{静的解析ツール}{成果物の品質}{行動の変容}{成果物への批判}{行動への批判}{教育者が可能な批判は行動への批判}{侮辱}{言いかえ}{ダメージ}{『ポール・グレアム「アイデンティティは控え目に」』}...=}(28)

{あれ K#EDD2/0467}

 アイデンティティ成果物を紐づけないようにするというのはよく言われるが、なかなか難しい。5年ほどITエンジニアをしているが、それでも成果物に指摘ダメ出し)を受けるとダメージを受ける。
 とりあえずコードレビューする側が「shit」とか「クソコード」みたいな侮辱する言葉を避けるのは効果があると思う。こうしたダメであることしか示さない言葉を避け、もっと具体に踏み込み、「この個所をこのように変更するとこういった利点がある」といった指摘にできれば良い。簡単な言い換えWinWinにできるはずだ。


教育者が可能な批判は行動への批判

 行動への批判のみが可能であるという情報をもらった。コードを書く際のやり方に対して指摘ができればいいのだろう。行動への批判は以下の点で利点がある。

 具体的にできそうな、コードを書く際の行動への批判については、以下ができそうだ。

 成果物の問題点から行動の問題点を逆算し、実際に行動を観測し、それを指摘できれば良い。


過去に成された議論

 

{あれ}=}(1)

{あれ K#804C/5C6F}

所有欲 独占欲・自己顕示欲が強いほど精神的レビューでダメージを受けがち?
昨日の私は今日の他人の心持ちでレビューに臨もう。

レビュアーはまず依頼コメントとコミットコメントとコードコメントを読み、それからコードを読もう。
わからなくなったらコメントに戻ろう。

=}(1){あれ}
{あれ}

{}