{目が覚めない}{悪弊}{希哲15年8月2日のツイスト}{希哲15年8月2日}{強く}{Unix 文化}{ツイスト}{Visual Studio Code}{台頭}{敗北}...=}(12)
{デライト市場戦略}{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{あれ}{システム設計}{Notion 一強}{Notion の流行}{対 Notion 戦略}{対 Roam Research 戦略}{高機能メモサービス}...=}(59)

{デライトの対 Notion 戦略 K#F85E/A-E74C-4A71}

デライト市場戦略では現在,対 Notion 戦略最重要視している。

もっとも,“個人知識管理サービス”あるいは“高機能メモサービス”に分類されるようなサービスがいま対 Notion 戦略を最重要視していないとしたら,それはそれで問題だろう。それほど Notion の勢いは他を圧倒している。

では,個人知識管理サービス市場はこのまま Notion 一強に落ち着くのだろうか。私はそれも違うと思っている。Notion の勢いを上手く利用して,台頭してくる“次”が十分にありうる。その位置に誰がつくか。これこそ,今この分野で行なわれている最も重要競争だ。


昨年,本格的な市場調査を始めてから間もなく,デライトでは対 Roam Research 戦略中核とするようになった。Roam Research階層構造ネットワーク構造統合しようとしている点でデライトに似ているように思えた。

その後,Roam Research がやや伸び悩みがちになってしまい,代わりに Notion急速人気を集めるようになった。

実は,当初デライト市場戦略では Notion をほぼ完全に無視していた。多機能主義的な Notion に対して,「最小高機能主義」を志向するデライトは全くの別物に見えたからだ。お互い,全く違うところを目指しているのだから,競争することもあるまいと思っていた。

しかし,これまで話題性に乏しかった個人知識管理サービスという分野で,Notion の流行利用しない手はない。そこで,Notion とデライトの違いを上手く使って売り込む戦略を考えるようになった。


Notion に対する熱狂はそう長くは持たない,と私が考えている主な理由に,Notion の「」がある。

Notion は自分だけの型を作れるサービスだ。それが楽しいという人も多いし,そこで躓く人も多い。自分の思い描いていたように情報管理出来る……Notion が実現したこの「」が,実は個人知識管理という観点からは落とし穴になる。

(なぜ落とし穴になるのか,というのは一日一文で語り尽くせることではないので,なぜに型が無いのか,なぜシステム設計難しいのか,といったことから各々考えてみて欲しい)

それに多くの人が気付く時は必ず来ると思っているが,それがいつになるのかは分からない。早くとも数年はかかるかもしれない。結局,そんなことは自分で実践してみて,にぶつからなければ分からないことだからだ。

ただ指をくわえて待っているわけにもいかないので,デライト山積する課題を片付けながらその時を待ちたい。

{おらが村自慢}{2年前}{N10K 騒動}{Roam Research}{Notion}{個人知識管理サービス}{知識管理}{ガチ}{井の中の蛙}{デライト}...=}(18)
{希哲15年1月11日のツイスト}{希哲15年1月11日}{盤本企業}{Twitter}{ツイスト}{GAFA}{台頭}{博府}{朝廷}{武力}...=}(14)
{希哲14年7月12日のツイスト}{希哲14年7月12日}{マイクロソフト}{存在感}{ツイスト}{保守的}{一強}{GAFA}{傘下}{Instagram}...=}(14)
{Roam Research}{Obsidian}{開発途上}{Windows 版}{希哲14年7月9日}{希哲14年7月9日のツイスト}{obsidian.md}{個人機}{ツイスト}{感触}...=}(11)
{Roam Research}{希哲14年5月17日}{希哲14年5月17日のツイスト}{個人知識管理サービス}{ネットワーク構造}{ツイスト}{顕在化}{階層構造}{鳥瞰}{台頭}...=}(15)
{希哲14年4月18日のツイスト}{希哲14年4月18日}{行動する人}{頭が良い人}{ツイスト}{後塵を拝する}{台頭}{成功}{欧米}{アメリカ人}...=}(12)
{台頭}
{}