{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{希哲15年5月9日の日記}{忘れられる}{つるん}{飲み込みやすい}{一筋縄}{流行っているもの}{売れているもの}{浅さ}...=}(72)

{市場活動マーケティングの難しさについて K#F85E/A-E74C-6B5E}

どんな世界であれ,作った物知ってもらう買ってもらう使ってもらう,というのは難しいものだ。

実は私も,こういう市場活動マーケティングについてよく勉強していた時期がある。効果的語体ロゴタイプ獲句キャッチコピー唱願スローガン作り方が知りたくて,片っ端から実例に目を通して考察を重ねたりした。「デライトの“掴み”の良さ」でも書いたように,デライトが一定の関心を得ることに成功しているのは,そんな勉強の成果かもしれない。

とはいえ,市場活動の実践はデライトが初めてで,それも正味半年足らずという経験浅さだ。まだまだ素人に毛が生えたようなものだろう。


世の中売れているもの流行っているもの観察してみれば,市場活動というものがいかに一筋縄ではいかないものか,よく分かる。

綺麗整ったものが売れるのかというとそうではない。引っかかりがなく,つるん飲み込みやすいだけのものは,またつるんと忘れられてしまう。完成度が高ければいいのかというとそうでもない。愛嬌必要だという。

いわゆる炎上商法は比較的確実知名度を上げられる方法だが,それはとてつもない汚名引き換えに手に入れるものだ。それでもその手を使う者が後を絶たないのは,認知されることがいかに難しく,価値あることかをよく示している。


デライトをどう売り込み,知ってもらうべきか,これは開発者である私自身も含めて,まだ誰にも確かなことは分からない。

よく頂く感想に,「風変わり過ぎてとっつきにくい」というものがある。これも,考えよう使いようで,実は強力武器になりうる特徴でもある。

印迫インパクトを残しつつ,どうやって多くの人に使ってもらえるものになるか。色々な反応を頂きながら毎日んでいる。しばらく試行錯誤が続きそうだが,これも幸せなことだと思う。

貴重勉強をさせて頂けていることに感謝したい。

=}
{デライト宣伝}{デライト高速化}{関連付ける}{希哲15年2月18日の日記}{希哲15年2月20日}{体験第一}{デライト文書構造最適化}{デライト収益目標達成}{デライト文書整備}{黄金循環}...=}(40)

{希哲15年2月20日の日記 K#F85E/A-E74C-CC89}

残りの半休を使い,昨日激しく動かした身体を休めた。しかし,はよく引き締まって見え,最近たるんでいたことを強く実感した。

一昨日の日記に書きたかったことだが,デライト文書整備においても宣伝においても,言語表現にとらわれず,「体験第一」を考えることが重要だという思いを日毎強くしている。体験誘導し,体験を邪魔せず,出来れば体験を補助するように設計していく必要がある。

それを反映してか,最近は自然と SEO関心が向いている。高速化同様,SEO においてもデライト潜在力は極めて大きい。これまでにない密度情報関連付けるデライトの設計には,枝葉末節対策よりもはるかに大きな SEO 上の価値がある。体験への誘導手段として,これを活かさない手はない。

やはり,用者体験の向上と SEO の一石二鳥という点でも,文書構造最適化の次は高速化着手するべきなのだろう。

収益目標達成は,このまま黄金循環加速させ続けて押し切るしかなさそうだが,それだけで十分達成が見込めるということでもある。

{移行先}{あれ}{希哲14年10月21日のツイスト}{希哲14年10月21日}{デライト}{ツイスト}{商機}{代替}{関心}{多数派}...=}(12)
{勇気付けられる}{希哲14年7月7日}{希哲14年7月7日のツイスト}{粘り強く}{『希哲辞典』}{ツイスト}{造り}{悲観}{関心}{翻訳語}...=}(13)
{希哲14年7月7日}{希哲14年7月7日のツイスト}{ツイスト}{問題視}{現代日本}{濫用}{関心}{翻訳語}{難しい}{整備}...=}(13)
{希哲14年7月4日}{希哲14年7月4日のツイスト}{情技日本語}{ツイスト}{希哲館}{責務}{場所}{関心}{危機感}{}...=}(11)
{希哲14年5月16日}{希哲14年5月16日のツイスト}{個人知識管理}{ツイスト}{運用}{関心}{敬意}{参考}{開発者}{感想}...=}(13)
{関心}
{}