{常識的}{『ユーザーのニーズを満たせばいいという考えは人の持つ可能性を信じていない』}{事実}{利用率}=}(4)

{あれ K#EDD2/DC86}

「プロダクトAの有料ユーザーのうち、機能Xを活用しているユーザーは、0.X%」というファクトがあるとする
「常識的な」(あたりまえの)ビジネスパーソンは、「有料ユーザーにとって機能Xのニーズは低いんだな、撤退しよう」と判断する
rakusaiさんやakiyamaさんは、そうは言わない
「自分たちが力を合わせれば、ユーザーに機能Xの価値を気づいてもらって、活用してもらえるようになるはずだ!」と、絶対に信じているからである

=}
=}

{}