{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{希哲15年3月2日}{当たり前}{明け方}{『希哲日記』}{デライト開発}{デライト}{溺愛}{熱中}{中途半端}{実感}...=}(18)

{希哲15年3月2日の日記 K#F85E/A-E74C-14DB}

今日もデライト開発絶好調だったが,また明け方まで熱中してしまいそうなので中途半端ながら切り上げた。

最近,開発者として毎日製品使い,製品について考えるということは当たり前のようで実はなかなか難しいことなのだと実感することが多い。

デライトほど開発者に溺愛されている製品は無いかもしれない。

=}
{デライト宣伝}{デライト高速化}{関連付ける}{希哲15年2月18日の日記}{希哲15年2月20日}{体験第一}{デライト文書構造最適化}{デライト収益目標達成}{デライト文書整備}{黄金循環}...=}(40)

{希哲15年2月20日の日記 K#F85E/A-E74C-CC89}

残りの半休を使い,昨日激しく動かした身体を休めた。しかし,はよく引き締まって見え,最近たるんでいたことを強く実感した。

一昨日の日記に書きたかったことだが,デライト文書整備においても宣伝においても,言語表現にとらわれず,「体験第一」を考えることが重要だという思いを日毎強くしている。体験誘導し,体験を邪魔せず,出来れば体験を補助するように設計していく必要がある。

それを反映してか,最近は自然と SEO関心が向いている。高速化同様,SEO においてもデライト潜在力は極めて大きい。これまでにない密度情報関連付けるデライトの設計には,枝葉末節対策よりもはるかに大きな SEO 上の価値がある。体験への誘導手段として,これを活かさない手はない。

やはり,用者体験の向上と SEO の一石二鳥という点でも,文書構造最適化の次は高速化着手するべきなのだろう。

収益目標達成は,このまま黄金循環加速させ続けて押し切るしかなさそうだが,それだけで十分達成が見込めるということでもある。

{じっくり}{デライト文書整備}{デライト1周年}{希哲15年2月8日}{名目離立}{デライト正式離立}{『希哲日記』}{感慨深い}{好都合}{一区切り}...=}(22)

{希哲15年2月8日の日記 K#F85E/A-E74C-2C77}

いよいよデライト文書整備が始まった。

デライト正式離立時に間に合わせで書いたものが基本になっているため,これまでの経験最大限に活かして一新したい。

そんなことを考えていてふと,13日デライト1周年を迎えることに気付いた。名目離立だったとはいえ感慨深いものがある。

ちょうど私生活も慌ただしくなりそうな直前開発一区切り付き,1周年を迎えるというのも面白い偶然だ。文書整備じっくり考える必要がある作業なので好都合か。

{デライト宣伝}{希哲15年1月20日}{振り返り日記}{ツイスト宣伝}{4年前}{『希哲日記』}{デライト}{『ウサギとカメ』}{ウサギ}{焦る}...=}(19)

{希哲15年1月20日の日記 K#F85E/A-E74C-ACB7}

最近,時間が無い時に1ツイストツイスト宣伝をするようになったが,デライト特徴について考える機会にもコピーライティング練習にもなって良い。これを「試し文句ツイスト」と呼んでおくことにした。

デライト宣伝はまだ本格的に始めてから半年も経っていない,と改めて考えるとやはり不思議な感じだ。もう何年もこんなことをしている気がする。

焦る必要は無いが,『ウサギとカメ』ウサギになりそうな気がしないでもない。

早く寝るつもりだったが,つい米大統領就任式を見てしまった。4年前を思い出した。

21日振り返り日記

{希哲15年1月2日}{大流行}{デライトの成功}{足場固め}{姉夫婦}{昼過ぎ}{時間の問題}{『希哲日記』}{デライト収益化}{デライト}...=}(29)

{希哲15年1月2日の日記 K#F85E/A-E74C-C46E}

今日から本格的に執務再開するつもりだったが,昼過ぎから姉夫婦が来て家族で過ごすことになったため,軽い作業のみに留めた。

ツイストを書きながら,デライト収益化までの道程について少し考えた。

今のデライトには,成功する要素が揃っている。どこか一つ歯車が噛み合っていないだけで,それもやはり時間の問題だと感じている。考えるべきことは,いずれ必ず訪れるデライトの成功をいかに早めるかということだ。

そしてデライトには,大成功大失敗かの可能性しかない。中間というのはどうしても想像しにくい。ここまで来れば小さく足場固めしていてもいつかは成功するだろうが,何十年かかるか分からない。この一年足らずで成功させるなら,大流行を狙って跳躍するしかないだろう。

=}
{value()}{有効値}{希哲14年8月22日}{希哲14年8月22日のツイスト}{iffy_}{参照}{ツイスト}{問題児}{如零許容型}{std::optional}...=}(14)
{希哲14年8月2日}{希哲14年8月2日のツイスト}{描き出し}{文字情報}{デライト}{ツイスト}{親和性}{思い出す}{考える}{不思議}...=}(12)

{あれK#F85E/A-5B28-1FD4}

昨日の K#9-D657 さんとのやりとりから,またちょっとデライト文字情報との親和性について考えるようになったのだが,一つ思い出すのは,初めて K#9-D657 さんや K#9-EDD2 さんが描き出してくれた時の感覚。自分のを覗かれているような不思議な感じ。これまで伝えようのなかったことが伝わっている。

{考える}
{}