さを見ていると,相手を見くびっていたのは自分の方かもしれない,という気がしてくる。もはや「日本人の見る目」は言い訳にならない。改善の余地がいたるところにある以上,あとは自分の努力問題だ。

長期戦短期決戦かという問題も,後者に気持ちが傾いてきた。機会待つまでもなく,いくらでもやりようはあるような気がしてきたからだ。

このまま毎日の宣伝量を増やさなくとも,登録者の多くを失望させず,デライトに熱中させることが出来れば,嫌でも人が人を呼ぶようになるだろう。

嬉しい重圧で,久しぶりにが痛くなってきた。

=}(1){あれ}
{輪括}{引き入れ}{合意関係}{希哲14年7月19日}{希哲14年7月19日のツイスト}{リンクルージョン}{ばら成し}{デライト}{輪郭}{ツイスト}...=}(15)
{ばら成し}{希哲14年2月19日のツイスト}{希哲14年2月19日}{ツイスト}{意味合い}{微妙}{翻訳語}{バランス}{理論}{分析}=}(10)
{ばら成し}{希哲14年2月19日のツイスト}{希哲14年2月19日}{ツイスト}{取り成す}{分散}{バランス}{解釈}{調和}=}(9)
{ばら成し}
{}