{輪郭}=}(1)

{輪郭 K#/8E10}

輪郭法用語。〈outline〉。希哲12年2月21日,「描出」にかわって情報単位を表す用語にすることを着想。「描出」(delineation)あるいは「描写」はその内容を表す用語にする。検討中。

輪郭は他の輪郭を捉えること(描き入れ,draw in)が出来,任意の泥体「描写」(delineation)を持つことが出来る。

=}

{番無し K#/EBD3}

番無し(ばんなし,英語:anumerus=アヌメルス)とは,デルンにおける匿名(正確には「無番」)の個人番号 #0-0000 の通称名である。「番号無し」の意。英語の「anumerus」は,「anonymous」(名無し)にかけた宇田川による(適当な)造語である。

他称は「番無し希士」(英語:Quester Anumerus/Qr. Anumerus)。

=}
{輪郭}{番無し}{最古}{}{出來る}{確認}{}{匿名だと編輯が出徠ない}=}(8)

{我が確認出來る中で最古の番無し輪郭 K#/DE1E}


(われ)確認(かくにん)出來(でき)(なか)最古(さいこ)番無(ばんな)輪郭(りんかく)


・・・てかこれ無登錄(むとうろく)でも()()出來(でき)るのか・・・これぞ完全匿名(かんぜんとくめい)絶對(ぜったい)に바゙러ない!!(도゙ᄋᆘ아아아ーーーーー)


參考文獻

@online{文中の見出し
	title = 長見出し
	url = 網鎖
	shorttitle = 短見出し
	abstract =  拔き書き
	titleaddon = 網場の名
	type = 網場の類ひ
	author = 書き手
	urldate = 網場を見た時
	date = 出で處の書き時
	langid = 何國の言葉
	note = 他の葉書
}

@online{noauthor__2015,
	title = {匿名テスト},
	url = {https://dlt.kitetu.com/KNo.0/D1E6},
	abstract = {番無しさんの描き出しです。},
	titleaddon = {デライト},
	type = {deln},
	urldate = {2022-09-17},
	date = {2015-02-25},
	langid = {japanese},
}

{}