{希哲16年1月24日}{進捗記録}{文字装飾記法}{<small>}{置き換えられる}{補足部区}{注意部区}{一段階目}{希哲16年1月24日4歩}{強調度}...=}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。

読み込み中...
{デライト}{進捗記録}{<small>}{希哲15年3月10日の開発}{span.skip}{割注}{分注}{間注}{希哲15年3月10日の進捗時限}{希哲15年3月10日の進捗}...=}(29)

{希哲15年3月10日3歩 K#F85E/E74C-47F3}

デラング整備

途中で終了。

デライト以前のデルン実装(の DIL 0.2)にあった「飛ばし括弧」を復活させることにした。

二重丸括弧で小さく表示される丸括弧書きを表現し,割注分注に近い使い方が出来た。

デライトには引き継がなかったが,一時期多用していたため,古い輪郭にその名残りがよく残っている。

それなりに有用機能であり,特に他の用法干渉しそうもないため復活させることにした。

当時「飛ばし括弧」や「間注」という用語まで作っていたことをさっきまで忘れていた

旧実装では span.skip で表現していたが,今なら small 要素を使うべきか。

{<small>}

{}