=}

{ビバリウム「シーマン」の開発陣が音声認識の品質の低さをいかにして誤魔化したか K#9-D657/A-F689}

開発中のシーマンはゲーム機という制約もあり、音声認識はそれ程高度なものではなかったため、認識出来ない言葉を何度も聞き返すように作られていた。そのためイベント用のデモプログラムは、プレイヤーがシーマンに対し何度も語りかけても、シーマンも同様に何度も問いただすため、最後にプレイヤーは怒って去ってしまうという光景が繰り返されてしまった。そして苦肉の策として、今度は音声認識がいつまで経っても成功しない場合、逆にシーマンの方が怒って去る様に作り直した。すると今度は、プレイヤーがシーマンに対し、なだめる様に短くゆっくりと話しかけるようになったという。このアイデアがプレイヤー側に話し方のコツを学習させることになり、音声認識の性能が良くないのをユーザーに悟られないようにすることが出来たという。

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3&oldid=80688280

典拠なし?Wikipediaのみ

=}
{}