{希哲17年1月15日の進捗}{希哲17年1月15日の開発}{希哲17年1月15日}{放置しておく}{結論を出す}{占有される}{複数タブ}{使いものにならない}{デライト向きではない}{分かりにくくなっている}...=}(116)

{希哲17年1月15日10歩 K#F85E/E74C-36C0}

進捗時限記録中略

ついでに新規描出フォーム固定機能についても検討して終了

こちらは「限りなく廃案近い保留」となった。


全知検索窓固定機能同様デライト最初期実装削除したものだが,これは広告との相性以前に,用合いとしていまいちだったということが大きい

新規描出フォーム固定出来れば,輪郭一覧眺めながら描写書くことも出来便利違いない,と素朴な期待から実装してみたが,これが帯に短し襷に長しという感じ思いのほか使えなかった

大きな原因は,ページ遷移までのちょっとした固定されるだけ,という中途半端さにあった。あちこち飛びながら作業しているといちいち解除されるので,自然に使わなくなっていく

これに対処しようとすると画面分割機能近い大掛かり仕掛け必要になる画面分割機能何度も検討したが,やはりデライトには過剰判断して,複数窓使いやすくする方向単純性保ってきた今考えてもこれは英断だった。

自動ページ展開輪郭一覧動的更新がある今なら当時よりは使いようがあるかもしれないが,その分,ページ遷移条件分かりにくくなっているので,かえってストレスかもしれない。

複数窓使いにくいスマートフォンなどでも,新規描出フォーム柔品キーボード画面ほとんど占有されるため恐らく使いものにならない当時諸場使える状態ではなかったので想像ではあるが,複数タブ使う方がマシだろう。

結局構造的にデライト向きではないのだろうと思うが,急いで結論を出す必要もない。そのうち適当な活用法見つかればいいし,見つからなくても問題ない。というわけで,しばらく放置しておくことにした。

迷い一つ消えたのは収穫言える

{描写部}{知番}{知名}{希哲16年5月23日}{抜控}{}{出振るい}{低下する}{発生していない}{心当たりがない}...=}(225)

{希哲16年5月23日の開発 K#F85E/E74C-8D2F}

輪郭選り手抜控機能整備概ね終えようやく出振るい出来た追い追い修正していけばいい程度の軽微な不具合はいくつか見つかったが,抜控機能整備についてはここで一段落とすることにした。

この出振るいにより,中途半端な実装だった輪郭選り手抜控機能一通りの機能揃った下書き抜控一覧使えるようになり,抜控把握容易になった予てから欲しかった新規描出フォーム消去復元ボタン抜控削除のため追加した18日の開発実装した描写拡縮ボタン使えるようになった。また,周辺の交度整理大きく進み,理腑としての意義大きかった

利便性信頼性向上はもちろんのこと,昨年から中途半端な状態引きずってきた当努片付いたことによる精神衛生上効果大きい昨年来他の当努本格的に着手していないか,着手して間もないので,ここから思考整理しやすくなる


抜控機能整備長引いた最大の原因は,他にやりたいこと多過ぎたことだが,これ自体も決して簡単な作業ではなかった。ただ,この間設計方針変わったり深刻な不具合気付いたりしたので,時間をかけたことで円滑に片付いたもある。

再描出知番でいいとして,新規描出をどうするか,というのは難しい問題一つだった。昨年7月28日6歩から検索語含めるようにして悪くなかったので,基本的にこれを踏襲することにした。ただし,全知検索窓から未送信検索語まで取っていたため,これを書き換える意図せず他の抜控上書きしたり消去してしまう可能性があった4月28日20歩書いた消失不具合原因だろう)。これは求頼文字列から取ることで回避した

下書き抜控一覧についても,表示条件領当てなど色々考えること多かった検討の結果再描出下書きは,検索語無し場合上部メニュー同様のみ輪郭一覧表示画面撮り新規描出下書きは,他の抜控がある場合のみ新規描出フォーム上に常に表示させることにした画面撮り邪魔になり過ぎない程度に気付きやすい。また,4月10日の開発決めた通り一覧省略などせずにそのまま表示することにした。描写部のように高さ固定することも考えたが,やはり,用合いの複雑化抜控溜め込み過ぎる懸念があるため見送った抜控溜め込み性能低下消失リスク増大(あるいはそれを補う作業コスト増大繋がる目障りになったら消化するようにしてもらいたい。

一番難しかったのは鍵仕様設計だった。一応鍵仕様変更時の更新方法考えていたが,手間考えるころころ変えるわけにもいかないので,長期的視野に立って設計する必要があった。これもなんとか落とし所見つかった一時仕様変更日時含めることを考えていたが,これは複雑化招くだけなので廃案とし,Aejs_DG_rev判別用文字列入れておくことにした。新規描出下書き抜控には自我知番含め自我切り替えにも対応した

その他,これまで描写のみ保存していたのを知名にも対応する消去ボタン復元ボタン実装する,などこまごまとした問題片付ける必要があった


出振るい後軽微な不具合がいくつか見つかったが,一番気になったのが,鍵仕様更新処理失敗だった。領下十分な手定めをしたつもりだが,本番環境では一部1回処理更新出来なかった結果的に3回実行する必要があった開発者通類localStorage内容見ても交度見返しても心当たりがない

少し迷ったが,時間が経つにつれ重要性急速に低下する部分なので,調査打ち切ることにした。最も使用頻度高い常連用者達が出振るい後普通に使えていることから,深刻な問題発生していない判断した今後同様処理書く際の注意点として記憶しておく。

=}
{希哲16年4月7日}{👍}{輪結}{希哲16年4月7日の開発}{希哲16年4月7日の進捗}{ページ遷移無し}{停止する}{フォームの送信}{-webkit-tap-highlight-color}{妙な効果}...=}(75)

{希哲16年4月7日14歩 K#F85E/E74C-D3A9}

進捗時限記録中略

細かい装体調整など。

iOS上のSafariで,横方向での閲覧時に引き入れ輪郭が不自然に大きく表示される」という不具合報告があったが,確かに手元iPhone同様現象があり,気になっていたデライトの不具合にしては不可解なのでもしかしたら舞覧稀なバグなのかと思ったが,再現性があるらしいことが分かったため調査した。

結局諸場舞覧自動拡大機能であり,text-size-adjust-webkit-text-size-adjust)という制御用CSS プロパティまで用意されていることが分かった。以下のようにして解決

-webkit-text-size-adjust: 100%;
text-size-adjust: 100%;

もう一つ諸場舞覧気になっていたことに,輪結ボタンタップ時妙な効果入るというのがあったので,ついでに調べてみると,これも諸場舞覧特有機能で,-webkit-tap-highlight-color不可視出来た


スマホ弄っているうちに,iOSSafari全知検索ボタン動き付け止まっていることに気付いた

これはフォームの送信などで描画処理停止する Safari 特有仕様であることが分かったSafari の問題といえばそうだが,実用上の問題はなく,まともな解決策無さそうなので放っておくことにした。

全知検索整備方針定まったことだし,そろそろページ遷移無し輪郭一覧更新出来るようにしてもいい頃だろう。

=}
{SNS}{知番}{希哲16年2月19日}{輪結}{デライト}{用者}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月19日の開発}{本来の意味}...=}(131)

{希哲16年2月19日11歩 K#F85E/E74C-D1B5}

進捗時限記録中略前後

何気なくマイクロブログサービス用者ユーザー示せる記法欲しいという考え事をしていたら「外部サービス利用者記法」に発展したので,軽くまとめ終了

とりあえず分散型 SNS使われている記法拡張し,@[用者名]@[ドメイン名]汎用記法整備する方向進めることにした。


要は@user書いたTwitter輪結したり,@user@example.com書いた分散型マイクロブログ捌き手輪結してもいいのではないか,と考えたことがきっかけだった。

ここで一つ,@user@example.comhttps://example.com/@user必ず対応するのだろうかという疑問湧いた以前にもなんとなく考えたことはあったが,ActivityPub というか WebfingerURL引き出したり,面倒臭そう気がし進展しなかった。このあたりの仕様がどうなっているのか,いまだによく分からない

もっとも,ざっと見渡す限り分散型マイクロブログ捌き手は大体 https://example.com/@user になっているし,自分で Mastodon 捌き運営していた時も出放りはこれだったので,事実上の標準とみなしていいのかもしれない。


Twitter@user でいいかと思っていたが,いくら普及しているとはいえ,これは特定サービス寄り過ぎだろうということで,@user@twitter.com統一することを考えた。ただ,Twitterプロフィールページ正規 URLhttps://twitter.com/user だ。https://twitter.com/@user でも転送されるとはいえ,若干気持ち悪い

読み込み中...
{希哲16年2月14日}{デライト}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月14日の開発}{損われる}{本質的ではない}{記述しやすい}{珍しくない}{大規模サイト}...=}(65)

{希哲16年2月14日15歩 K#F85E/E74C-5780}

越化エスケープ周りの客体表現化考えるついでに文字参照の越化について再検討して終了

HTML 越化仕様決めた昨年5月20日12歩以来越化目的使う可能性がある文字参照のみを許容していたが,これは修正し,いったん全ての文字参照許容することにした。

4日21歩でも再検討したが,越化記法同様デラングにおける特殊文字白表方式管理するのは無理がある損われる保守性に対して利点乏しい

当初制危というより迷惑行為対策など運営上の都合必要になるのではないかと思っていたが,Wikipedia はじめ大規模サイト開放されている珍しくなく,少なくともデライト言語仕様にするほど必要制限とは言えない。文字参照制危上致命的な問題があればそれは舞覧問題だろう。迷惑行為対策としてもあまり本質的ではない

何か問題があれば制限する,で十分なはずなので,実装都合制限してもいいことにする。

文字参照には,表示入力難がある文字記述しやすいという有用性一応ある。

=}
{同様}

{}