{あれ}{あれ}(2)

{あれ K#EDD2/DABF}

ずっと触ってるせいか、「あれ」の位置だけで内容がほんのりとわかるようになってきた。

単語ではなく文節に引入れているのも大きいだろう。