{日記}{デライト}{新生デライト}{デライト開発}{デラング}{『希哲日記』}{希哲15年3月22日の開発}{計り知れない}{飛躍的向上}{すっかり}...=}(58)

{希哲15年3月22日の日記 K#F85E/E74C-97AA}

やはりここ数日もデライト収益目標達成後のことをついつい考えてしまっている。デライトのためにも理想個人開発室が欲しくなり,久しぶりに鎌倉物件まで調べてしまった。

理性まだまだ危機感を持っていろと言っているが,気持ちすっかり成功確信して浮かれている。それだけデライト開発急速進展を見せているのも,周辺諸状況良好なのも確かだが,我ながら少し心配になる。


今日の開発では新デラング実装初回出振るい達成した。機能的改良もさることながら,保守性拡張性飛躍的向上計り知れない価値を感じている。

直感Dex 実装作業を始めた9日からわずか2週間で,長いこと等閑にされていたデラングデライト開発主題と化したと言っても過言ではない。軽標記言語記法処理に関する知見蓄積凄まじい勢いで進んだ。目も回るわけだ。

そもそも「意味を書く」ことの探求から始まり,意味記述意味管理表裏一体のものとして捉えたのがデルンだ。ついこの間まで,その言語を等閑にして新生デライトなどと考えていたことすら今となっては不思議に思える。

{lightgray}{silver}{進捗記録}{出放り}{<a.URI>}{希哲15年3月22日の開発}{薄過ぎ}{記号的}{直書き}{太さ}...=}(33)

{希哲15年3月22日6歩 K#F85E/E74C-996B}

デラング整備Dex 実装作業

途中で終了。

輪結装体を少し見直し

輪結種別を表すため出放り輪結装体下点線にしていたが,一見淡い直線紛らわしいため下破線1pxに対し2px太さということもあり,若干目障りに感じることがある。

特に,URI直書きすると記号的表現過剰に感じるため,#999 から lightgray に変えることにした。

下点線はこれで統一してもいいかと思ったが,普通のアンカーテキストでは薄過ぎて気付きにくいため,出放りは silvera.URI のみ lightgray とした。

=}
{希哲15年3月22日の開発}

{}