{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{希哲15年5月の月記}{組計調整}{希哲15年5月23日}{希哲15年6月下旬}{第四次宣伝攻勢}{デライト収益目標達成}{新生デライト}{『希哲日記』}{開発作業}{仕上げる}...=}(13)
{一日一文}{希哲15年4月の月記}{落ち着かない}{発信手段}{体感表示速度}{デライト小理腑}{Aejs の iframe 干渉不具合}{追記系道手}{挿入系道手}{一日一文の再開}...=}(67)

{希哲15年4月10日の日記 K#F85E/A-E74C-2B07}

昨日の時点で疲労の蓄積限界に近付いていたが,今日もやはり疲労感が強かった。だらだら一日一文を書いたところで気力が尽きてしまった。

これ以上は無理をしても非効率なだけと判断24時を過ぎたところで一日のまとめに入り,短期集中生活を終えることにした。待っ読ボタン実装は手を付けたばかりのところで中断した。尾を引かない短期集中生活は経験上2週間限度と見ていたが,今回もそれが実証された。

今回の短期集中生活でも想定より出来たことと出来なかったことがあるが,今出来るだけのことを全力でやってみて,その結果早期に得られたということが何よりの意義だ。これを踏まえて,今後の組計最適化していくことが出来る。

先月28日からの2週間開発上の主な収穫は,共有ボタン完成30日),窓間同期仕様進展(〃),Aejs の iframe 干渉不具合解消(31日),@icl() 実装改良1日),画像補完実装改良(〃),追記系道手挿入系道手整理2日),小理腑による保守性体感表示速度の大幅向上(3日8日)……等々と,やはり想定外だったことが多い。気付くべきことに早く気付けたということでもある。

開発以外では,一日一文の再開7日)も大きい。今後,有力発信手段になる可能性を感じている。

次の焦点は,20日までにどれだけ高い水準で新生デライト仕上げられるかだ。小理腑などで開発効率は大きく改善しているので,これを最大限活用したい。


疲労のせいか,今日の一日一文は妙に内省的というか,自分向けに書いてしまった感がある。まあ,キリの良いところでデライトの現状再認識出来たので丁度良かったのかもしれない。

しかし,れば確実勝てるという状況でも,勝つまではこんなにそわそわした気分落ち着かないものか。

{気分的}{希哲15年4月下旬}{黄金週間}{年度始め}{年度末}{希哲15年3月25日}{希哲15年3月24日}{希哲15年4月中旬}{希哲15年5月1日}{デライト収益目標達成}...=}(45)

{希哲15年3月25日の日記 K#F85E/A-E74C-DB96}

気分的4月1日を一つの節目にしたいと思っていたが,考えてもみれば,世間では年度末忙しい人が多い時期だ。気持ちゆとりが無ければデライトのようなものを試せるはずもなく,宣伝攻勢には全く適していなかった。

奇しくも,デライト収益目標達成努力期限を単純に1ヶ月延期しただけの5月1日ゴールデンウィーク3日目で,開発集中することにしていた4月中旬までを過ぎれば年度始め慌しさが落ち着き始める。このことにも気付いていなかった。

4月中旬までに新生デライト完成させ,下旬までには第三次宣伝攻勢開始5月1日までには結果を出す……これが計らずも最適組計になっていたわけだ。黄金循環から黄金週間へ,というのも出来過ぎている感があるが,まあ持ち辺のために青写真は出来過ぎているくらいで良い。

寝不足気味が続いている上に昨日目まぐるしい進展があり,若干の気疲れを感じていたため,今日は今週分の休日にした。状況もよく整理出来たので,ここでいったん呼吸を整えたい。

{デライト宣伝}{デライト文書整備}{閃き}{六大奇跡}{最大の奇跡}{最初の奇跡}{最後の奇跡}{五大奇跡}{希哲15年1月29日}{描出宣伝}...=}(62)

{希哲15年1月29日の日記 K#F85E/A-E74C-9172}

週に一度の休日。気ままに描出をして過ごした。

最近,黄金循環によって描出宣伝期待出来るようになったことで描出思考が増え,自然暗黙宣伝ツイスト宣伝が減っている。ちょうどいい節目なので,昨年10月20日から始まった第二次宣伝攻勢はここでいったん終了とし,2月中に新生デライトとしての体裁を整えてから第三次宣伝攻勢を始めることにした。

宣伝停止までする必要はないが,第三次宣伝攻勢まで Twitter を絡めたデライト宣伝適宜不定期でいいとして,当面は開発文書整備集中する。

一昨年よく使っていた「デライト仮公開」や「デライト再公開」という用語について整理するため日記開発記録を読み返していると,当時の思考感情が驚くほど鮮明に蘇ってきた。「発明疲れ」と言うほどのアイデア爆発デルン三大整理……一日であの一年再体験したようで,せっかくの休日だというのに少しぐったりした。

昨晩ふと思いついてから,これまで自分の身に起きた奇跡ような出来事について数えたりもしていた。

今となってはありとあらゆることが奇跡のように感じられるが,最初の奇跡だった閃きから,希哲館事業がここまでの形になったこと,時代土地家系容姿にまつわること……特に信じがたかったことだけを挙げても五大奇跡六大奇跡くらいはある。

これらに続くべきまだ起きていない奇跡は二つしかない。一つは希哲館事業収益化デライト収益化)だ。もう一つが最後の奇跡になるだろう。

私が常識で考えればありえなさそうなことに希望を抱けるのは,実際にありえないようなことを数多く体験してきたからだ。

しかし,思い通り結果が出るまでサイコロを振り続けることが出来ただけだとすれば,その環境に恵まれたことが最大の奇跡かもしれない。

30日振り返り日記

{投稿頻度}{実装難度}{心理的障害}{削除機能}{変更履歴}{目障り}{デライト}{輪郭}{優先順位}{空欄}...=}(28)

{削除機能について K#F85E/A-E74C-C699}

厳密に言うと,削除機能は優先順位に対して実装難度が高いだけで,実装しないと決めているわけではありません。簡単にアクセス出来,邪魔にならず,間違って削除しにくいような UI を今のデライトのどこに置くか,というのが難しいのです。

だったら「空欄で上書き」というのは簡単で直感的で,別に悪い代替手段じゃないんじゃないか,ということですね。

一般的な掲示板と比較しても,匿名性が高く,変更履歴を残さす自由に書き換えられるシステムで特別「下手なこと書き込めない」ということはないと個人的には思うのですが,全体の雰囲気としてそう感じさせてしまっているのだとしたら,それはそれで考えなければならないことだと思います。

それとは別に,削除機能が無いことが,特に不慣れなユーザー心理的障害になっている,というのは確かにあると思います。

それは書き込みにくいというより,単純に投稿頻度が低いと余計な輪郭目障りなのではないか,と考えています。これは,名前も内容もない輪郭は非表示にするような工夫で対応出来るかもしれません。

アンケートというのは良い案だと思います。個別の課題について意見を集めるということは,結果にかかわらず,ユーザーがどうデライトを見ているか,ということを可視化する良い機会になりそうです。早速実施方法を考えてみます。

=}(1){あれ}
{希哲15年1月7日のツイスト}{希哲15年1月7日}{トリプル・ブルー}{トランプ支持層}{ツイスト}{不敗神話}{楽観論}{中間選挙}{ヒラリー・クリントン}{辛勝}...=}(17)
{希哲14年10月の月記}{希哲14年10月26日}{月内}{希哲14年10月}{用者}{『希哲日記』}{デライト収益化}{無謀}{こだわり}{結果}...=}(18)

{希哲14年10月26日の日記 K#F85E/A-E74C-B3E4}

月内デライト収益化実現しない場合のことも考えておかなければならない時期に来た。

一人でデルンを使っていた頃ならいくらでも無謀なことが出来たが,今は用者に対する責任もある。

この10月中にデライト収益化を果せればそれが一番綺麗結果だろうが,個人的なこだわりサービス存続を脅かすわけにはいかない,と考えるようになってきた。

=}
{デライト宣伝}{希哲14年9月の月記}{希哲14年10月}{戦い方}{希哲14年9月16日6歩}{デライト用合い改良}{希哲14年9月16日}{最後の壁}{北極6丁目}{握接急増}...=}(45)

{希哲14年9月16日の日記 K#F85E/A-5B28-A946}

ぼんやりしていたデライト最後の壁が,ひょんなことから明確になった。

18日から始める予定だった短期集中生活を今日から始め,デライト用合い改良全力を尽くすことにした。

デライト宣伝一時停止し,18日までに用合い改良を一段落させ,宣伝再開の手応え20日までには勝負結果が見えるだろう。上手くいけばその後は最適化注力して握接急増に備える。

頭の中を整理するのに多少時間がかかったが,まだ曖昧迷いがあった北極6丁目戦い方見極められたのは大収穫だった。

ぼんやりしたまま長引くことも想像していたが,勝つにせよ負けるにせよはっきりした結果が出そうだ。

ここで長期戦可能性は完全に捨て,最長でも10月一杯までの短期決戦に全てをかけることにした。現時点で辛うじて引き延ばせそうな期限であり,希哲館創立13周年米大統領選直前という,成功するにはこの上ない時期だ。

今月中に良い決着がつけばそれに越したことはないが,今から来月にずれ込むことは想定して調整を進める。

{結果}
{}