{歩く思想家}{希哲前25世紀の人物}{恐妻家}{前5世紀の哲学者}{悪法も法}{前5世紀}{人物}=}(7)

{ソクラテス K#F85E/A-F0A1}

ソクラテス(希:Σωκράτης,英:Socrates,前469年前399年は,古代ギリシャの哲学者である。

西洋哲学の二大権威であるプラトンは弟子,アリストテレスは孫弟子にあたる。このため,「哲学(的精神)の祖」とみなされることが多い(ただし,アリストテレスによれば哲学の祖はタレスである)

活動は主に対話を通して行い,知られる限り著作を残さなかった。ソクラテスの重要な活動のほぼ全ては,著述家であったプラトンの著作で伝えられている。というよりも,「哲学者としてのソクラテス」像はプラトンの思想の一部であるとすらいえる。

特に「無知の知恵」(無知の知)および「産婆術」の概念で知られる。

「無知の知恵」は,一般的に道徳的な訓戒として普及しているが,哲学(希哲)の本質であり,その起源的な観点でもある。

「悪法も法」といい,処刑された。

{}