{私もそんな感じの認識をしている}{あれ}{オントロジー}{デラング}{輪郭法}(5)

{あれ K#EDD2/2B9E}

オントロジーの記述レベルでの分類に則れば、輪郭法はレベル1のオントロジーということになりそう?

「じゃあレベル2、レベル3のオントロジーを再現するシステムを作ればレベルアップじゃん」
というのはきっと安直な考えで、そうしたときに手間の増大が凄そうな予感がしている。

あるいは、『私もそんな感じの認識をしている』とそこから言及される輪郭から察するに、デラングが引き入れの関係性を明示するものなのかもしれない。