{使い方}{開発}{開発記録}{}{}{1}{0}{サービス}{デライト}{希哲17年4月11日の副日記}(203)

{希哲17年4月11日の開発 K#F85E/E74C-7F12}

新着確認機能実装一段落させた10日12歩修正ともに出振るい手定め済み

新着確認機能により輪郭一覧更新状況ぐっと把握しやすくなったサービス性質上自動更新など気が散る実装避けてきたが,あちこちページ画面切り替えながら作業していると,輪郭一覧鮮度気になることが多々あった必要以上に輪郭一覧更新する癖がつく問題もあった

実装要点次の通り

新生デライト開発当努としての新着確認機能実装優先順位が低く,最後の方になるかと思っていた最近になって,メニューアイコン使えること,輪数必要ないこと,交差監視使えること,と立て続け実装上気付きがあり,高い時間対効果負荷対効果望めるようになっていた。

マイクロブログなどの投稿数異なり1輪長文もあれば10輪知名のみの輪郭もあるのがデライト輪数なので,文脈限定せずましてや2桁程度表示幅では情報量尺度として機能しないことに気付いた

全知検索窓固定機能採用した交差監視使えることに気付いたのが駄目押しだった。無駄な再読み込み抑制する効果望めるとはいえ,多少なりとも立求が増える機能なので,悪影響懸念拭えずにいた。交差監視によって無駄なく効果的に待機状態制御出来る見通しが立った流石に高速化までは行かないにしても,十分な低負荷実装になった。

{進捗記録}{}{一通り}{一種類}{}{}{}{}{}{進捗}(253)

{希哲17年1月19日14歩 K#F85E/E74C-3191}

進捗時限記録中略

highlight.js版存更新終了

10.6.0 からスクリプト最新版11.7.0 へ,Zenburn装体書最終版10.7.3上げた出振るい手定め済み

希哲15年7月18日10歩更新検討したが,当時対応言語検証必要判断し見送り,以来そのままだった。約2年前版存なので,流石に対応言語云々より弊害の方が大きいだろうと更新決めた

作業自体あっという間に終わる見込んで昨日深夜着手したが,最新版従来の Zenburn事実上消えていたため,カラーテーマ検討時間を取られてしまった散々考えた結果Zenburn最終版利用して現状維持とすることにした。

カラーテーマ検討

最新版Zenburnstyles/zenburn.min.css から styles/base16/zenburn.min.css移動していた上に,従来とはほとんど別物になっていた様子Base16 になったからなのか事情よく分からないが,読みにく過ぎるのでいずれにせよ使い物にならない

気になる部分装体上書きして調整出来なくもないが,そこまでするならデライト独自カラーテーマ作りたくなってくる取り急ぎ代替テーマ探すことにした。highlight.js 導入時それなりに時間をかけ検討した希哲15年3月9日11歩ので,当時の記憶からある程度見当付いた

読み込み中...
{『希哲日記』}{日記}{輪郭整備}{しっかりする}{集中させやすくなった}{デライトのキャズムを越える}{失望する}{投入する}{新しい付徴}{身体が持たない}(60)

{希哲17年1月10日の日記 K#F85E/E74C-47D6}

{『希哲日記』}{}{日記}{}{}{希哲16年10月}{デライトの完全な成功}{デライト}{試行錯誤する}{講じておいた}(142)

{希哲16年12月21日の日記 K#F85E/E74C-F8A4}

体調持ち直したが,考え事が多かったというよりここ数日脳疲労一因がこの考え事にあることに気付いた

10月から長期戦態勢転換し,時間に追われることなく悠々自適な生活送っていたが,第三次快調期といっていい最近のデライト開発で,また危険な欲が出てきている

デライト進歩すればするほど,更なる進歩のための時間欲しくなる時間捻出するための欲しくなるとにかくこの疾走感失いたくない,という感情日毎高まっている。そして,今のデライトにはすぐにでも完全な成功果すがある,という期待感もまた日毎高まっている

一方でこれは,希哲館事業危険にさらす衝動でもある。このまま悠々自適な長期戦態勢維持すれば,いつになるかはさておきデライトの完全な成功確実に果せるだろう。しかし,それを希哲館事業理想実現繋げるためには,やはり早さ必要になる冒険を避けていては,その可能性時間とともに失われていく

希哲館事業にとっては,急いても待っても崖っ縁だ。無理をしてもいけないが,悠長に構えていてもいけないここ数日激しいせめぎあい続いていた

一刻も早い希哲館事業の成功のために全て賭けるか,確実な成功のために危険徹底的に排除するか,という両極端思考陥いっていることに今日ふと気付き,「ばら成しを取る」という選択肢見えてきた。最低限の安全網確保しつつ,しっかり冒険もする,という探ることにして,ようやく気持ち落ち着いた


昼頃希哲荘古い給湯器ついに壊れ出なくなった整清記録

最初は,この忙しくて寒い時期に,と少し腹が立ったが,17年以上持ち堪えたかと思うと,だんだん感謝の念湧いてきた希哲館事業のために,色々な物無理をさせてきたんだなと感傷的になったりもした。

そんな気持ちが通じたのか,深夜になってなぜかまた出るようになった。新しい給湯器来るまで持ってくれれば大助かりだ。

一応給湯器使えなくても何とかなるように対策講じておいた久しぶりの非常事態で,あれこれ試行錯誤するのもちょっと楽しかった

22日振り返り日記

{開発}{開発記録}{方向}{希哲16年5月30日}{高さ制限}{内容の高さ}{機能的に}{混乱させない}{用者層}{利用率}(93)

{希哲16年5月30日の開発 K#F85E/E74C-DB91}

自動ページ展開機能実装一段落した細部に課題はあるが,実用出来る水準に達した出振るい手定め済み

これに伴い正式離立前試していた全知検索窓新規描出フォームの固定表示復活させる検討大きく進んだ。また,輪郭一覧動的追加仕組み整えたことで,検索新規描出時にも応用出来るようになった。輪郭一覧の更新効率的に行えるようになり,高速化にも大きく貢献するだろう。


AutoPagerize 対応どうするかというのが難しい問題だったが,これは挿入監視して削除注意書き表示する方向落ち着いた最初以外 .autopagerize_page_elementdisplay: none設定しておくことで表示には影響しない

AutoPagerize は,ウェブ利用者全体ではわずかな利用率だが,デライト用者使っているのを見て私自身使うようになったというのもあり,用者層重なり小さくない出来るだけ混乱させないようにしたかった。


今後広告の調整重要になってくるため,ここで運営者開発者向けダミー広告表示する仕組み整えたダミー広告の様子

AdSense は,設置者によるクリックもちろん無闇に表示させることも避けるべきとされているので,これまでは単に非表示にしていた


機能的に自動ページ展開機能似たところがある描写後略機能実装方針検討ほぼ完了

内容の高さ高さ制限足りない場合どうするか最後の課題だったが,これは舞覧側で追加取得すればいいことに気付いて解決した


{}{『希哲日記』}{金風}{写真}{日記}{十分}{希哲16年1月}{生活習慣改善}{体調}{元気ぶり}(112)

{希哲15年11月14日の日記 K#F85E/E74C-7638}

昨日大きな予定消化し終えたので,今日は少し現状整理をした。これで金風以後激動ようやく落ち着いた感がある

落ち着いてみて,ここ数ヶ月急速に白髪抜け毛増えていたことをはっきり自覚した。白髪については何となく気付いていたが,抜け毛整髪時の違和感写真毛量気付いた直接的な原因どう考えても金風も含めたここ数ヶ月動揺によるものだろう。

ただ,今年はそれ以前から収穫過多だったし,時間の密度人間の限界越えていた気がするので,いずれにせよ老化早まるのも無理はない体調目立った問題もなく,ずっとくて健康なつもりでいたが,思わぬ所現実突き付けられた。しかし,よく考えれば,まだ深刻ではないうちに気付けて良かった

常に月内デライト収益乗軌化目指すという方針は,欲張り過ぎ生き急ぎ過ぎ自分苛め過ぎだったかもしれない。もう,よく頑張ったせめて12ヶ月自分休ませてやるべきなのかもしれないと思えてきた

とりあえずデライト収益乗軌化来年1月までに達成すれば十分早いので,そこを目標として,当面生活習慣改善最優先進めていくことにした。新生デライト開発は,急がば回れ精神で,焦らずゆとりを持って取り組む


今日は,11日頃から右目充血気になっていた動物病院連れていくつもりだったが,治ってきているように見えるので,もう数日安静にさせて様子見することにした。

元気ぶり相変わらず


スマートフォン含め携帯電話使うようになってからずっと枕元置く習慣になっていたが,安眠のため,これからは少し離れた場所に置くことにした。

目覚まし時計にしているからという理由もあったが,寝たまま止められることが最近やたら多くなった二度寝原因になっている気がする

{陶練記録}{金風}{陶練}{22時}{希哲15年10月21日}{やりやすい}{落ち着いた}{腕立}{寝室}{初めて}(12)
{体調記録}{第三次黄金状態}{体調}{頭が混乱}{腹部の違和感}{頭を使い過ぎる}{希哲15年6月23日}{第三次黄金状態の回復}{落ち着いた}{デラング整備}(24)

{希哲15年6月23日の体調 K#F85E/E74C-FE6C}

回復後の第三次黄金状態17日目

午前中は特に異常無かったが,予定外作業頭を使い過ぎたか,午後から脳過熱によるものと思われる症状が現れ始めた。

具体的には腹部の違和感だったが,これは夕食を取って落ち着いたデラング整備熱中して昼食をまともに取らなかったため,空腹もあったのだろう。

何より深刻だと感じたのは,そんな状況もまともに認識出来ないくらい頭が混乱していたことだ。

早めに寝ることにした。

{落ち着いた}

{}