{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{SNS 嫌い}{社交辞令}{社会的行為}{腑に落ちた}{最高の誉め言葉}{容姿が良い}{喧嘩が強い}{学校の勉強}...=}(113)

{誉められて嬉しかったこと K#F85E/A-E74C-5C5B}

私には,誉められ嬉しいと思った記憶がほとんど無い。誉められるのは,どちらかといえば苦手なくらいだ。先日の一日一文では私の独特な金銭欲について書いたが,これは私の独特な名誉欲かもしれない。

なぜ誉められても嬉しくないのかと考えてみると,そもそも幼い頃に自尊心完成されてしまっていた気がする。自尊心に欠けているところが無いので,いわゆる承認欲求的な感情も無い。

誉め言葉をもらっても,すでに満杯に余計なものを注がれているような感覚で,こぼれたのを拭くのが面倒になる。それが社会的行為である以上,例えば,謙遜して見せなければならないとか,こちらも社交辞令で返さなければならないとか,新しく得たものも無いのに“対応”を求められるわけだ。

私の SNS 嫌いもこんなところから来ている気がする。好意的反応をもらうことはもちろん「ありがたい」と思うし,仕事であれば必要なことでもあるが,個人的心情としては嬉しさより面倒臭さを感じてしまうことが多い。

誉められて嬉しくないのだから,貶され悲しいこともない。むしろ,他人が顔をしかめるようなことをしていた方が,自由を感じることが出来て面白いとすら思っていた。

子供の頃からこんな性格だが,大人になってからも,名誉ある地位に就きたいとか,ナントカが欲しいとか,テレビネット有名になりたいとか,そういう感情を抱いたことが無い。

日ごろ私の活動を見ている人なら納得出来るのではないかと思う。希哲館事業は,誰の肯定神託必要とせずに自分のやることに絶対確信を頂き,この上ない充実感を得て生きる人間がここにいる証拠なのだ。

私には,自分で作った「初代希哲館執務長」が,どこの国の君主首脳肩書きよりも,ノーベル賞よりも名誉に感じられる。だからこれ以上の名誉は一切不要だ。

これも病気といえばそうかもしれないが,SNS などの発達で,名誉欲承認欲求に人生を狂わされる者が無数にいることを考えると,「健全」とは何か,考えずにはいられない。


そんな私にも,人生で一つだけ,誉められて嬉しかったことがある。

恐らく4歳5歳頃だ。保育園で,はさみを使って工作のようなことをしていた。何か工夫をして,上手いこと出来たな,と思った時,保母さんが「ひろくんはアイデアマンだね」と言った。この時のことがなぜかずっと,鮮明記憶としてある。そして定期的に思い出す

当時の私に「アイデアマン」という言葉の意味が分かったとも思えないが,自分は何か工夫をすることが得意なんだな,ということくらいは体験として分かっただろう。もしかしたら,言葉が分からなかったから印象的だったのかもしれない。これもカセット効果という奴だろうか。

その後,私は,トーマス・エジソン憧れたり,信長でも家康でもなく秀吉好き少年に育っていく。子供ながら,発明とか発想価値を感じていたのだろう。

そして17歳の頃に輪郭法き,デルンデライト開発して今にいたる。確かに,これ以上価値あるものが今の私には想像出来ない。

頭が良いと誉められて学校の勉強を極めても,運動が出来ると誉められてスポーツの世界に行っても,容姿が良いと誉められて見た目を売りにするような世界に行っても,もちろん,喧嘩が強いと誉められてヤクザな道に入っても,今の私にはならなかっただろう。

私にとって最高の誉め言葉があるとすれば,やはり「アイデアマン」以外考えられない。この文章を書きながら,三十年来,心のどこかに引っかかっていたものがようやく腑に落ちた

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{番狂わせ}{雨後の筍}{日本語におけるルビの重要性について}{デライトの対 Notion 戦略}{新興サービス}{メモ戦国時代}{Notion}{個人知識管理サービス市場}...=}(59)

{デライト開発者が見る個人知識管理サービス市場 K#F85E/A-E74C-BA75}

先日の一日一文デライトの対 Notion 戦略」で書いた通り,現在,デライトも含めた全ての個人知識管理(PKM)サービス市場戦略において意識せざるをえないのは Notion だろう。

一方で,Notion の立場盤石ではない,という意味のことも書いた。私が「個人知識管理サービス」と呼んでいる分野では,新興サービス雨後の筍のように登場している。私も全ては把握しきれていない。それだけ問題意識が尽きない分野であるということなのだろう。

今や個人知識管理サービス市場は「戦国時代」だ。盛者必衰Evernote であれ Notion であれ,安心していられる者はいない。


そして私は,この個人知識管理サービスこそ,検索演心エンジンSNS に続くインターネットの一大産業になると確信している。知識産業の中で果す役割を考えれば“当然”の帰結だ。

つまり,この「戦国時代」を制した企業がいわゆる GAFAM のように成長していくことになる。

問題は,ただでさえ知識産業で遅れを取っている日本で,十分戦えそうなサービスただの一つも存在していない,ということだ。私はこれに強い危機感を覚えている。この種のサービスが知識産業化を加速させていくものなら,ここで遅れを取った日本は,半永久的に取り返せない差を付けられることになる。

日本語におけるルビの重要性について」でも書いたように,デライト日本語重視し,日本語を最大限活用出来るように工夫を重ねている。一方,いま流行りNotion日本語対応ですら「予定」の状態だ。これが何を意味するのかは,読者想像力信頼していちいち言うまい。

幸い,今は「戦国時代」だ。どんなに小さな勢力にでも番狂わせ機会はある。そして,これこそが,知識産業で日本大逆転しうる最後の機会だ。

=}
{一日一文}{希哲15年4月の月記}{初々しい気持ち}{思い出話}{出会った頃}{題材選び}{希哲15年4月20日}{描出思考}{大きな進展}{安っぽい}...=}(36)

{希哲15年4月20日の日記 K#F85E/A-E74C-51DD}

経験工夫おかげで,この状況でもデライト開発は辛うじて快調を保ち,今日は大きな進展も見られた。

日中はどうしても家の中がばたばたしている上に来客などもあるため,赤ん坊がいるうちはあえて夜型生活にすることにした。


久しぶりに友人電話をし,出会った頃思い出話などをした。

初々しい気持ちが蘇り,良い気分転換になった。


一日一文はやはり題材選び難しさを感じる。

今日は1時間取り,いくつかネタも思い浮かんでいたものの,どうも安っぽい文章になりそうだと思って止めたり,途中で気が乗らなくなってしまった。結局開発の方に熱中して書けなかった。

なかなか書き出せない時は無駄に時間を潰さないように描出思考から始める,それでも書けない時は開発切り替えるといったことも大切だと感じた。

=}
{浮上式隠し}{希哲15年4月12日の開発}{実出与え}{隠し管理}{握接頻度}{希哲15年3月中旬}{見通しの良い}{隠し実装}{散歩中}{希哲15年4月12日の進捗時限}...=}(59)

{希哲15年4月12日10歩 K#F85E/A-E74C-C35E}

散歩中KNEST 隠し設計方針について進展があったため,軽くまとめ。

KNEST 隠し実装2月9日再開してからまた停滞していた。デルンデライト最適見通しの良い隠し実装について少し迷いがあった。

先月中旬頃だったか,自我情報の取得が削りやすいことに気付き,自我の隠し化から着手しようとは思っていた。比較的少数で全ての輪郭に関わり,出与え量は少なく更新頻度も低いため,最も隠しとして利用しやすい。

難しいのは輪郭ページ単位での隠し化で,とにかく膨大握接分散するため,自我と異なり工夫が必要になる。

少なくとも,握接頻度で隠し全体を一定の大きさに保っておかないと破綻するのは目に見えている。

ここで,握接のたびに浮上して,一定数を越えると沈んでいるものから破棄されていくようなリスト連想配列とは別に持っておくことを考えた。効率的理積み(特に重複の削除)は別に考える必要があるが,これなら隠し管理をだいぶ単純化出来る。

各隠しには隠し化した時点の時印を持たせておくことも考えていたが,これは応付にしておく。サービスの性質上,実出与え反映時間差を持たせたくない場面も多く,一律に持たせても無駄な出与えになる可能性が高い。

{デライトに議論特化の機能は求めない}{編集中}{考えよう}{面白いテーマ}{デライトにおける議論}{変更履歴}{描出履歴}{デライト}{輪郭}{空欄}...=}(47)

{デライトでの議論について K#F85E/A-E74C-E1B1}

デライトにおける議論,というのは面白いテーマだと思います。歴史浅いので,開発者にとっても未知数な部分があります。

実は,デライトにも変更履歴描出履歴)を残す仕組みはあり,近いうちにそれを閲覧出来るようにする予定もあったのですが,開発上の都合保留にしています。

空欄上書き」を削除代わりにしている現状,残したくない履歴もあるだろう,というのも理由の一つです。

もともと輪郭大意を捉えるためのものとして設計されており,それゆえに最初は適当に書いて後から完成させる,という作業がしやすくなっているのですが,おっしゃる通り,議論の細かい過程を残すことには向きません。

ただ,これは考えようで悪くないかもしれない,とも思っています。

ネット上での議論でありがちな言葉尻の掴み合い,というのはあまりデライトには持ち込みたくない文化だからです。デライトでは,互いに相手の真意を汲み取ろうとしない議論成立しません。常に相手が編集中かもしれないので,ある程度の距離感を保って言及することも必要になってきます。

履歴にせよ編集中にせよ,システム側である程度サポートすることは出来ますが,単純に対応出来るケースには限りがあり,柔軟性を持たせようとすれば複雑化します。

編集中であれば末尾にでも(書きかけ)のように書いておくか,重要な修正をしたらそのことを書いておくなど,ユーザー文化で補えなくもないので,当面はそういう工夫で凌いで頂いて,出来るだけ早く洗練された機能導入したいと考えています。

{あれ}{思想臭さ}{大金脈}{時間が解決する}{百聞は一見に如かず}{新しい技術}{デライトの使い道}{黄金循環}{機が熟する}{アクティブユーザー}...=}(134)

{ご意見ありがとうございます K#F85E/A-E74C-FF6E}

率直真摯ご意見,本当にありがとうございます。今のデライトでは読みにくい長文になりますが,折角思いを込めて書いて頂いたので,こちらも相応の気持ちを込めて書かせて頂きます。

いまデライトをよくご利用頂いているユーザーの方々も,皆さん例外なく,最初はもとあじさん同様「半信半疑」で,初期の投稿もどちらかというと苦言に近いものでした。様々な問題点について率直に指摘して頂いたことで改善出来たことも多々あります。今回ご意見を頂いたことも色々反省しながら考えをまとめる良い機会になっています。

何より,デライトは,普及どころか開発成功するかどうかも分からない,という無謀プロジェクトとして始まり18年以上になります。開発者を殺しでもしない限りは折れようがないので,ご意見・ご批判に遠慮必要は全くありません。から始まった物が人様に少しでも気にして頂けるようになったわけですから,全てありがたく受け止めています。

デライトの使い道についてですが,これは最近私自身よく考えているところです。

デライトは,もともと「具体的限定的に,とりあえずこういう風に使う」ことを提示するために開発が始まったサービスです。

デライト採用している CMSデルン(deln)といいます。これはデライトよりもっと汎用的といいますか,「工夫次第で何にでも使える情報管理ツール」でした。さあこれを売り込もうと考えた時,あまりにも漠然としていて掴み所がないという問題直面しました。そこで,まずは気軽に使えるメモサービスにしてみようと始まったのがライト版デルン,つまりデライト(Delite)の開発でした。

ただ,メモサービスにしただけではまだ利用イメージがわかないという方も多いだろうと思いました。かといって,枚挙に暇がない利用例を列挙してもかえって本質がぼやけてノイズになってしまいます。概要実例を見てピンと来ない人が,だらだら長ったらしい利用例のリストを見る気になるかというと疑問です。もし具体的な利用例を提示するのであれば,訴求力の高いものを厳選する必要があります。それも,理想を言えば一つです。

そこで目を付けたのが SNS(厳密にはマイクロブログ)と個人知識管理サービス結合した KNS というアイデアでした。「とりあえず使い始めてもらう」ことを考えるのであれば,マイクロブログ以上の入り口はないでしょう。Twitter中心宣伝しているのもここに理由があります。

ここまでしてもまだ使い道が分からない,という方が多くいらっしゃるのも事実です。文書実装改善余地も多々あると思いますが,根本的なことを言ってしまうと,新しい技術について言葉説明するのは本来難しいことでもあります。百聞は一見に如かず概要を読んで分からなければ実際に使っている所を見てもらう,それでも分からなければ,その人にとってまだ機が熟していない,ということなのかもしれません。

個人的経験から言えば,私は最初期の Twitter使い道がよく分かりませんでした。最近,Googleゴミのようなページがよく引っかかるな,というくらいの感想でした。少しずつ話題や様々な使い方を目にすることが増え,ある時突然,今やりたいことにあれが使えるんじゃないか?と気付いた瞬間がありました。当時そういう人は多かったと思いますし,新しい技術に人が触れ始める時というのは得てしてそんなものではないでしょうか。

ある程度は時間が解決する問題なのであれば,今のデライトは非常に良い状況にあると思います。これが,ご指摘の中にもある「黄金循環」です。

実は,最近のデライトには右肩上がりトラフィックが集まっています。アクティブユーザー描出量や検索流入が増えていることに加え,もとあじさんのように様子見で読むだけの方も増えているのだろうと思います。

ご覧の通り,デライトは Twitter のようなマイクロブログよりも微細情報を扱うことが出来ます。Twitter なら書き手にとっても読み手にとってもノイズにしかならない本当の思いつきを問題なく垂れ流せるように設計されているからです。それでいて,知番という識別子によるリンクは,ウィキキーワードリンクよりも強力でまず切れません。更に,アウトライナー的に既存の情報がまとめられていきます。全てリアルタイム公開状態で,大小無数のページ意味的な結び付きとまとまりをもって増殖し続ける仕組みです。

デライト上で完成しつつある情報蓄積発信集客・(広告収益開発理想的好循環,これを「黄金循環」と呼んでいます。これがこのまま加速し続ければ,知的活動に直接根差した知識産業大金脈です。手前味噌ながら,昨今の SNS世界的影響力も踏まえれば,その社会的文化的可能性は計り知れません。

加えて,デライトは極めて効率的開発運営体制構築成功しており,全く収益が無い状態でも開発者が生きている限り,あと50年くらいは潰れようがありません。

要するに,デライトが多くの人の目に触れるようになるのは時間の問題だろう,と私は考えています。そして,人々の中でデライトについて意識する時間が増えることは,デライトの使い道について気付く機会が増えることでもあるのだろうと思います。

こうしたことは,ご指摘の思想臭さ難解さを隠さなくなった理由でもあります。目先集客にとらわれず,長い目で見て,しっかりとデライト理解して頂くための活動注力出来るようになったわけです。

だいぶ長くなってしまったので,これについては新しい輪郭(以下)で書きます。

造語について
思想について

{希哲14年9月24日の開発}{HTTP/2}{あれ}{推奨動作環境}{埋没時間}{希哲14年9月24日の進捗時限}{希哲14年9月24日の進捗}{希哲14年9月24日}{スプライト化}{デライト・アイコン集}...=}(56)

{希哲14年9月24日2歩 K#F85E/A-5B28-A037}

昨日,アイコンスプライト化3歩ほど試行してみて,やはり保守性問題を感じた。

ドメイン シャーディングにも言えることだが,最適化のために実装意図曖昧遠回しにする,というのは全体最適化観点から避けるべきことだ。開発者としてはどうしてもここにひっかかる。

そんな時,HTTP/2 のことを思い出した。RFC 7540 が出来た頃に情報収集した記憶があるが,流石にその時は時期尚早導入は考えにくかった。現状月庭も含めてデルンHTTP/1.1 で動いている。

改めて調べてみると,採用実績は十分にある。請い手側の普及率調査によって中途半端なところもあるが,時間解決する問題であること,そもそもデライト比較的新しいブラウザ事実上推奨動作環境としていることから問題ない。

kitetu.com の HTTPS 統一 はすでに実現しているため,手定め環境nginxngx_http_v2_module導入するだけで環境は整いそうだ。

スプライト化に費したのは,デライト・アイコン集制作の時に配置工夫したこと,昨日の3歩くらいで正味数時間だろう。埋没時間はほぼない。

早速 HTTP/2導入試験を始めることにした。

ちょうど11月から GooglebotHTTP/2 に対応するらしいので,今が好機なのだろう。

=}
{デラング}{閲覧注意}{希哲14年9月11日}{希哲14年9月11日のツイスト}{用者}{手定め}{style 属性}{迷惑行為}{違法行為}{ツイスト}...=}(26)

{あれ K#F85E/A-5B28-7528}

K#9-EDD2 さんのように分かっている人が手定め感覚でやっている分にはいいんですが,用者が増えてくればタグ悪質利用はありえますね。

HTML を書けるという利便性デラングに残すことを考えると,本人以外が閲覧するには閲覧注意的な機能を付けるしかないかな,と考えているところです。

style 属性が書けてしまう時点で,少し工夫すればフィッシングも出来てしまいますし,柔軟性を損なわない程度に細かく規制しようとすると相当面倒なことになるので。

もっとも,荒らし同様の迷惑行為あるいは違法行為として運用対処することも出来なくはないので,本当は良識に任せたいのですが……そうもいかないか。

{工夫}
{}