=}

{ K#9-D657/A-5919}

確かに,「同じ名前の物は同じ実体を指し示す筈だ」っていう考え方(あえて思想と呼んでもいい)って,別に絶対じゃないよな。
今まで気が付かなかったわ……。

=}
{あれ}{翻訳語}{イノベーション}=}(3)

{ K#9-D657/A-0860}

既訳語があるけど,
innovation” →「身延べ(みの-)」
っていうのをふと思い付いた。
一応「 “in-”(内部を)“nova”(新しくする)」という語源にも合わせて,「中身を良い方向に延ばし育てる」と解釈できなくもないけど,この思い付きを書込もうと思った一番の理由は,訓読みだったから。
ただ,「身延べ」だと,ゆったりした変化(ちょうど陶練して自分を鍛えていく,みたいな)とも捉えられるし,〝改革〟〝革新〟に込められた急速な変化という意味合いを出せていない。

{あれ}{体系}{構造}{秩序}=}(4)

{ K#9-D657/A-AE1F}

東洋的っていう形容に近いかどうかは分からないけど,自分は〝非構造的秩序〟(又は〝非体系的秩序〟)という概念が好きなので,輪郭という一つの秩序を与えておいて,それ以上の構造は用者に委ねる仕組みは好きだなぁ。
「世界には秩序は存在するが,構造や体系というのは人間が認識の便宜上後付けしただけ」っていう話も時々聞くし。

{あれ}{仕衣}{シェル}=}(3)

{ K#9-D657/A-F28E}

shell” は宇田川氏も非常に沢山翻訳案を挙げておられる。

正直言って,私の翻訳案(後述)には自信がない。
だから,提案でもなんでもなく,思い付きを忘れないように控えておくだけという名目の元,「仕衣(シェ)」という言葉を挙げてみる。
“shell” は元々 “kernel” 「核」に対する「(貝)殻」を意味しているから,「衣」。

(追記: 既に「使衣」があった……見落してました)

=}
{ダブルクリック方式}{デライト}{ご意見}=}(3)

{ K#9-D657/A-FB77}

使い始めたばかりで慣れの問題でもあるのだが,二度繰り突くと保存されるという仕掛けはあまり好ましくない気がする。

Web閲覧装置の中には,文章を複数回繰り突くことで(一文字単位ではなく)語や行を単位として選択できる機能を持っているのも多く,私はこいつをよく活用している。
実際,例えばFirefoxなんかだと,二度繰り突いた後でそのまま模鼠を動かしてやると漢字と平仮名の境目や句読点単位で選択範囲を扱えるので,便利なんである。
が,これをデライトの編集欄上でやろうとすると保存,すなわち清書して投稿することになってしまい,私が書いている,清書しても汚ない文章が,さらに中途半端な状態で投稿されてしまい見るに耐えない。
他の短文投稿サイト(←サイトの訳語を知らない)ではCtrl+Enterなんかで文書を投稿する仕掛けになっているから,それに倣うのも,あるいは一手かも知れない。

いずれにしろ一利用者が偉そうなことを言ってはなるまい。

=}
{挙動駆動開発}{希哲13年12月20日のツイスト}{希哲13年12月20日}{日本の情技者}{ツイスト}{ビヘイビア駆動開発}{不思議}{翻訳語}=}(8)
{希哲13年12月12日}{希哲13年12月12日のツイスト}{〈newline〉}{::xtd::v}{std::endl}{C++ 標準}{ツイスト}{ニュー}{ν}{例示}...=}(14)
{論組}{最高の言語}{希哲13年12月10日のツイスト}{希哲13年12月10日}{ツイスト}{遊び心}{直感的}{整然}{簡潔}{嬉しい}...=}(13)
{希哲13年12月10日のツイスト}{希哲13年12月10日}{技術的負債}{ツイスト}{完済}=}(5)
{大連鎖}{あれ}{希哲13年12月9日のツイスト}{希哲13年12月9日}{正式離立}{ツイスト}{サービス}=}(7)
{}