{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{希哲15年}{希哲15年4月の月記}{希哲15年4月30日の日記}{頭が冴える}{好状況}{噛み合う}{状況の変化}{疑いの余地}{白紙化}{リスクを負う}...=}(166)

{希哲15年4月29日の日記 K#F85E/A-E74C-0257}

昨日から妙に気分ぐらぐらしているというか,気持ち身体が付いてきていないような感覚があった。この日も急に気分高揚したと思ったら急にぐったりするなどして,明らかに呼吸が乱れている様子だった。

昨晩の就寝中,軽い胸痛を覚えて少し寝苦しかった。一昨日デライトは数ヶ月以内に成功確実」などとんでいたのだから,体調が良くなる心当たりはあっても悪くなる心当たりはなく,珍しいことだが気のせいだろうと最初は思っていた。

結局,日中もいまいち調子が出なかったため,作業はほどほどに,じっくり状況気持ち整理することにした。


すでにデライト開発は十分な持続性確保し,仮にずっと収益目標達成が出来なくても死活問題にはならない,という状況にあった。

しかし,デライトの成功ではなく“希哲館事業の成功”を考えれば悠長なことはしていられない。多少のリスクを負っても早期に収益目標を達成しなくてはならない。その思いから11月1日としていた必達期限5月1日繰り上げ短期集中生活に入ったのが先月28日だった。

この短期間に多くの成果を得て,さあこれから正念場だという時に,負っていたはずのリスク消し飛んだ。6月末あたりまで,あと2ヶ月はこのままの態勢で問題なくデライト開発を続けられることになった。一昨日,27日に起きたのはそういうことだった。

多少の不安はありつつ,5月1日までの収益目標達成にもそれなりの勝算があった。その猶予が2ヶ月近く延びれば,達成出来ないことを想定する方が難しい。必達期限を繰り上げる前より4ヶ月以上早い達成見込みが出来たことにもなる。

安全着実に歩を進めていては達成出来るのが数年後になるかもしれない,という見込みだったから多少の無理にも意味があった。その数年が2ヶ月以内になるなら,この数日にデライトの成功を賭ける意味は全く無い。

1日までは既定路線頑張ろうという気持ちに反して,妙に脱力感が強いと思ったが,なるほど勝手に肩の力を抜いた身体の方が正しい


ここで,デライト収益目標における必達期限再設定をどうするか考える必要に迫られた。

黄金週間最終日まで延長するか,6月末まで延長するか……等あれこれ考えた結果,期限に関してはいったん白紙化,当面はこのままデライト高速化中心第三次宣伝攻勢を「無期限」で継続することにした。

そもそも,これまでの努力期限必達期限というのは,先行き不透明目標に対して,最大限努力するように方向付けるためのものだった。その必要を全く感じないほど視界良好だ。これまで視界を遮っていたが一気に晴れ,すぐそこに目標が見えているように感じられる。

もっとも,気を抜き過ぎたり,天変地異事故のような予測しえない事態に煩わされたり,万が一のことが無いとは言えない。6月末までの収益目標達成は,選挙でいえば「当選確実」に近い確度だ。理論上絶対とは言えないが,現実的には達成とみなして良いほどの確かさ,ということになる。

そして,現状総合すれば,収益目標達成はそのままデライトの成功と言える。つまり,デライトは「成功確実」の状態にあり,希哲館事業の成功に向けた確かな足掛かりが出来たことになる。

絶望的悲観から希哲館事業を始め,あらゆる極限状態想定して超高効率経営運用体制を作り上げてきた自分が,ここまで状況楽観視していることに自分でも驚く14年に及ぶ希哲館事業の歴史でも初めてのことだ。だから自分自身でこの判断疑いの余地は無い。

特に今年に入ってからというもの,急激状況心境の変化を繰り返し,何度目が回ったか分からないが,これは特大かもしれない。


今月中旬からの高速化中心としたデライト開発24日からの第三次宣伝攻勢が非常に上手く噛み合い安定感が出てきたこともこの確信に大きく寄与している。

特に第三次宣伝攻勢に関しては,もともと新生デライトを形にしてからという計画だったのを済し崩し的に開始した上,開始時期も予定より3日ほど遅れたことで,当初は成り行き不透明感があった。

始めてみると想像以上手応えが良く,懸念は早々に払拭することが出来た。まだ活動用者増加には十分繋がっていないが,しばらく停滞していた登録自我数も早速伸び始めている。

黄金週間を狙った作戦大当たりだったようだが,高速化を中心として臨機応変作業を進める方針への転換も,想定外好状況を導いたという点で大当たりだ。高速化前の現状整理功を奏した。


一日中散歩が出来なかったこともあり,約2ヶ月ぶりに陶練再開した。とはいえ前回も久しぶりの再開で一日で終わっているので,流石に体力がかなり落ちているのが分かった。

それでもやはり運動をするのは気持ちが良く,頭も冴える

これからは高位安定進捗を出し続けることが重要になるため,これまで以上に規則正しい生活心掛ける


ここまでの思考を書き出すには夜遅過ぎたので,まとめるのは明日にしてさっさと寝ようという頃,この日記実質の「デライト成功宣言」になるかもしれない,と思った。

30日振り返り日記

{浮上式隠し}{希哲15年4月12日の開発}{実出与え}{隠し管理}{握接頻度}{希哲15年3月中旬}{見通しの良い}{隠し実装}{散歩中}{希哲15年4月12日の進捗時限}...=}(59)

{希哲15年4月12日10歩 K#F85E/A-E74C-C35E}

散歩中KNEST 隠し設計方針について進展があったため,軽くまとめ。

KNEST 隠し実装2月9日再開してからまた停滞していた。デルンデライト最適見通しの良い隠し実装について少し迷いがあった。

先月中旬頃だったか,自我情報の取得が削りやすいことに気付き,自我の隠し化から着手しようとは思っていた。比較的少数で全ての輪郭に関わり,出与え量は少なく更新頻度も低いため,最も隠しとして利用しやすい。

難しいのは輪郭ページ単位での隠し化で,とにかく膨大握接分散するため,自我と異なり工夫が必要になる。

少なくとも,握接頻度で隠し全体を一定の大きさに保っておかないと破綻するのは目に見えている。

ここで,握接のたびに浮上して,一定数を越えると沈んでいるものから破棄されていくようなリスト連想配列とは別に持っておくことを考えた。効率的理積み(特に重複の削除)は別に考える必要があるが,これなら隠し管理をだいぶ単純化出来る。

各隠しには隠し化した時点の時印を持たせておくことも考えていたが,これは応付にしておく。サービスの性質上,実出与え反映時間差を持たせたくない場面も多く,一律に持たせても無駄な出与えになる可能性が高い。

{目薬}{続かない}{肌の手入れ}{小皺}{まじまじ}{花粉症風}{希哲15年3月5日}{目のかゆみ}{第三次生活習慣改善}{はっきり}...=}(48)

{希哲15年3月5日の日記 K#F85E/A-E74C-1452}

先月15日頃から感じ始めた微妙な目のかゆみだが,怪我の功名というべきか,これのおかげで少し停滞していた第三次生活習慣改善再始動している。

波はあるが概ね我慢出来なくもない目のかゆみ,ごくたまに出るくしゃみ鼻水という花粉症風症状だが,もともと自覚症状として花粉症になったことがなく,今のところ医者にかかるほどの辛さでもない。

慢性的不摂生が続き,これ以前から目の疲れかすみも気になっていたので,生活全体を見直す必要を感じる。

まじまじのあたりを観察してみて,いままで気にしたこともなかったような小皺が出来ていることに気付いてから,また肌の手入れを心がけるようになり,むしろ肌質改善したりしている。

今日は久しぶりに目薬を買ってきた。特に花粉症用ではなく,幅広く効能のありそうなものを選んだ。眼精疲労対策は色々考えてきたが,どういうわけかしばらく目薬というものの存在を忘れていた。

昔から点眼習慣付けようとは思っては面倒になってやらなくなる,ということを繰り返している。考えてみると,あまり目薬効果実感出来たこともなかった。おまじない感覚ではどうしても続かない若さのおかげで実際必要なかったのかもしれない。

久しぶりに目薬を差してみると,かなり視界はっきりする感覚があった。目薬の良い再発見になった。

=}
{嬉しい発見}{かくれんぼ}{あれ}{希哲15年1月18日の日記}{希哲館累新}{希哲15年1月19日}{肩の力}{千年の集約}{デライト累新}{久しぶり}...=}(45)

{希哲15年1月19日の日記 K#F85E/A-E74C-F70C}

昨日の日記を付けながら,デライト累新希哲館累新でもあり,「千年の集約」でいうところの累新に,希哲館黄金期近代化過程相当することに気付いた。

最近,こんなことをぼんやり考えながら時が過ぎてしまうことが多い。がよほど情報整理しようとしているのか,少し思考に引っかかりを感じて手を止めると,そのまま何時間も経っていたりする。そのせいで開発も少し停滞気味だ。

経験上,こういう時は「待つ」以外にこれといった対処法が無いことは分かっているが,流石にそろそろ手を動かしたい。

そう思いながら,デライト公式希哲館訳語についてツイストを書いていた。相変わらず,独自性という言葉陳腐に感じるほどの異形ぶりに,自分は日本の中心部にありながらどんな環境で育ってきたのだろうと改めて感じていた。

あるツイストを書き終えた瞬間、なぜか,幼少期かくれんぼで大人達を困らせた記憶が蘇えってきた。希哲館事業というのは,自分にとってずっとそんな「わくわく」する悪戯だったのかもしれない。一夜革命なんて,やたら壮大なだけでまさにかくれんぼではないか。久しぶりに「三つ子の魂百まで」という言葉を思い出した。

急に童心にかえったような気分になり,すっと肩の力が抜けてなんだか笑えてきた。

気付いてみればこんな単純なことに今まで気付かなかったのか,気付いたことを忘れているのか,灯台下暗しということもあるから分からないが,変に嬉しい発見だった。

これだから思索はやめられないのだろう。

{希哲14年7月4日}{希哲14年7月4日のツイスト}{日本の情技産業}{ツイスト}{隆盛}{状況}{停滞}{基盤}{憂う}{必要}...=}(12)
{希哲14年5月の月記}{デライト周辺調査}{希哲14年5月16日}{『希哲日記』}{開発作業}{没頭}{結論}{停滞}{日記}=}(9)
{停滞}
{}