{開発}{開発記録}{方向}{希哲16年5月30日}{高さ制限}{内容の高さ}{機能的に}{混乱させない}{用者層}{利用率}(93)

{希哲16年5月30日の開発 K#F85E/E74C-DB91}

自動ページ展開機能実装一段落した細部に課題はあるが,実用出来る水準に達した出振るい手定め済み

これに伴い正式離立前試していた全知検索窓新規描出フォームの固定表示復活させる検討大きく進んだ。また,輪郭一覧動的追加仕組み整えたことで,検索新規描出時にも応用出来るようになった。輪郭一覧の更新効率的に行えるようになり,高速化にも大きく貢献するだろう。


AutoPagerize 対応どうするかというのが難しい問題だったが,これは挿入監視して削除注意書き表示する方向落ち着いた最初以外 .autopagerize_page_elementdisplay: none設定しておくことで表示には影響しない

AutoPagerize は,ウェブ利用者全体ではわずかな利用率だが,デライト用者使っているのを見て私自身使うようになったというのもあり,用者層重なり小さくない出来るだけ混乱させないようにしたかった。


今後広告の調整重要になってくるため,ここで運営者開発者向けダミー広告表示する仕組み整えたダミー広告の様子

AdSense は,設置者によるクリックもちろん無闇に表示させることも避けるべきとされているので,これまでは単に非表示にしていた


機能的に自動ページ展開機能似たところがある描写後略機能実装方針検討ほぼ完了

内容の高さ高さ制限足りない場合どうするか最後の課題だったが,これは舞覧側で追加取得すればいいことに気付いて解決した


{[自動頁展開] 任意の位置ですぐに描出欄を参照できるようにしてほしい}{自動ページ展開機能}{AutoPagerize}{固定表示}{新規描出フォーム}{全知検索窓}(6)

{あれ K#F85E/E74C-CF0D}

実は,もともと全知検索窓新規描出フォーム固定表示出来るようにしていたのですが,諸事情で現在の形になっています。それを微調整して復活させることを検討しているところです。

ところで,「以前よりも手間が掛かってしまう」というのが気になりました。もともと無かった機能なので,新規描出フォームより下を見なければこれまで通りで,余計に手間がかかるということはない……はずなのですが,もしかしたら見ているものが違うのもしれません。AutoPagerize などは使っている状態でしょうか?

{進捗記録}{進捗}{デライト}{Firefox}{Chrome}{希哲16年1月21日}{HTML}{分かる}{見過ごしてしまった}{内部処理}(57)

{希哲16年1月21日10歩 K#F85E/E74C-38B2}

進捗時限記録中略

領下手定め環境での開発者通類梱装がすっきりしたところで,<!DOCTYPE html> がなくて後方互換模動になっているという警告が出ていることに気付き,調査

結局FirefoxAutoPagerize AdvancedChromeAutoPagerize<iframe> 要素内に表示する HTMLDOCTYPE 宣言 が無いことによる問題だった。よく読めば拡張機能から出ている警告であることは分かるが,勘違い重なり気付くのに時間がかかった

まず,デライト出力するソースを見ると,以下のように不自然出力になっている。これは特に問題ではなかったが,ここでデライト出力に何か混入しているのかという勘違い発生した。

<!DOCTYPE html><html lang="ja-JP">

<head ...

ただ,試しにここを修正しても警告は消えないし,全知検索検索結果によって警告が出たり出なかったりする。ここで AutoPagerize Advanced問題かと気付きかけたところで,Chrome でも同じ警告が出ていることを確認。これで「拡張機能問題」という考えんでしまった。だいぶ前に Chrome にも AutoPagerize引装していたことを忘れていた

小一時間悩んだ挙句Firefox警告表示されている loading.htmlクリックしてみて正体分かった。これも一見内部処理関連っぽい名前なので見過ごしてしまった

何はともあれ,デライト問題がなくて安心した

{Firefox}{weAutoPagerize}{AutoPagerize Advanced}{希哲15年3月17日のツイスト}{希哲15年3月17日}{AutoPagerize}{引っかかり}{録入り}{ツイスト}{快適}(11)
{開発}{開発記録}{デライト高速化}{良い勉強}{取り戻した}{デライトの性能}{小利素}{速くなった}{待滅対策}{希哲15年3月14日}(25)

{希哲15年3月14日の開発 K#F85E/E74C-B4E1}

デラング整備,いくつか重要仕様検討3歩4歩)を済ませた。

待滅対策が思わぬ高速化になった(5歩6歩)。

劇的速くなったというよりは,ここ最近,少しずつ感じるようになった重さが一気に解消した感じだ。トラフィックは増え続けているのだから高速化には違いない。

小利素でよく動いている deln.fcgi を見て,デライトの性能に対する自信取り戻した


AutoPagerize については,この報告で原因が判明。こんな仕組みがあるとは知らず,良い勉強になった。

独自の無限スクロール対応した際の調整に使えるかもしれない。

{AutoPagerize}

{}