{}{}{しんとう}{民族宗教}{宗教}(5)

{神道 K#F85E/02A5}

天皇を最高の聖職者あるいは神とみるのは明治時代以降,国家神道からである。本来神道は体系的・教条的なものではないところに特異性があるので,「何々を崇拝せよ」というともはや別の何かになってしまう。

{}