{Aejs}{insertAdjacentHTML()}{希哲13年8月12日の開発}{希哲13年8月12日}{記法}{HTML の要素}=}(6)

{要素位置記法 K#F85E/5B28-E380}

特定 HTML 要素の直前beforebegin,要素内の先頭afterbegin,要素内の末尾beforeend,要素の直後afterend,という4つの位置簡略表現出来る記法希哲13年(2019年)8月12日Aejs のために宇田川浩行が考案。

HTML タグを模しつつ方向を表す記号を兼ねた <, >, </, /> を使う。

<!-- (1) beforebegin -->
<div>
<!-- (2) afterbegin -->
各要素位置
<!-- (3) beforeend -->
</div>
<!-- (4) afterend -->

要素 divHTML 素出ソース html を挿入したい時,標準的な JavaScript では以下のように記述する。

div.insertAdjacentHTML( 'beforebegin', html );  // (1) に挿入
div.insertAdjacentHTML( 'afterbegin', html );   // (2) に挿入
div.insertAdjacentHTML( 'beforeend', html );    // (3) に挿入
div.insertAdjacentHTML( 'afterend', html );     // (4) に挿入

Aejs では以下のように記述する。

div.ins( '<', html );   // (1) に挿入
div.ins( '>', html );   // (2) に挿入
div.ins( '</', html );  // (3) に挿入
div.ins( '/>', html );  // (4) に挿入
{HTML の要素}

{}