{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{歴然たる差}{彼我}{日本人思想家}{東洋趣味}{哲学学}{日本人批判}{悩んだ}{許される}...=}(123)

{自分自身についての研究 K#F85E/A-E74C-7BFB}

この一日一文という日課再開してから改めて強く感じることは,私にとって最大の関心事は私自身だということだ。

確かに,釈迦孔子ソクラテスキリスト……その他高名歴史上思想家達の思想生涯よりも,自分自身が体験した「閃き」の方が私には気になる。あの閃きの起源真の可能性探究することが生涯の仕事になるのだろうと思う。

10代の頃から世界中思想について情報収集してきたが,ほとんど自分自身の体験だけを元にここまで思想展開し,独自の技術まで開発している人間なんて他には思いつかない。「独創的」という日本語賞賛に近い響きを持っているので自分で言うのはすこし憚られるが,「世界で最も独自的な思想家」くらいのことは言っても許されるだろう。

もっとも,“独自性オリジナリティ”というのもここまで来ると実際病気に近いものがあり,一概に褒められたものではない。この独自性のせいで自殺を考えるほど悩んだこともあるし,この独自性から生み出したデライトはその独自性ゆえに苦労しているわけだ。私が希哲館事業を「精神の癌」と呼んできた所以だ。


それでも,私がこの極端なまでの独自性に希望を見出しているのは,しばしば「独自性の欠乏」を指摘される日本で,閉塞感突破口を一つでも多く作りたい,という思いがあるからだ。

日本は紛れもなく“個性的な”だ。外国人は,お世辞もあるだろうが「日本人ユニークだ」などと言ってくれる。ただ,日本人自身は,その個性の大半が,個人によるものではなく,みんなで同じことをやっていたら世界的には珍奇なことになっていた,という類のものであることを知っている。ガラパゴスというやつだ。

思想哲学分野で昔からありがちな日本人批判に,外国思想思想家についての研究者は多いが,独自の思想を持つ日本人がほとんどいない,というものがある。日本人がやっているのは「哲学」ではなく「哲学学」に過ぎないのではないか,というわけだ。

これはいまだに重い問いだと思う。「日本の個性的な思想家」というと,武士道やらやら外国人東洋趣味に訴えるような人であったり,サブカルのような「隙間」で活躍する人ばかりが思い浮かぶ。世界史ど真ん中で,例えば,ルソーカントマルクスなどと肩を並べられる日本人思想家が一人でもいるか,という話なのだ。

私は,10代の頃から哲学情報技術の両方に関心を持っていたので,日本の情技(IT)業界にも同じような「日本病」があることに,割と早く気付いた。

情技業界でも,やはり外国から来た技術流行について日本人敏感で,非常に勉強熱心だ。知識量では決してアメリカ人に負けていないだろう。ではなぜアメリカにここまで水をあけられているのか。外国人が作ったものを勉強することは出来ても,世界中で勉強されるようなものをなかなか作り出せないのだ。

こんなことを言うと,特定分野で一応世界的に名の知られた日本人を引き合いに出して反論したくなるかもしれない。しかし,これも先の思想家についての問題と同じで,ではジョブズゲイツのような経営者ドナルド・クヌースケン・トンプソンのような技術者と並び称される日本人が一人でもいるだろうか,と考えてしまうと,残念な結論しか出ない。

あの凄いアメリカ企業出世した,あの凄いアメリカ人知り合いだ,この業界での「凄い日本人」の話は大抵こんなものだ。気休めを言ったところで,彼我歴然たる差は認めるしかない。


ただの日本人批判をするつもりはない。

私は,個人性格にも,いわゆる国民性にも,一概に優劣をつけることは出来ないと思っている。実際,日本人は,この日本人らしさで,一番ではないにしても十分な成功を収めてきた。しかし,向き不向きはある。今の日本人は,明らかに知識産業には向いていない。これからの知識産業時代適応出来ない。ではどうすればいいのか。

やはり,日本人自身が,日本から世界に向けて,「誰も投じたことのない一石」を投じなくてはならない。成功するにせよ失敗するにせよ,希哲館事業もその一石には違いない。だから,少なくとも希哲館事業が日本にある限り,日本にはまだ可能性がある,と私は思えるのだ。

アメリカ人は,ぼろぼろ吊り橋を平気で渡っていく。日本人は,それをずっと後ろの方で様子見して,石橋が出来てからそれを叩いて渡る。これでは勝てないのが情技産業知識産業だ。

世界のど真ん中で,誰もやらなかったこと,誰もやれないことを誰よりも先にやり,誰も見たことがないものを誰よりも先に見る。いま日本が必要としている“独自性”というのは,突き詰めればそういうことなのだと思う。

{希哲15年5月8日のツイスト}{希哲15年5月8日}{解決法}{KaTeX}{渡括記法}{検討}{ツイスト}{「描写」}{展開}{画像}...=}(13)
{希哲15年4月の月記}{活かせる}{精神的支柱}{頭を抱える}{巨大さ}{希哲15年4月2日}{一日一文の再開}{救われる}{献典}{閃いた}...=}(35)

{希哲15年4月2日の日記 K#F85E/A-E74C-3FCA}

この頃,と言っても,あまりに日々の展開が速いのでここ数日のことだが,デライト希哲館事業構想救われつつあることを実感している。

希哲館事業のあまりの巨大さ複雑さに,どこからどう世の中に伝えていけばいいのか……と頭を抱えていた希哲12年の終わり頃に閃いたのがデライトだ。それからこれまで,デライトが希哲館事業を救い,希望をもたらし可能性を広げてくれた。もちろん,デライトの背後には常に希哲館事業があり,精神的支柱であり続けていたが,その構想前面に出すのは時期尚早だろうと感じていた。

それがここに来て,希哲館事業構想がむしろデライト牽引する献典になり得るのではないか,と考えるようになった。一日一文の再開も考え始めたばかりだが,デライトが希哲館事業膨大蓄積効果的発信出来る媒体になりつつある。まさに相乗効果という感じだ。

何より,これまでの人生事業の全てが,デライトを通じて余すところなく活かせる,というよろこびに勝るものは無い。

3日振り返り日記

=}
{希哲15年3月29日8歩}{寝食を忘れる}{極めて重要}{調整期間}{デライト開発者}{視野の狭さ}{血が巡る}{希哲15年3月28日}{希哲館仮本館}{収益目標未達}...=}(101)

{希哲15年3月28日の日記 K#F85E/A-E74C-5782}

意を決し,この日から4月10日までの短期集中生活に入ることにした。デライト収益目標達成必達期限11月1日としていたが,努力期限としていた5月1日を必達期限に置き換える。つまり,この一ヶ月決着を付ける覚悟をしたということだ。

4月最後の12週間ラストスパート的な短期集中生活に入る可能性想定していたが,入らなくて済む可能性も残していた。あくまでも努力期限として,収益目標未達になることも無論想定していた。失敗出来ない状況になれば短期集中生活に入ることは避けられず,どうせ入るなら早い方が良い。新生デライトをある程度形にしておきたい4月上旬まで,偶然にもこの日からちょうど14日間だった。経験上,容易生活律動矯正出来る限度だ。連日興奮気味でどの道まともに眠れそうにないということもあった。

このごろ,デライト希哲館事業全体に累新ルネサンスをもたらしているように感じる初心に返ってみることが多くなったり,長年死蔵していた物事が続々と息を吹き返している。デライトが心臓となって事業全体に再び血が巡ってきたようだ。

デライトの成功焦点を絞り,あらゆる利素をデライトに注ぎ込んだ成果と言えるだろう。このデライト集約によって立ち塞がっていた突破することが出来たのは間違いないが,ずっとこのままというわけにもいかない。デライト開発快調に進むにつれゆとりが出来,視界が広がってくると,今度はその視野の狭さ足枷になってくる。

と言っても,このことにはっきり気付いたのはついさっきのことで,そのきっかけはつい前日,希哲館本館構想急速具体化してきたことだった。あえて目隠しをしていたようなものとはいえ,希哲館事業全体に対する視野を失っていたことの意味に気付かされた。

希哲館事業の成功デライトの成功は必ずしも一致しない。デライトの成功が確実になる代わりに希哲館事業の成功が皆無になる道と,デライトの成功が危うくなる代わりに希哲館事業の成功が雀の涙ほどありうる道があれば,迷わず後者を選ばなければならないのが希哲館執務長という立場だ。私はデライト開発者である遥か以前に,執務長として希哲館事業の成功に責任を負っている。

そう考えれば,今の歩みは明らかに遅過ぎる5月1日までの収益目標達成に失敗すれば多少の調整期間を挟む必要があり,6月7月とずれ込んでいく可能性が高い。それでも必達期限は11月1日なのだからまだまだ余裕がある。それに失敗しても生活に困るわけでもなく,デライトは細々と運営していける。何年か後に成功していれば世間的には大成功で,それはまず確実なのだから焦る必要は全く無い。心のどこかにそんな気持ちがあったことは否めない。希哲館執務長ではなくデライト開発者になっていたからだ。

デライト極めて重要希哲館事業一環ではあるが,所詮は一環だ。デライトの成功は,希哲館事業の成功爪先にも及ばない。その後にやらなければならない仕事デライト開発の何百倍とある。デライト収益目標達成ごときにてこずっているわけにはいかない。

最近,日々の展開のあまりの速さに目が回るなどとよく書いていたが,これも今思えば情けない泣き言だ。実際,昨日大きな心境の変化があったかと思えば,今日また新しい心境が開けるのだから,頭の中洪水のようだ。前日の考えをまとめるだけで半日かかっている。宇宙飛行士訓練ではないが,これは慣れるべきことなのだろう。むしろ,毎日加速を続けなければ寿命千年あっても希哲館事業の成功を見ることは出来そうにない。

来月10日までは寝食を忘れてでも頭が働く限り開発に専念し,誰に見せても恥ずかしくない新生デライト5月1日までの収益目標達成を確実にする。11月1日には希哲館仮本館が出来ているくらいの勢い加速し続けたい。

29日振り返り日記

{デラング}{デライト宣伝}{独走状態}{変わった}{収益目標未達}{希哲15年3月23日}{第二次デライト市場戦略}{「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」}{Dex}{新デラング実装}...=}(50)

{希哲15年3月23日の日記 K#F85E/A-E74C-2C21}

桜並木もそろそろ満開になるかという頃だが,すでに気分デライトの春という感じだ。

収益目標未達のままで,いつ,何がそんなに変わったのか,あまりの展開速さに自分でも整理しきれていなかったが,やはり新デラング実装からだろう。

思えば,知能増幅サービスとしての絶対的自信とは対極に,普通のメモサービスとしての品質には不安を抱え続けていたのがデライトだった。これは第二次デライト市場戦略で生まれた「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」という獲句が端的に表している。

その不安の中心には,デラング改良現実的見通しが全く立っていないことがあった。メモサービスという土俵において,旧デラング実装貧弱さではどうしても見劣りする。ここは開き直るしかなかった。

ところが,今月に入ってからのデライト開発快調とその調子に乗って始めた数式対応きっかけDex 構想が出来,一気に状況が変わった。

十二分自信が出来たことで,まだ本格的デライト宣伝が始められていないことすら面白く思えてきてしまう。意外にも焦燥感のようなものが無い。独走状態が長く続けばそれだけ優位性になるとすら思える。

今のデライトはまさに完成目前の一夜城だ。

=}
{デライト高速化}{戦えそう}{希哲15年3月20日}{希哲15年5月1日}{希哲15年3月15日}{Dex}{デラング整備}{デライト収益目標達成}{デライト文書整備}{努力期限}...=}(37)

{希哲15年3月15日の日記 K#F85E/A-E74C-81D8}

今日も半休にし,今後の計画を見直したり,普段なかなか出来ない作業環境整備雑多考え事をしながらのんびり過ごした。思っていたより気楽に過ごせたのは気持ちゆとりが出来ていたからか。

今月も半分まで来たが,デライト開発は例によって凸凹で,想定より進んでいない部分,想定をはるかに越えて進んでいる部分がある。総合的には快調と言っていいだろう。

特に,直感で始めた Dex によるデラング整備文書整備にも高速化にもつながっているのは予想しなかった展開だ。

とりあえず20日まではこのまま開発没頭して,20日時点の様子次第で月内に収益目標達成決着を付けるか,5月1日まで努力期限を延ばすか決めることにした。延ばしてもまだ半年早い。

週はまたいでしまったが,昨日の半休と合わせて先週分の休養も取れ,作業環境綺麗になり気分一新出来た。明日からまた元気戦えそうだ。

=}
{Firefox}{希哲15年3月15日の開発}{about:profiles}{開発通類}{Mozilla Firefox 86.0.1}{Mozilla Firefox 62.0.3}{libxkbcommon}{希哲15年3月15日の進捗時限}{希哲15年3月15日}{希哲15年3月}...=}(35)

{希哲15年3月15日7歩 K#F85E/A-E74C-CD54}

SLFS常用している Firefox62.0.3のまま更新していなかったため,最新版86.0.1に更新した。

書庫展開するだけで普通に動いた。プロファイルabout:profiles から引き継げた。古い版存台録名だけ変えていつでも試せるようにしておいた。

Chrome も試してみたが,こちらは案の定,libxkbcommon必要と言われ,入れようとしたら Python の更新が必要と言われ……と依存性地獄に引きずり込まれそうになったため中断

このあたりの差は,SLFS 構築の経験から Firefox評価するようになった一因だった。

Chrome は動作確認に使うくらいなので Windows 仮想機を使えばいい。

古い版存を使うことで非対応ブラウザの多い付徴をうっかり利用せずに済むという利点もなくはないが,やはり開発通類など他の面で最新版が欲しくなることが多い。

=}
{デライト高速化}{Dex}{希哲15年3月10日の開発}{つづきボタン}{描写後略機能}{描写後略}{部区の切り分け}{デラングの問題}{希哲15年3月10日の進捗時限}{希哲15年3月10日の進捗}...=}(60)

{希哲15年3月10日2歩 K#F85E/A-E74C-93F5}

デラング整備

途中で終了。

Dex 実装にあたって,任意文字数を基準とした描写後略機能導入を考える。

現状,描写は全て出力しているため,通信処理効率の点でかなり無駄がある。

描写後略は単に特定の長さで切ればいいというものでもなく,部区途中や残り部分が短か過ぎる場合などにも対応する必要があり,部区の切り分けが出来ていなかったデラングの問題でもあった。

Dex によってこの問題解決見通しが立ち,デライト高速化にも寄与するだろう。

実装としては,解析時に指定文字数を基準に多少の調整をして目印を付けておき,それを元に出力し分ける形になりそうだ。

用合い上は,基本的には現状維持で,描写部が長過ぎた場合に「...つづき」という形のつづきボタンを表示,押すとその場で残りが展開される,という形を想定する。

輪郭ページへの輪結で済まそうかと思ったが,一覧しながら少し内容確認したいだけでも画面遷移発生するのは若干煩わしい

そもそも現状の高さ固定スクロールさせる方式苦肉の策でもあったため廃止検討してみたが,これはこれで有用なので維持することにした。

最初に取得しておくべき献典の長さと,輪郭一覧で表示しておきたい長さは必ずしも一致しない。一覧性を損わない長さに描写そのものを切り詰めると内容が掴みにくくなり,つづきボタンが無駄に押される可能性が高い。

描写部の高さの2〜3倍は取得しておいていいだろう。

スクロール方式なら展開しっぱなしでも邪魔にならない,というのも大きい。

{展開}
{}