{希哲17年1月21日の開発}{希哲17年1月21日の進捗}{希哲17年1月21日}{仕様化}{設定してある}{font-size: 120%}{<strong>}{強調部分}{分かりやすい文書}{学び始めた人}...=}(106)

{希哲17年1月21日16歩 K#F85E/E74C-E642}

進捗時限記録中略

知名デラング調整関連交度整理終了

新たに強調記法文字装飾記法小書き記法化学記法対応した

いったん全て出振るい手定め済み

デラング周り作業はここで一段落とし,別の作業入るデラング関連次の主要当努9日の検討通りタグ記法整備見通し


知名デラング拡充については,知名の役割誤解させかねないという懸念から消極的にすべきかもしれないと考えていたが,20日7歩極力拡充していく方針決めた

実用性観点でいえば,やはり最短知名原則有用で,知名情報詰め込んだり装飾したりということは推奨出来ない。ただ,間口を広げることを考えなければならない今のデライトには遊び必要だろう。

デラング学び始めた人知名デラング使いたくなるのは自然なことであり,そこから学べることもある。知名の役割については,分かりやすい文書整えることが本筋だ。


手定め中知名強調記法使う中景輪符強調部分文字サイズ大きくなることに気付いた

<h1> 以下の <strong>font-size: 120%設定してあることが原因だった。意図忘れたが,何かの目的でこんな細工をしたような記憶うっすらある。

直そうかと思ったが,ちょっと面白い効果でもあるので,いったん置いておき仕様化するか検討することにした。見出し太字強調使う意味無いだろうと思っていたが,意外と表現方法はあるものだと過去の自分偶然気付かされた

=}
{希哲17年1月19日の開発}{希哲17年1月19日の進捗}{希哲17年1月19日}{時間をかけてしまった}{確認出来た}{過去の自分}{置き換えられた}{これほど}{再評価し始めた}{そんなもの}...=}(253)

{希哲17年1月19日14歩 K#F85E/E74C-3191}

進捗時限記録中略

highlight.js版存更新終了

10.6.0 からスクリプト最新版11.7.0 へ,Zenburn装体書最終版10.7.3上げた出振るい手定め済み

希哲15年7月18日10歩更新検討したが,当時対応言語検証必要判断し見送り,以来そのままだった。約2年前版存なので,流石に対応言語云々より弊害の方が大きいだろうと更新決めた

作業自体あっという間に終わる見込んで昨日深夜着手したが,最新版従来の Zenburn事実上消えていたため,カラーテーマ検討時間を取られてしまった散々考えた結果Zenburn最終版利用して現状維持とすることにした。

カラーテーマ検討

最新版Zenburnstyles/zenburn.min.css から styles/base16/zenburn.min.css移動していた上に,従来とはほとんど別物になっていた様子Base16 になったからなのか事情よく分からないが,読みにく過ぎるのでいずれにせよ使い物にならない

気になる部分装体上書きして調整出来なくもないが,そこまでするならデライト独自カラーテーマ作りたくなってくる取り急ぎ代替テーマ探すことにした。highlight.js 導入時それなりに時間をかけ検討した希哲15年3月9日11歩ので,当時の記憶からある程度見当付いた

読み込み中...
=}
{希哲17年1月14日の開発}{希哲17年1月14日の進捗}{希哲17年1月14日}{省けてしまった}{アイコン作成}{よく考えたら}{形状的}{実験中}{作るつもり}{面白い発見}...=}(135)

{希哲17年1月14日6歩 K#F85E/E74C-ED7A}

進捗時限記録中略

課題だったテーマ切り替えボタンイメージ急速に固まったため,ダークテーマ実装におけるテーマ切り替え用合いについてまとめ終了

従来の上部メニュー様子使ってきた歯車アイコンそのまま太陽見立てトグルボタン風装飾することにした。CSS のみで表現し,ラベルには「」「」を使う開発者通類試しに装体作ってみた録落ち中のメニュー案

未録入り場合メニュー設定輪結部分に,録入り中場合設定ページ <main>右上置く。この領当て既に固まっていたが,テーマ切り替えボタン細部なかなか決まらなかった昨日までは,緑色太陽アイコン月アイコン右隣に「明るい」「暗い」のラベル付ける程度簡素なボタンイメージしていた。しかし,これでは冗長な上に直感的とも言い難い

ふとトグルボタン風にしてみたらどうかと開発者通類実験してみたら,想像以上に良かった簡潔ながら邪魔にならない程度に目立ち,ぱっと見て役割察しやすいデライトテーマ切り替えボタンとしてこれ以上出ない判断採用決めた

歯車アイコンそのまま太陽アイコンとして使えるというのは面白い発見だった。形状的にも設定という意味的にも似ていることに気付いて,設定輪結入れ替えることを思いついたのはだいぶ前で,デザイン的遊び出来そうだとは思っていたが,アイコン別に作るつもりだった。とりあえず実験中代替として使ってみた思いのほかしっくり来た

月アイコンも,よく考えたら画像用意するまでもなく CSS十分なことに気付いた結局アイコン作成手間省けてしまった


もう一つ課題として,応司ダークモードをどう扱うかという問題があったが,デライトでは明示的に切り替えた場合はその設定固定し,出放りとしては応司設定従うことにした。


残る課題装体整理のみとなったが,先日装体整理兼ダークテーマ実装という思いつきでこれも好機変わった

{輪郭整備}{SNS}{希哲16年11月24日}{希哲16年10月}{振り返り日記}{日記}{Twitter アカウントの削除}{眠たくなる}{外務帰り}{蒔ける}...=}(159)

{希哲16年11月24日の日記 K#F85E/E74C-DFA1}

一夜明けて特に未練無かったので,ツイストの無期限停止と,それに伴う Twitter アカウントの削除決めた

やはりデライトの用者体験向上し過ぎて,他のサービス全く気が向かない,ということに自分で気付いてしまったのが決定的だった。この調子では今後もツイスト優先順位上がりそうにないTwitter関しては拡散力といってもデライトとの相性による限界もあり,蒔けるだけの蒔いたという感覚がある

第二次快調期最高の開発者体験だったが,10月頃から輪郭整備時間増やしたことで最高の用者体験得られたのも大きかった小手先宣伝活動もいいが,ここに唯一無二体験があるという事実示し続けること以上に重要な市場活動無い


今後はデライト開発と,輪郭整備一日一文などでの献典整備ひたすら進めてデライトの完全な成功目指す飛んで火に入る夏の虫というべきか,鴨が葱を背負って来るというべきか,ちょうど世界一の富豪分の良い勝負持ち込んでくれたところだ。これに勝てば世界がひっくり返る

その希望外部サービス依存せず持てていることに大きな成長感じた同時にツイスト役目を終えたことを悟った希哲12年1月17日考案してからおよそ5年ツイストのある生活デライト育てた

多くの人SNSロックインされ,独自の価値持った新しいサービス育たない中にあって,発信力だけ利用して自サービス蓄積出来た戦略としての正しさ再確認したツイストをしていなければ出会えなかった人多いし,普通に SNS利用していたSNS同化してしまっただろう。


解放感達成感によるものか,から晴れ晴れとした気分で,顔色非常に良かったそもそも SNS という性に合わないものなんとか利用するための折衷案ツイストであり,それ相応精神的負担だったのだろう。

読み込み中...
{👀}{👍}{希哲16年8月28日}{希哲16年8月27日}{< おつかれさまです!!!}{想定より}{操作体系}{終えた後}{一通りの}{交度面}...=}(224)

{希哲16年8月28日の開発 K#F85E/E74C-FC4D}

第二次用合い改良輪郭小窓実装

じっくり調整して満足出来る仕上がりになったため,輪郭小窓実装ここで一段落とすることにした。まだこまごまとした課題残っているため第二次用合い改良継続する

また,次の当努包括的な全知検索整備決めた検索結果改良はもちろん,大幅な高速化望めるまた大工事になるが,一応月内完了目標とする次の全知検索整備も「第〜次〜」と呼ぶことを考えたが,ちょくちょく手を入れているため区切り難しいとりあえず新生全知検索整備」と呼んでおくことにした。

輪郭候補窓輪郭小窓の無番輪符対応については少し迷ったが,どちらも全知検索利用するため作業効率考えて新生全知検索整備後に回すことにした。

輪郭小窓雑感

輪郭小窓については,機能見触れともに十分な完成度達した言える昨日手こずったタッチ事象上手く整理出来るようになった。

装体関しては初回出振るい時には小さめにした前後景部閉じるボタン大きめ修正した輪郭小窓の様子・完成形視覚的な無駄削ったつもりだったが,他要素被るものなので小さい視認操作難がある見た目思ったより良い感じ出来た

アンカーテキスト輪符展開するだけだった従来の用合い比べると劇的な進歩だ。デライトの用合い転換点になるだろう。

第二次用合い改良雑感

読み込み中...
=}
{〈Delite〉}{SNS}{希哲16年5月}{希哲16年4月29日}{希哲16年2月13日}{日本語}{37歳}{35歳}{32歳}{26歳}...=}(598)

{デライトの歩み K#F85E/E74C-09D2}

デライトは,今年の2月13日2周年迎えたばかりの若いサービスだ。しかし,その背景には長い長い歴史がある。詳しく書く書籍数冊分くらいにはなるだ。デライトの完全な成功目前にした良い頃合いなので,駆け足振り返ってみたい

輪郭法閃き

技術としてのデライトは,私が17歳の頃,主に哲学情報学への関心から「輪郭法」を閃いたこと始まる2002年,もう20年前のことだ。デライトにおける輪郭法応用については,「デライトの使い方の考え方」で出来るだけ簡単に解説したつもりだが,本来の輪郭法は,“輪郭という概念中心にした世界の捉え方”であり,哲学用語でいう「弁証法」に近い位置付け概念だ。

このアイデアが,哲学上の理論留まらず極めて実践的で,極めて強大技術になりうることに気付くのに時間はかからなかった。これを応用することで,計算機科学における長年最重要課題解決し,知能増幅(IA)技術の実用化つなげることが出来る参考。すでに IT 産業勢い明らかだった当時,これは“世界史上最大の成功”と“知識産業革命”への道が開けたことを意味していた

さらにアメリカ同時多発テロ事件起こって間もない頃だ。後の英米政治危機世界に広がる社会分断SNS暴走,そして目下のウクライナ侵攻予感させる事件だった。

あらゆる争い背景には,世界の広さ対する人間の視野の狭さと,それによる“心の分断”がある。当時から私はそう考えていた我々は,世界の一部分それぞれ立場から見ている過ぎない立場違えば見える世界違う。その衝突回避出来るとすれば,個々人世界に対する視野広げるしかない。輪郭法応用技術にはその可能性があると感じていた。この考え方現在の KNS という概念つながっている参考

葛藤

この閃き止まるところを知らなかった17歳少年人生観世界観も,何もかも瞬く間に作り替えてしまったこの閃きをどこまで大きく育てられるか,それだけを考える人生になった。適当に金に換えることも出来たかもしれないが,世界にかつてない平和豊かさもたらす手に入れたようなものだ。中途半端な売り物にすることなど,現実には考えられなかった能う限り最高の状態世に出さなくてはならないと思った

もちろん最初はとんでもない宝くじに当たったような気分だった。天にも昇る心地とはこのことだろう。どんな人生の喜びも,この喜びには勝るまい少しばかり時間が経ち,冷静になるにつれ,呪いのような重圧苦しむようになった。

読み込み中...
{決めた}

{}