{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{健康管理技術}{最大の売り}{聴き飽きた}{記録技術}{考えるべきこと}{健康への第一歩}{健康への近道}{最良の技術}...=}(71)

{心身の“黄金状態”と健康管理技術としてのデライト K#F85E/A-E74C-DD9C}

私は,心身の理想状態を「黄金状態」と呼んでいる。生活において,この黄金状態を維持することが究極の目標であり,そのための最良の技術デライトだ。

話題健康食品だとか魔法のような健康法に飛びついてしまう人は多いが,健康において“特効薬”は無い。食べてさえいればいい健康食品など無いし,やってさえいればいい健康法も無い。これを悟ることがまず健康への第一歩だ。

そして,網羅的かつ継続的観察記録改善のほかに健康への近道は無い。全ては適度調和的実践する必要がある。

いつ何を食べ,いつどのくらいて,運動はどの程度して……と,生活上のあらゆることを観察記録し,身体に良さそうなことは片っ端から全てやり,身体に悪そうなことは片っ端から全て止める。健康において考えるべきことはこれだけだ。


これを実践する上で,デライト以上の道具もやはり無い。デライトほど柔軟に細かな情報が扱える記録技術が無いからだ。実際,私はデライトによって黄金状態を得ることに成功している。

この状態に入ると,身体的には健康そのものだし,も,まさに“黄金”のようにいている。精神的にも,ときどき自分が知らないうちに薬物でも摂っているのではないかと思うほど頭脳は活性化し,多幸感に満ちている。ちなみに,薬物どころか煙草もやらない人間だ。脳内麻薬の究極形なのだろう。

黄金状態で特に面白いと思う現象の一つに,「身体感度の鋭敏化」と呼んでいるものがある。

例えば,音楽を聴いてみると,びっくりするほど大音量に聴こえて音量設定を確認してしまう。聴き飽きたと思っていた曲が,なぜかことごとく感動的に聴こえてくる。近所の見慣れた風景も,妙にキラキラいて見え,世界遺産に劣らない絶景のように思えてくる。

実は,この黄金状態こそデライト最大の売りになるのではないか,と以前から思っている。まだ私の個人的な体験に留まっているし,私にとってもこれを維持するのは難しいことなので,どれだけ多くの人に体験してもらえるのかまだ分からない。

とはいえ,デライトを健康管理技術として利用してもは無いだろう。まずは小さなことからでも,ぜひ健康増進役立てて欲しい。

{第三次黄金状態の回復}{第三次黄金状態}{整えた}{定常化}{忘れそう}{よく分からない}{温かい快感}{粗探し}{成り行き任せ}{親玉}...=}(88)

{希哲15年6月7日の日記 K#F85E/A-E74C-2F4A}

一日の間に,第二次黄金状態から第三次黄金状態への移行観測,これをもって「第三次黄金状態の回復」とした。

経験上新黄金状態では時間の体感密度が数倍になる。この一ヶ月が数ヶ月にも感じられるわけで,時期状況を踏まえれば極めて大きな収穫と言える。


日中は,輪郭整備から朝の一日一文への流れも非常に上手く行き,以降は握接遮断をすることで集中力維持成功デライト開発にもよく集中出来た。ただ,から些細なことで苛立ちを感じることが多いのが不思議だった。

変化を感じ始めたのは,夕方散歩に出た頃からだ。

第三次生活習慣改善が進んでからもなかなか改善しなかった胃腸の調子睡眠の質右目の三重瞼など,こまごまとした問題にも改善が見えるようになり,いよいよ問題という問題も無くなってきた。しいて気になることと言えば,食事がまだ成り行き任せなことくらいだが,もはや粗探しに近い。

組計スケジュール環境もほぼ完璧に整っている。これはもう「黄金生活」と言っていいのではないか。雑魚一掃し,あとはデライト収益目標達成という親玉を残すのみという状況だ。自然と焦点も定まってくる。

……そんなことを考えながら歩いていると,身体奥底から温かい快感が湧き出し,全身を満たしていくような感覚を覚えた。この感覚は,間違いな第三次黄金状態のそれだった。

面白いことに,苛立ちからの発現過程が最初に第三次黄金状態を体験した時によく似ている希哲14年7月4日の日記


昨年末の日記で,一時失なっていた黄金状態取り戻したというようなことを書いている。それから1月までは黄金状態についての言及がいくつかあるが,それ以後は黄金状態について書かなくなっている。体調記録にも「特に異常無し」とだけ書くことが多かった。

その頃から状況心境の変化が激しくなり,自分の状態冷静認識することが難しくなっていた。変わっているのか,変わっていないのか,変わったとしてもそれがごく一時的なものかもしれず,そもそもそんなことを考えている余裕が無いことも多く,そうこうしているうちに黄金状態の感覚も忘れそうだった。簡単に言えば「よく分からない」状態だった。

思い出してから振り返れば,この間はせいぜい第一次黄金状態がほとんど,ときどき第二次黄金状態がある程度だっただろう。第三次黄金状態があれば記録していないわけがない。

新黄金状態自体,もともと超黄金状態規則正しい生活の中で定常化したものだ。生活不安定化している時に得られるものではないのだろう。

これも,「黄金生活」などという言葉が頭に浮かぶくらいに生活整えた成果か。

8日振り返り日記

{舞覧環境}{希哲15年6月6日}{21時就床}{輪郭整備}{朝の一日一文}{迷った}{快調期}{中途覚醒}{第三次生活習慣改善}{握接遮断}...=}(45)

{希哲15年6月6日の日記 K#F85E/A-E74C-A44F}

理想的21時就床生活律動にもだいぶ慣れ昨日までに組計スケジュール環境万端い,これで万全の態勢が出来た,と意気揚々に一日を始めたものの,いまひとつ進捗は伸びなかった。とはいえ,これだけ状態が良いので流石に「上の下」ではある。

急速気分緩和した時に起こりがちなことだが,やや思考散漫だった。

快調期に入りあまり必要性を感じなくなったことと舞覧環境更新3月15日7歩したことでいったん解除していた握接遮断を明日から再開してみることにした。明日から朝の一日一文前に輪郭整備も始めることにしたので少し迷ったが,情報収集必要時間帯作業集中したい時間帯で切り替えるなどしてメリハリを付ける。

その他,良い兆候としては,ここ数日で睡眠の質改善が見られる。中途覚醒が減り,熟睡感が得られるようになってきた。第三次生活習慣改善後もなかなか改善せず課題と感じていた。

=}
{希哲15年5月の月記}{右目の三重瞼}{希哲15年5月25日}{振り返り日記}{第三次生活習慣改善}{贅沢な悩み}{はっきり}{2日間}{『希哲日記』}{デライト開発}...=}(19)

{希哲15年5月25日の日記 K#F85E/A-E74C-FB7C}

また一日外出。この2日間で,6月一杯まで落ち着いてデライト開発を進めるための仕事をしてきた。これも幸運なことだった。


生活習慣改善成果か,昨年から気になっていた右目の三重瞼はっきりとした改善が見られ,嬉しかった。贅沢な悩みだが,色々な問題解消するにつれ余計気になっていた。

26日振り返り日記

=}
{希哲15年5月24日}{三重瞼}{体調記録}{体調}{右目}{改善}=}(6)
{Dex 改良}{記法処理範枠}{記法処理}{記法実装}{行処理}{希哲15年5月18日}{リスト記法実装}{デバッグ出力整備}{埒が明かない}{デラング不具合修正}...=}(28)

{希哲15年5月18日の開発 K#F85E/A-E74C-8B00}

デラング整備Dex 改良

今日から「Dex 改良」に入った。

デラング不具合修正から視野を広げて記法実装に入った理由に,Dex_T整理方針がまとまらない,ということがあった。

Dex はあらゆる記法処理範枠フレームワークでもあるため,特定の記法の不具合だけを見ていても埒が明かない。そこである程度全体像を明らかにするために記法実装を進めてきた。リスト記法実装がある程度の所まで来て必要なものが見えてきた。デバッグ出力整備を経たのも大きい。

最初は Dex_T の中心的な行処理改良しようとしたが,今日は結果的に全体的な理腑リファクタリングとなった。混沌とし始めていた Dex_T がかなりすっきりし,見通しは大きく改善した。

{改善}
{}