{希哲17年1月22日の開発}{希哲17年1月22日の進捗}{希哲17年1月22日}{似た形態}{似た機能}{錆びついている}{煩雑過ぎた}{勉強していた}{引装した}{TeXworks}...=}(119)

{希哲17年1月22日7歩 K#F85E/E74C-DD27}

進捗時限記録中略

デラング整備化学記法見直し終了

現時点ではやはり \ce( ... \)\ce[ ... \]最も無難な記法であると結論付けた


昨日直感的にこの記法思いついたが,実際に使ってみると,閉じ括弧前の \忘れやすいという問題気付いた慣れの問題もあるので欠点結論付けるのは早いが,数式記法\( ... \)比べて \ce( ... \)括弧対応関係直感的に認識しにくいというのはありそうだ。

TeX では \ce{ ... }数式模動内側書く必要無いため,いっそのこと,これだけでもいいのではないかと思った

しかし,これだと化学記法というよりは TeX 風記法mhchem使っているように見えてしまうTeX ではバックスラッシュ波括弧多用されるからこれが自然に見えるだけで,デライトでこれがぽつんとあっても違和感が大きい特に波括弧デライトにおいて特別な記号なので,濫用避けたいいずれにせよ行内別行立て書き分け出来ず書き分けせずに文脈挙動変えれば TeX 的でもなくなるので,良い案ではなかった。

似た機能似た形態に」という言語設計原則立ち返ると,やはり化学記法数式記法似ているべきだろう。

では,閉じ括弧前のバックスラッシュ省略可にするかと考えたが,これは実装上の問題大きい入れ子になりうる閉じ記号処理出来なくはない一気に面倒になる。しかも,化学記法でそれをすると数式記法でもしないと整合的ではなくなる。現時点化学記法使い勝手のためにそこまでの実装コスト払う意義見出せない

読み込み中...
=}
{コード埋め込み記法は一口に言って発明}{希哲17年1月13日の副日記}{普通の開発者}{GitHub 開発者よりデライト開発者の方が賢い}{言語開発者}{かくあるべき}{考案した}{一年近く前}{雑な実装}{客寄せ}...=}(73)

{希哲17年1月13日の開発 K#F85E/E74C-E8CD}

{希哲17年1月12日の開発}{希哲17年1月12日の進捗}{希哲17年1月12日}{機運が高まっていた}{余計な部品}{理想的なばら成し}{無駄が大きくなる}{少なければ}{多くなれば}{なりそうにない}...=}(79)

{希哲17年1月12日5歩 K#F85E/E74C-C21D}

進捗時限記録中略

譜類添付機能実装課題だった用合いについて実装イメージ急速にまとまったので少し整理して終了

希哲15年3月24日5歩渡括記法利用した添付譜類管理方式考案し,その方向進んできたものの,一点だけ,「埋め込みたくない添付譜類どうするか」という問題浮上し停滞していた

これに関してはひとまず編注記法活用することを思い付き必要なら追い追い記法調整していくことで解決した+[拡張子]-[拡張子] のようにすれば非表示出来るという記法考えたが,埋め込み記法全体整合性考える必要があり,なかなかまとまらなかった

昨年から輪郭選り手添付譜類管理用の部区設ける再検討していたが,やはりどう考えても美しい用合いにはなりそうにないアイコン拡張子並べるとすると,当然添付譜類多くなればごちゃごちゃしてくるし,少なければ無駄が大きくなる何より現状の輪郭選り手理想的なばら成しなので,これ以上余計な部品加えたくない

渡括記法利用した添付譜類管理方式再評価機運が高まっていたところで今日の思い付き決め手となった。

{記法}

{}