{デラング}{希哲15年4月の月記}{希哲15年4月26日}{デライト宣伝}{最大の収穫}{快調期}{開発速度}{第三次宣伝攻勢}{夜のデライト宣伝}{複雑な気分}...=}(24)

{希哲15年4月26日の日記 K#F85E/A-E74C-882C}

デライト開発宣伝充実した日だった。

夜のデライト宣伝では,快調期以後最大の収穫とも言えるデラングについてたっぷり書いたデラングについて。改めてデライト達成度の高さを実感したが,そう思うと今度は知名度の低さが不思議なくらいに感じられ,少し複雑な気分になった。

しかし,開発の成果を活かして宣伝し,その反応を開発に活かす,という相乗効果が出来つつあるのは第三次宣伝攻勢ならではの新境地と言えそうだ。これは快調期の開発速度でなければ考えられなかった。

=}
{希哲15年4月の月記}{活かせる}{精神的支柱}{頭を抱える}{巨大さ}{希哲15年4月2日}{一日一文の再開}{救われる}{献典}{閃いた}...=}(35)

{希哲15年4月2日の日記 K#F85E/A-E74C-3FCA}

この頃,と言っても,あまりに日々の展開が速いのでここ数日のことだが,デライト希哲館事業構想救われつつあることを実感している。

希哲館事業のあまりの巨大さ複雑さに,どこからどう世の中に伝えていけばいいのか……と頭を抱えていた希哲12年の終わり頃に閃いたのがデライトだ。それからこれまで,デライトが希哲館事業を救い,希望をもたらし可能性を広げてくれた。もちろん,デライトの背後には常に希哲館事業があり,精神的支柱であり続けていたが,その構想前面に出すのは時期尚早だろうと感じていた。

それがここに来て,希哲館事業構想がむしろデライト牽引する献典になり得るのではないか,と考えるようになった。一日一文の再開も考え始めたばかりだが,デライトが希哲館事業膨大蓄積効果的発信出来る媒体になりつつある。まさに相乗効果という感じだ。

何より,これまでの人生事業の全てが,デライトを通じて余すところなく活かせる,というよろこびに勝るものは無い。

3日振り返り日記

=}
{希哲館訳語}{文書}{違和感}{技術}{デライト}{デライト開発}{相乗効果}=}(7)
{多技能工は新規性の点でも利がある}{多技能工}{『カンバン仕事術』}{言語化}{引き継ぎ}{相乗効果}{総和}=}(7)

{多技能工は引き継ぎが減らせる K#9-EDD2/A-83F2}

多技能工引き継ぎが減らせる
引き継ぎにかかる時間を無くせるため、工程全体に必要な時間が減らせる
多くの工程にまたがる技能を持っていることは、技能の総和を超える価値がある
隣接する工程の技能を持つと相乗効果が出しやすい

クロスファンクショナルチームとは、異なる専門分野や多くの専門分野にわたるスキルを持っているチームのことだ。チームに寄せられた要求を満たすのに必要なすべてのスキルやリソースをチームが持っている時に、本当のクロスファンクショナルであるといえる。これが意味するのは、他のチームへの仕事の引継ぎに依存することが少なく、他のチームを待ったり、ブロックされたりすることが少ないということである。
『カンバン仕事術』

{希哲14年7月4日}{希哲14年7月4日のツイスト}{コロナ危機}{厄介}{ツイスト}{恐ろしい}{火事}{相乗効果}{自然災害}{水害}...=}(12)
{希哲館訳語}{希哲14年2月5日の進捗時限}{希哲14年2月5日の進捗}{希哲14年2月5日}{@Dlt_jp}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{デライト}{@KTK_bod}...=}(15)
{希哲14年1月20日のツイスト}{希哲14年1月20日}{カタカナ依存症}{デライト}{ツイスト}{相乗効果}{関心}{危機感}{1万人}{1億人}...=}(15)
{希哲館訳語}{KNEST::rep_sch_T}{KNEST::req_sch_T}{献典}{凝集化}{希哲14年1月18日の進捗時限}{希哲14年1月18日の進捗}{希哲14年1月18日}{pg_idx.h}{進捗記録}...=}(15)

{希哲14年1月18日1歩 K#F85E/A-5B28-5426}

デライト最終調整KNEST 認証整理。

途中で終了。

再開がかなり遅くなったが,昨日は仕事を区切った後で4歩ほどかけ,KNEST::rep_T を追加し KNEST::req_T と併せてデライトpg_idx.h を整理,ほぼ理想的凝集化が出来る見当が付いた。

また,ここ数日希哲館訳語について考えることが多くなり,やや作業に乱れが生じていたが,献典としてデライトとの相乗効果を狙えるだろう。

=}
{20代半ば}{マルチタレント}{希哲13年9月25日のツイスト}{希哲13年9月25日}{ツイスト}{一流}{相乗効果}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-18B6}

さらに恐しいのは,そういうのをマルチタレント的にではなく,完全に別人格として切り分けて出来ると思っていたところ。つまり,全ての分野で真っ新な状態から相乗効果を利用することもなく一流になれると思っていた。当時20代半ばで。なぜそんな生き方が可能だったのか,今思うと不思議だ。

=}
{相乗効果}
{}