{開発}{開発記録}{方向}{希哲16年5月30日}{高さ制限}{内容の高さ}{機能的に}{混乱させない}{用者層}{利用率}(93)

{希哲16年5月30日の開発 K#F85E/E74C-DB91}

自動ページ展開機能実装一段落した細部に課題はあるが,実用出来る水準に達した出振るい手定め済み

これに伴い正式離立前試していた全知検索窓新規描出フォームの固定表示復活させる検討大きく進んだ。また,輪郭一覧動的追加仕組み整えたことで,検索新規描出時にも応用出来るようになった。輪郭一覧の更新効率的に行えるようになり,高速化にも大きく貢献するだろう。


AutoPagerize 対応どうするかというのが難しい問題だったが,これは挿入監視して削除注意書き表示する方向落ち着いた最初以外 .autopagerize_page_elementdisplay: none設定しておくことで表示には影響しない

AutoPagerize は,ウェブ利用者全体ではわずかな利用率だが,デライト用者使っているのを見て私自身使うようになったというのもあり,用者層重なり小さくない出来るだけ混乱させないようにしたかった。


今後広告の調整重要になってくるため,ここで運営者開発者向けダミー広告表示する仕組み整えたダミー広告の様子

AdSense は,設置者によるクリックもちろん無闇に表示させることも避けるべきとされているので,これまでは単に非表示にしていた


機能的に自動ページ展開機能似たところがある描写後略機能実装方針検討ほぼ完了

内容の高さ高さ制限足りない場合どうするか最後の課題だったが,これは舞覧側で追加取得すればいいことに気付いて解決した


{進捗記録}{}{文字数}{進捗}{降順}{昇順}{風船輪郭}{希哲16年4月7日}{希哲16年2月23日}{希哲16年4月7日の開発}(109)

{希哲16年4月7日10歩 K#F85E/E74C-B300}

進捗時限記録中略

全知検索整備方針検討終了

2月23日頃から検索結果改良について本格的に考え始めていたが,「検索属性」を導入し,検索結果多段化進めていくことにした。

現状例えば括弧類自動付加した検索は出来るが,その出来ない括弧付き描出したい場合括弧無し検索して既存輪郭無いことを確認した後,括弧を付け再検索するということがく,とりあえずこの手間無くしたかった全知検索演算子制御任意の括弧類使える好都合ということもあった。

文字数昇順揃えてそれなりの結果になっているのでこれを降順にすればいいかと思ったが,上手く行かない場面多々あるので一時凌ぎ域を出ない

将来的な拡張性考える検索結果多段化好ましい風船輪郭輪括内検索にも応用出来る希哲14年7月30日8歩から輪括内検索輪括内のみにすると使いにくいという理由中途半端な状態になっていたが,優先表示解決出来ることに気付いた

整数値揃え兼ねた役割を与え,これを「検索属性」として利用出来るようにする。

ここまでは良いが,効率的な実装難しい単純に全ての検索パターンUNION結合すればひどいことになるのは目に見えている外充て函数余計な検索省くようにする,挿入更新時に確定出来る情報フラグ化しておくといったことに加えて後縁での出力最低限にして前縁追加取得するといった工夫必要になるかもしれない。

いずれにせよ後縁の対応進めて問題ないだろう。設計方針さえ固まれば最適化どうとでもなる

{追加取得}

{}