{当分先}{そのおかげ}{上がってしまう}{朝起きる}{変えていかないと}{過去最大級}{抑制しながら}{希哲17年1月27日}{雑務を増やす}{別の作業}...=}(74)

{希哲17年1月27日の日記 K#F85E/E74C-1208}

{<script>}{希哲16年12月19日の副日記}{付かない}{https:}{ツイートの埋め込み交度}{不正出与え修正}{〈delloon〉}{添えて}{新しかった}{兼ねさせる}...=}(192)

{希哲16年12月19日の開発 K#F85E/E74C-E210}

自我ページ風船輪郭

長いこと課題だった自我ページ風船輪郭について良い閃きがあり,急速に実装方針まとまった

現状自我ページURL のみ正規化している/KNo.XXXX内容単なる自我知番での検索結果であり,プロフィールページとしては貧弱過ぎる自我輪郭などのはあったが,既存機能領当てとの整合性をとるのが難しく,自我ページとしてはなかなかイメージまとまらなかったかなり難航しそうだったため,新生デライトの要件にも入れなかった

最近の大輪郭整備必要性強く感じるようになっていたこともあり,もう少し現実的に低コスト実現出来るまとめてみることにした。

まず,他自我内検索用合い既存の自自我内検索整合させるため,以下のように,自我アイコン並べる重ねるかして,& ボタン段階的な切り替え出来るようにする。さらに,自我アイコンの下に「○○さん K#XXXX の描き出しです。」と表示する

これで,全知検索機能性そのままに,プロフィールページ最低限必要アイコン名前表示出来る自我アイコン複数表示自体かなり以前から他自我内検索用合いとしてあったが,これに名前添えてプロフィールページ見出し兼ねさせるというアイデア新しかった

大した作業ではなく,新生デライトの完成遅れ今更なので,これは新生デライトの要件追加することにした。

読み込み中...
{希哲16年9月26日}{希哲16年9月26日の副日記}{奇数ページ}{付けていなかった}{機能を整えた}{動的挿入}{発生時}{かくかくする}{溶明させる}{opacity: 0.7}...=}(81)

{希哲16年9月26日の開発 K#F85E/E74C-F544}

新生全知検索整備輪郭一覧動的更新対応

輪郭一覧動的更新対応については一段落

全知検索窓からの検索新規描出更新輪結輪郭一覧動的に更新出来るようになった。これまで通り握接出来る請い手にとっても捌き手にとっても負荷軽減になり,全知検索感触非常に良くなったSafari ではページ遷移発生時動き付け止まるため余計かくかくした感触だったが,これも解消した

デライトでは相振りとしての可使性ウェブサイトとしての可接性両立させた HPA(hybrid paging application)目指してきたが,自動ページ展開機能続いてこれで概ね理想に近いになった。第二次用合い改良新生全知検索整備交差点でもあり,感慨深かった

更新時動き付け多少工夫が必要だった最初は,更新前輪郭一覧完全に溶暗させ,更新後輪郭一覧溶明させるという動き付け試したが,ちかちかして良くなかったopacity: 0.7 まで少し溶暗させて置換してから溶明させるようにしたら良い感じになった。新規描出輪郭一覧上部移動する時はスムーススクロール鬱陶しいのでこの時だけ無効化するようにした。これで概ね満足出来た

ここで広告動的挿入必要になったため機能を整えた。これまで自動ページ展開部分には広告付けていなかったが,これを機に奇数ページ広告表示されるようにした。

{希哲16年6月3日}{希哲16年6月3日の開発}{希哲16年6月3日の進捗}{利点が多かった}{小さな補足}{小さな注意書き}{加えても}{書き込んでいる}{並べて書く}{暇がなかった}...=}(66)

{希哲16年6月3日10歩 K#F85E/E74C-DC5F}

点検まとめをして注意補足記法実装いったん終了十分使えるものにはなったので,ラベルアイコン対応後回しにする注意補足記法の様子

結局注意補足記法は以下のような形になった(「注意補足記法が出来ました!」より)

<!--
これは編集用コメントです。表示されません。
-->

!--
*これは小さな注意書きです*(`!` で開始)。目立たせる必要のない義務的な表示などに向きます。
--

!!--
*これは普通の注意書きです*(`!!` で開始)。軽い警告などに適しています。
--

!!!--
*これは重い注意書きです*(`!!!` で開始)。重要事項などの表示に適しています。
--

!?--
*これは普通の補足です*(`!?` で開始)。読み飛ばしても構わない程度の補足に適しています。
--

!??--
*これはより有用な補足です*(`!??` で開始)。推奨事項やヒントなどの表示に適しています。
--

当時詳しく書いている暇がなかったが,この方針2月27日の開発まとまったものだ。

注意記法補足記法に関しては当初 !? だけで書き分けるつもりだった1月24日16歩が,いざ ? だけを並べて書くと,補足というより疑問点書き込んでいるように見えてしまうことに気付いた最初一律 ! にする方が ?加えても気付き」「発見」のような意味合い感じられ補足記法調和すること,編注記法からの派生であることがより分かりやすいこと,小さな注意書き小さな補足区別難しさ役割重複避けられることなど,利点が多かった

結果的に注意記法補足記法一体感強くなったため,名称とりあえず注意補足記法」としている。

{希哲16年6月2日}{希哲16年6月1日}{希哲16年5月31日}{希哲16年3月}{振り返り日記}{日記}{デライトの歩み}{デライト}{一日一文}{希哲16年6月の日記}...=}(235)

{希哲16年6月1日の日記 K#F85E/E74C-2E1F}

そろそろ第四次宣伝攻勢新生デライト開発中間まとめすべき時期であるため,振り返り現状整理をした。昨日やろう思いつつ開発に熱中したり姪達の世話追われたりして出来なかった

ある程度考えまとめたが,珍しく早い時間眠たくなってきた早寝最近の課題なので,この日記明日書くことにして早く寝た

宣伝攻勢現況

第四次宣伝攻勢最初から事前想定少し異なる展開を見せたものの,概ね状況良好であると言っていい特に5月前半一日一文時間をかけたのが予定外だった。後半から開発時間増やしてそちらも想定外発展していき,直接的な宣伝活動にはそこまで多くの時間割いていない

当初朝昼晩1時間ずつ宣伝活動割くことを想定していたが,昼晩30分ずつというく,これで丁度良い気もしている高速化歩調を合わせる必要があることに加えて一日一文などでこれまでにない好感触得ている今は無闇にかき集めるより,デライトにとっての理解者じっくり増やしていく時期なのだろう。

それは「宣伝攻勢」なのかという気がしないでもないものの,その程度のことしない時期長かったから意義なくはない

用者動向水物なので,努めて一喜一憂しないようにしているが,最近のデライトでは明らかに良い変化起こっている比較的深いところまで知ってくれる増えたし,常連用者使い方変わっているこれまで開発者何を考えているのか分からないままみんな手探り使っているという感じだったが,ある程度デライトの根想踏まえた上で使ってくれるようになった。良い意味方向感出てきて初心者にとっても良い見本になる。

一方初期デライト宣伝感じていた,「面白そう止まり表面的な反応減っている「面白そうだけど使わないよ」というダーウィンの海乗り越えつつあるように感じる

回り道振り返り

読み込み中...
{最初}

{}