{対応出来る}{希哲17年1月25日の副日記}{多大な効果}{表示速度向上}{通信量削減}{不必要な出与え読み込み}{見つけられた}{抑えつつ}{後略条件}{少なそう}...=}(402)

{希哲17年1月25日の開発 K#F85E/E74C-7E8A}

23日の開発から急速に進展したデライト高速化一段落した

テーマ切り替えボタン用合い検討4歩新規描出フォームへの移動機能として吹き描き外背景ダブルクリック用合い復活10歩全知検索ページャー周りの調整16歩こまごまとした領当て装体調整17歩といった雑多ながら充実した作業片付けついに描写後略機能一段落させた21歩出振るい手定め済み

描写後略機能により,デライト最初期から吹き描き構造的問題だった「不必要な出与え読み込み多さ」という問題解消した表示速度向上通信量削減SEO 強化迷惑行為対策など多大な効果見込める

デライト高速化現状今後

昨年末の壊衝不具合修正以後デライト速度安定性ともにウェブ相振りとして十分な水準達していたが,今回の高速化経て明らかにもう一つ壁を越えた感がある体感として,「ウェブ相振りなら特に不満のない速さ」から「単動相振り比べても遜色のない速さ」になった。

一昨年4月9日掲げた全ページ0.3秒以内表示」という目標埋め込み利素考えると現実的ではない気がしてきたものの,軽いページでは200ms台重いページでも概ね300ms台応答出来るようになっている。実感として欲しかった速度手に入れられたし,最適化余地まだまだ残しているので「埋め込み利素除いてほぼ全てページ0.3秒以内表示」なら十分手が届くいよいよ本格的に速さデライトの武器になってきた。

ここで新生デライト開発におけるデライト高速化一段落とし,今後機能追加トラフィック応じた微調整留め別の機能整備集中することにした。

その先デライト高速化については,大きなところでは CDN 導入KNEST による水平拡大請い手隠し機能整備描写 HTML 隠し以外HTML 隠し実装,そして中途半端な状態放置しているページ付け求頼改良があるが,どれも現時点での優先順位低い

読み込み中...
{希哲17年1月15日の進捗}{希哲17年1月15日の開発}{希哲17年1月15日}{放置しておく}{結論を出す}{占有される}{複数タブ}{使いものにならない}{デライト向きではない}{分かりにくくなっている}...=}(116)

{希哲17年1月15日10歩 K#F85E/E74C-36C0}

進捗時限記録中略

ついでに新規描出フォーム固定機能についても検討して終了

こちらは「限りなく廃案近い保留」となった。


全知検索窓固定機能同様デライト最初期実装削除したものだが,これは広告との相性以前に,用合いとしていまいちだったということが大きい

新規描出フォーム固定出来れば,輪郭一覧眺めながら描写書くことも出来便利違いない,と素朴な期待から実装してみたが,これが帯に短し襷に長しという感じ思いのほか使えなかった

大きな原因は,ページ遷移までのちょっとした固定されるだけ,という中途半端さにあった。あちこち飛びながら作業しているといちいち解除されるので,自然に使わなくなっていく

これに対処しようとすると画面分割機能近い大掛かり仕掛け必要になる画面分割機能何度も検討したが,やはりデライトには過剰判断して,複数窓使いやすくする方向単純性保ってきた今考えてもこれは英断だった。

自動ページ展開輪郭一覧動的更新がある今なら当時よりは使いようがあるかもしれないが,その分,ページ遷移条件分かりにくくなっているので,かえってストレスかもしれない。

複数窓使いにくいスマートフォンなどでも,新規描出フォーム柔品キーボード画面ほとんど占有されるため恐らく使いものにならない当時諸場使える状態ではなかったので想像ではあるが,複数タブ使う方がマシだろう。

結局構造的にデライト向きではないのだろうと思うが,急いで結論を出す必要もない。そのうち適当な活用法見つかればいいし,見つからなくても問題ない。というわけで,しばらく放置しておくことにした。

迷い一つ消えたのは収穫言える

{デライトに熱中しながら周囲とデライトを共有しようとしない人}{輪郭整備}{共有しよう}{認めている}{無いに等しい}{広まっていく}{そこから}{熱中する人}{何度となくあった}{気が向いていない}...=}(62)

{希哲17年1月8日の日記 K#F85E/E74C-7068}

{輪郭整備}{希哲16年8月31日}{希哲16年8月}{振り返り日記}{日記}{18時}{自動生成画像}{参照しやすくなった}{動機が弱い}{目的にする}...=}(137)

{希哲16年8月31日の日記 K#F85E/E74C-2859}

月末の雑務片付けてから新生全知検索整備入ろう思っていたものの,画像生成人工知能Stable Diffusion使った輪郭整備熱中してしまった50枚ほどの画像作ってみて輪郭のイメージ画像最適だということが分かった。これは大きな発見だ。

少し前から,最近の画像生成人工知能ブームやそれに伴う騒動は,デライトにとって大きな追い風になるかもしれないと思っていた人工知能上手く利用する知能増幅技術意義示しやすくなる理解出来る限られている DeepL などよりもはるかに影響範囲広い

息抜きDream by WOMBO試したこともあったが,ほとんど漠然としたのような画像しか出来ないので具体的な活用法難しく,遊びとしてもすぐ飽きてしまったMidjourney登録制な上に Discord必要という面倒臭さ触らなかった今日Stable Diffusionデモ版見つけて何気なく触ってみたところでデライトとの相性の良さ気付いた

自分で撮った写真色々あるが,輪郭のイメージ画像使うには場面具体的過ぎたり,思い入れがあり過ぎたりしてかえって使いにくい自動生成画像ありそうでないいい加減感じ人間の記憶く,実はぴったりだった。自分で写真を撮ったり絵を描いたりするよりはるかに効率的であることは言うまでもない

元々デライト雑多な画像管理参照向いているので自動生成画像展示にも使えるが,それを目的にするには動機が弱い輪郭整備組み込むことで自然に利用しやすくなるだろう。

Stable Diffusion開素化されたのは今月のことで,輪郭小窓画像サムネイル的に参照しやすくなったのも今月のことだと思う運命的なものを感じる


結局午後18時頃まで輪郭整備熱中し,その後雑務片付け用合い改良微調整不具合修正などをして終わったどの道新生全知検索整備入るには中途半端な日にちだったのでキリが良いといえば良い。

この「第二次用合い改良」も,すでに満足感高いので,ここで一段落とすべきかどうか少し考えた包括的な作業枠組みとして有用ではある。とりあえず用合い関連当努取り込みながら継続することにした。

9月1日振り返り日記

{自然に}

{}