{希哲17年1月15日の進捗}{希哲17年1月15日の開発}{希哲17年1月15日}{放置しておく}{結論を出す}{占有される}{複数タブ}{使いものにならない}{デライト向きではない}{分かりにくくなっている}...=}(116)

{希哲17年1月15日10歩 K#F85E/E74C-36C0}

進捗時限記録中略

ついでに新規描出フォーム固定機能についても検討して終了

こちらは「限りなく廃案近い保留」となった。


全知検索窓固定機能同様デライト最初期実装削除したものだが,これは広告との相性以前に,用合いとしていまいちだったということが大きい

新規描出フォーム固定出来れば,輪郭一覧眺めながら描写書くことも出来便利違いない,と素朴な期待から実装してみたが,これが帯に短し襷に長しという感じ思いのほか使えなかった

大きな原因は,ページ遷移までのちょっとした固定されるだけ,という中途半端さにあった。あちこち飛びながら作業しているといちいち解除されるので,自然に使わなくなっていく

これに対処しようとすると画面分割機能近い大掛かり仕掛け必要になる画面分割機能何度も検討したが,やはりデライトには過剰判断して,複数窓使いやすくする方向単純性保ってきた今考えてもこれは英断だった。

自動ページ展開輪郭一覧動的更新がある今なら当時よりは使いようがあるかもしれないが,その分,ページ遷移条件分かりにくくなっているので,かえってストレスかもしれない。

複数窓使いにくいスマートフォンなどでも,新規描出フォーム柔品キーボード画面ほとんど占有されるため恐らく使いものにならない当時諸場使える状態ではなかったので想像ではあるが,複数タブ使う方がマシだろう。

結局構造的にデライト向きではないのだろうと思うが,急いで結論を出す必要もない。そのうち適当な活用法見つかればいいし,見つからなくても問題ない。というわけで,しばらく放置しておくことにした。

迷い一つ消えたのは収穫言える

{試行錯誤する}{講じておいた}{使えなくても}{気持ちが通じた}{無理をさせてきた}{色々な物}{湧いてきた}{持ち堪えた}{腹が立った}{来るまで}...=}(142)

{希哲16年12月21日の日記 K#F85E/E74C-F8A4}

体調持ち直したが,考え事が多かったというよりここ数日脳疲労一因がこの考え事にあることに気付いた

10月から長期戦態勢転換し,時間に追われることなく悠々自適な生活送っていたが,第三次快調期といっていい最近のデライト開発で,また危険な欲が出てきている

デライト進歩すればするほど,更なる進歩のための時間欲しくなる時間捻出するための欲しくなるとにかくこの疾走感失いたくない,という感情日毎高まっている。そして,今のデライトにはすぐにでも完全な成功果すがある,という期待感もまた日毎高まっている

一方でこれは,希哲館事業危険にさらす衝動でもある。このまま悠々自適な長期戦態勢維持すれば,いつになるかはさておきデライトの完全な成功確実に果せるだろう。しかし,それを希哲館事業理想実現繋げるためには,やはり早さ必要になる冒険を避けていては,その可能性時間とともに失われていく

希哲館事業にとっては,急いても待っても崖っ縁だ。無理をしてもいけないが,悠長に構えていてもいけないここ数日激しいせめぎあい続いていた

一刻も早い希哲館事業の成功のために全て賭けるか,確実な成功のために危険徹底的に排除するか,という両極端思考陥いっていることに今日ふと気付き,「ばら成しを取る」という選択肢見えてきた。最低限の安全網確保しつつ,しっかり冒険もする,という探ることにして,ようやく気持ち落ち着いた


昼頃希哲荘古い給湯器ついに壊れ出なくなった整清記録

最初は,この忙しくて寒い時期に,と少し腹が立ったが,17年以上持ち堪えたかと思うと,だんだん感謝の念湧いてきた希哲館事業のために,色々な物無理をさせてきたんだなと感傷的になったりもした。

そんな気持ちが通じたのか,深夜になってなぜかまた出るようになった。新しい給湯器来るまで持ってくれれば大助かりだ。

一応給湯器使えなくても何とかなるように対策講じておいた久しぶりの非常事態で,あれこれ試行錯誤するのもちょっと楽しかった

22日振り返り日記

{希哲16年12月18日の副日記}{小さく感じる}{越化参照化}{復活させた}{いったん無効化}{なくはなかった}{用合い上の問題}{反映されていた}{知番表示}{生成していた}...=}(253)

{希哲16年12月18日の開発 K#F85E/E74C-8AE4}

新生全知検索整備中間出振るい

領下手定め環境概ね問題なさそうだったため,新生全知検索整備中間出振るい踏み切った首尾良く完了し,大成功だった。これにより後縁最新の状態同期され自由自在開発体制取り戻した

21時30分出振るい作業開始断帯21時30分から約5分23時頃までには一通り点検不具合修正終えた

その後動作極めて安定しているdg_fnd() への輪数取得処理組み込み今回初出振るいとなるが,高速化効果は,毎回輪数計算必要になる場合検索数十ms求頼1回分短縮なので体感速度向上あまり期待していなかったしかし意外と検索時軽快感増している気がする最初はプラセボ効果近い開発者心理かと思ったが,自分の全知検索歴検索頻度考えれば感じ取れてもおかしくはない嬉しい誤算だった。

輪符知番輪結改良

安心して後縁手を入れられるようになったので,手始めに輪符生成する輪結で,第零番節付き知番そのまま輪結先などに反映されてしまう問題修正した

これにより,輪符知番K#9-XXXX/A-YYYY記述されていても,輪結先第零番節の削除をした /?fg=KNo.XXXX/YYYY/KNo.XXXX/YYYY となる。第二次知番改良経て司組生成する知番はこれで統一するようになったが,デラングでは大量にある第零番節付き輪符第零番節付き輪結生成していたため,クロール効率への悪影響懸念された出与え属性通して輪郭小窓知番表示にも反映されていたため,用合い上の問題なくはなかった

とりあえずは量が多い基本形輪符重い強調輪符でのみの対応

読み込み中...
=}
{希哲16年6月8日}{希哲16年6月上旬}{第二次知番改良}{kno_T}{残しておくべき}{活用出来なかった}{今後の開発}{なりつつあった}{離れていた}{出場周り}...=}(68)

{希哲16年6月8日の開発 K#F85E/E74C-352F}

{必要になる}

{}