(85)
{希哲15年1月11日の開発}{希哲15年1月11日の進捗時限}{希哲15年1月11日の進捗}{希哲15年1月11日}{自我アイコン設定機能実装}{時間対効果}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{デライト}=}(12)

デライト調整

自我アイコン設定機能実装にはまだ時間がかかりそうなので,再開する前に時間対効果の高い作業を済ませておく。

途中で終了。

2021-01-11 17:57
2021-01-11 17:23
=}
{希哲14年12月27日の進捗時限}{希哲14年12月27日の進捗}{希哲14年12月27日}{夜のデライト宣伝}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{調整}{進捗}{長考}=}(10)

なんとなく長考に入ってしまったためここで夜のデライト宣伝を中断,次歩で調整に戻る。

2020-12-27 19:17
2020-12-27 19:16
=}
{希哲14年12月の月記}{休養}{N10K 問題・後編}{希哲14年12月16日}{第二次総括}{一段落}{『希哲日記』}{生活律動}{デライト}{第一次総括}=}(21)

7日にとある仕事一段落したと思ったら N10K 問題に関するツイストをまとめるのに想像以上の時間をかけてしまった。今日夜,ようやくまとめ終えた。その達成感もあったが,振り返った希哲館事業デライトの歩みに対する達成感は一入だった。

休養も兼ねてのこととはいえ,時間の使い方としてどうかとは思いつつ,結局書き切った。途中で実質的に第二次総括を兼ねていることに気付いたのも大きかった。年の瀬でもあり生活仕事節目でもあり,頭の整理をする時期としては丁度良かったのだろう。

この間,思いのほか精神的な負荷が高く,他のことがほとんど出来なかった。これは第二次総括なのかと思ったのも,この感覚が第一次総括と似ていたからだった。明日から生活律動など諸々調整していくが,流石に今日は早く寝ることにした。

2020-12-16 21:21
2020-12-16 20:22
=}
{希哲14年11月の月記}{希哲15年11月1日}{十年後}{目標期限}{希哲館創立14周年}{五十年}{細く長く}{太く短く}{悪い報せ}{計画策定}=}(74)

諸々整理して一息つけるようになってきたため,今日は一日じっくり、ここ数日の諸記録を埋めながら今後について考えることにした。デライト宣伝も全く出来ない日が続いてしまったため,今日から毎日1歩分でも必ず時間を割くことにした。

また,今後の正しい計画策定のため,第一次総括から2年あまりの歩みまとめ,これを「第二次総括」と呼ぶことにした。第一次総括同様,何日かかるか分からないが納得行くまで続ける。

そんなことを考えていた正午頃,叔父について悪い報せを受けた。ここ数年,妙に自分や周囲にとって都合の良いことばかり起きるので,そろそろ不幸が訪れるのではないかとかえって不安だったが,いよいよ来たか,と思った。それと同時に,デライトの成功,ひいては希哲館事業の成功を急がなければならないもう一つの理由を思い出した。

ここ最近,希哲館創立13周年を過ぎ,米大統領選挙も誰が勝ったとも言えないまま一応終わり,デライトの成功を急がなければならない理由を見失っていた。

用合い改良山場を越えたことで太く短く時間投入しなければならない作業はほぼ無くなり,細く長く継続していくことが重要段階に入ったという感覚もあった。

普通,事業収益化を急ぐのは存続に関わるからだが,デライト超高効率運用なら十年でも五十年でも,私が生きている限り存続させることは難しくない。そういう意味で,デライトの成功時間の問題には違いなかった。

それにもかかわらず,短期決戦から持久戦への移行決断することは出来なかった。何か忘れているような,引っかかりがあった。件の報せを受けたとき,それが何だったのか突き付けられたような気分だった。私が成功を急いでいたのは,大義名分のためばかりではない。その前に死んでほしくない人が多い。

今のデライトの状況なら,目標期限を短かく設定すれば早期成功可能性は高まるが,その代わり確実性は低くなる。一年後を見据えるか十年後を見据えるかで時間の使い方も変わってくる。健康上直ちに問題にならない程度に睡眠時間調整するだけでも一日あたり数時間変わるだろう。

デライトの成功が十分な確実性早さ期待出来る期限を考えた時,あと1年キリのいいところで希哲館創立14周年となる希哲15年11月1日が最も妥当な線として思い浮かんだ。

離立から2年以内なら「ダーウィンの海短期攻略作戦」という白熊作戦趣旨も辛うじて保てる。とりあえずはこれで短期決戦路線を維持することにした。

2020-11-12 18:11
2020-11-10 21:53
=}
{希哲14年11月の月記}{希哲14年11月2日}{『希哲日記』}{空白}{調整}{記録}{日記}=}(7)

少し落ち着いてきたため,諸記録空白を埋めながら今後について調整

2020-11-03 20:15
2020-11-03 20:14
=}
{希哲14年10月26日の開発}{希哲14年10月26日の進捗時限}{希哲14年10月26日の進捗}{希哲14年10月26日}{輪括操作ボタン}{描き直しボタン}{吊るし輪郭}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}=}(16)

デライト用合い改良輪括操作ボタン実装

途中で終了。

描き直しボタン吊るし輪郭内で動作しない問題を修正

輪括操作ボタン調整は終わらず,眠気限界に達したためここで仮眠を取ることにした。

2020-10-27 16:31
=}
{希哲14年10月19日}{ボタン用合い}{デライト用合い改良}{没頭}{調整}{開発}{開発記録}=}(7)
{希哲14年10月20日の開発}{印象付け}{activate}{install}{ホーム画面に追加}{希哲14年10月20日の進捗時限}{希哲14年10月20日の進捗}{希哲14年10月20日}{デライト用合い改良}{デライトの PWA 対応}=}(41)

デライト用合い改良PWA 調整

ホーム画面に追加」すると PWA 風に起動出来たりするので紛らわしいが,どうしてみてもアプリとして認識されている気配がなく,諦めかけていた24時前,ようやく主要ブラウザアプリとして認識させることに成功した。

どうも Service Workerinstallactivate事象設定していなかったことが原因らしい。

普通にホーム画面に追加した時のブラウザバッジもなくなり,一見本当に普通のアプリに見える。

操作感半信半疑だったが,一通り普通に使える。

当初想定以上に時間をかけてしまったが,これで請い手最適化足掛かりが出来,用者印象付けしやすくなったと考えれば想定以上の大収穫だった。

PWA に関してはここで一段落とする。

2020-10-21 00:28
2020-10-21 00:26
=}
{希哲14年10月20日の開発}{希哲14年10月20日の進捗時限}{希哲14年10月20日の進捗}{希哲14年10月20日}{デライト用合い改良}{デライト宣伝}{PWA}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}=}(17)

デライト用合い改良

デライト宣伝の直後から1時間程度は K#F85E での描出を避けることにしていたため,雑用食事を済ませ,中途半端で気になっていた PWA調整に入った。

途中で終了。

2020-10-21 00:07
=}
{希哲14年10月20日の開発}{あれ}{希哲14年10月20日の進捗時限}{希哲14年10月20日の進捗}{描き直しボタン}{希哲14年10月20日}{北極9丁目}{第二次宣伝攻勢}{北極10丁目}{デライト用合い改良}=}(56)

デライト用合い改良

現在7時過ぎ。ちょうど部屋朝日が差してきた。清々しい気分だ。

ここまでの進捗評価し,本日20日から第二次宣伝攻勢開始することを決定した。

いまごろ引き入れボタン仮実装くらいは終えていたかったが,思わぬ不具合に時間を取られ,描き直しボタンも一部不完全状態2歩)にある。

しかし,良い意味での意外収穫も多かった。

あれだけが重かった諸場用合い調整は思いのほか捗った。下装書を一気に整理出来たことで,明らかに装体調整効率化している。

不完全なところは多々あれど,最終的には,一般的目線で見て魅力的なものに見えるかどうか,総合的心証第二次宣伝攻勢開始を決めた。

先月16日用合い改良を始めてから,毎日がデライト収益化現実完璧主義せめぎあいだったが,今のデライトなら,誰に見せても可能性くらいは感じてもらえるだろう,と半ば開き直って思えるようになった。

北極9丁目最終日でこの達成度なら,理想的とはいえないが及第点ではある。ほとんど限界を越えた働き方体調も良いので,この調子さえ保てて北極10丁目を目一杯使えれば,月内のデライト収益化にも十分希望が持てる。

これからは宣伝攻勢を続けながら,可能な限り早期の用合い改良終結を目指す。

2020-10-20 07:56
2020-10-20 07:22
1
{調整}{類義語}{ちょうせい}{調}{}
{}