{開発}{成功観}{}{}{}{}{}{前後}{一日一文}{サービス}(276)

{私の成功観 K#F85E/0758-C044}

長期安定体制じっくり構築するため,6月7月半ば夏休み気分過ごしていたが,8月からは気持ち切り替えてデライトの完全な成功希哲館事業の成功向けて調子を上げていきたい

そんな8月最初の一日一文題材には,私自身成功観についてが相応しいだろう。そもそも私自身がこの希哲館事業何を目指しているのか,改めてこれまで以上に明確に記しておきたい


さて,「デライトの完全な成功」というのは希哲館事業における目下最大の課題だ。

人気があるサービス必ずしも幸福なサービスではない,というネットサービス開発運営難しさ旧 Twitter騒動広く知られるようになった。もっとも非業界人にも分かりやすくなっただけで,全く問題を抱えていないサービスほぼ存在しないというのが業界実態だ。

デライトは,集客成功していない除けばあらゆる意味極めて上手く行っているサービス言えるデライトの不完全な成功。これが「デライトの完全な成功」という表現多用している理由だが,ではなぜデライト集客成功していないのだろうか。よく考えてみればそう不思議なことでもない。

多くのサービス当然ながら営利目的なので,集客第一考えるすぐに利益出なくても金の卵」である利用者数伸びれば投資集まる。その過程で,無理な資金繰りをしたり,人間関係権利関係しがらみ作ったりいわゆる技術的負債積み上げてしまったり,構想として小さくまとまってしまったりする(これが日本人一番多いそうしなければ生き残れないからだ。デライト場合幸運なことにそうしなくても生き残れてしまった集客最後回せた稀有なサービスなのだ。

デライトその完全な成功何のためにあるのかといえば,希哲館事業の成功ためだ。デライト背景としての希哲館事業については「デライトの歩み」にもざっと書いたが,日本かつてのイギリス産業革命越えるような知識産業革命起こして米中大きく凌ぐ極大国ハイパーパワー成長させ日本盟主とした自由民主主義究極形希哲民主主義によって世界中権威主義体制打倒によって万人自由平和享受出来る世界作り上げることが希哲館事業目的であり,最終的な成功だ。

これが実現出来なければ世界一の大富豪になろうが自分は「失敗者」である,というのが私が17歳頃から引きずってきた呪縛のような成功観だ。

読み込み中...
{開発}{開発記録}{十分}{}{知番}{WebP}{拡張子}{描写下見機能}{譜類添付機能}{cwebp}(187)

{希哲17年3月24日の開発 K#F85E/E74C-A57A}

譜類添付機能実装一段落させた出振るい手定め済み

いくつか課題残ったものの,これで譜類添付機能基礎出来た輪郭選り手領当てほぼ完成形言っていいだろう。本当努通して関連仕様検討や,中途半端だった libxtd譜類操作関連交度整備なども大きく進んだ

用合いとしては,録入り中描写選り手左下譜類添付ボタン置き譜類選択同時に上信開始完了したら埋め込み記法+[拡張子]追記下見開く開いている場合更新するというになった。すでに同拡張子添付譜類存在する場合上書きする予定通り描写内参照消し描き出し描き直しまたは輪郭削除削除されるようにした。

当初譜類選択後専用下見機能付き小窓開き確認してから送信,という用合い考えていたが,素早く描き出したい場合煩雑になり,交度複雑化見合わない可能性があるため見送った「送信中...」,「+[拡張子] を追記しました。」,「.[拡張子] で保存しました。」上書き場合3種類メッセージ@msg表示し下見関しては既存の下見機能利用すれ十分なことに気付いた描き出し前には上信せずスクリプト保持することも検討したが,これもページ遷移などへの対応考える無駄な複雑化招く可能性があるため見送った

対応形式とりあえず JPEGPNGGIFWebP のみ。WebP 以外場合長辺1920px以下WebP変換するWebP上信関してはImageMagick未対応パッケージまだ多いことなどから,1MiBサイズ上限のみで対応することにした。その他譜類サイズ上限原則として5MiBサイズ上限以外基本的に kn upl仕様合わせたが,cwebpICC プロファイル捨ててしまう問題気付いて kn upl ともども -metadata icc加えた

埋め込み記法では,拡張子のみ,知番拡張子組み合わせ加えて輪符拡張子組み合わせにも対応した

下見機能利用するために添付譜類舞覧隠し戦略見直した結局譜類更新時印から隠し破り付与出来るようにし,隠し破り有無Cache-Controlpublicno-cache切り替えられるようにした5歩これまでは一律 no-cache だった)Dex実譜類依存するのは水平拡大考えるとどうかと思ったが,そのうち KNEST 隠し化すればいいと判断した

最後の最後で,領下手定め環境問題なかった新規描出フォーム添付譜類本番環境では 404 Not Found になるという問題はまったが,これは systemdPrivateTmp による問題であることが分かり一時的に無効化してから問題無いように修正し元に戻した新規描出フォームでは無駄に永続譜類残さないように /tmp/利用していたことが原因だった。最終的に,これが大して意味を持たない設計になったので再描出フォーム同じ自我台録利用することにした。

{ほぼ}

{}