{希哲15年8月2日の開発}{直接参照}{複数人}{未公開状態}{公開設定機能}{二人だけ}{サービス内共有}{二人共有}{非共有}{仲間だけ}...=}(44)

{希哲15年8月2日13歩 K#F85E/A-E74C-CDFE}

公開設定機能公開範囲設定機能についての検討終了

だいぶ全体像明確になってきたので,ここから「公開範囲設定」を単に「公開設定」と呼ぶことにした。

また,未公開状態複数人閲覧可能にすることを「輪郭情報の)共有」と呼ぶことにした。

概念としては概ね以下の形でまとまった。これに直接参照許可するかどうかの応付を付ければ,実用上必要公開設定網羅出来るだろう。

公開設定は,前景輪から引き継ぐか,前景輪が無ければ最後の設定を引き継ぐようにする。

未公開」か「非公開」かは免責事項問題なので,機能設計としてほぼ完成か。

=}
{厳しい目標}{希哲15年8月20日}{悟った}{新しいアイデア}{舞覧手定め環境整備}{希哲15年8月1日}{新生デライト開発}{輪郭選り手}{ひたすら手を動かす}{新生デライトの要件}...=}(27)

{希哲15年8月1日の日記 K#F85E/A-E74C-61E8}

いよいよ新生デライト開発にかけるが始まった。

今日は定休利用して,時間に追われているとなかなか出来ない作業場清掃主力機清掃をし,舞覧手定め環境整備新生デライトの要件まとめ一段落させた。

新生デライトの要件についてはもう少し細かく考えるつもりだったが,輪郭選り手についての新しいアイデアが出てきてしまい,もうまとめている段階ではないと悟った。ここまで全体像が見えたら,あとはひたすら手を動かすしかないだろう。

月内新生デライト宣言厳しい目標だが,いつものように,まずは20日まで作業没頭し,状況によって調整を考える。

=}
{希哲15年7月の一日一文}{一日一文}{隠している}{黙っている}{社会のあり方}{SNS の中立性}{独立国家}{平和的}{独立表明}{反知性}...=}(123)

{私の政治思想 K#F85E/A-E74C-6D9C}

先日の一日一文日本はどう逆転するか」では,あまりにも長くなり過ぎたため最後の見出しを削った。なかなか理解しにくいであろう私自身の政治思想についての余談だ。

大きな個人主義

面白いことに,私は昔から「極右」の類ではないかと誤解されることが,どちらかというと多い。これは先の文章のように,日本極大国ハイパーパワーにしようなどとずっと言ってきたからだろう。

しかし,そんなことを一人で勝手に語っているのだから,私自身は個人主義者以外の何者でもない。私がイメージする国家というのは,昔のヒップホッパーが肩に担いでいた巨大ラジカセみたいなものだ。国家従属したり逃避したりする「小さな個人主義」ではなく,国家を担いで鼻歌交じり世界を歩いてしまうような個人主義を「大きな個人主義」と私は呼ぶ。

私が日本という国家重視しているのは,それが世界を変える有効な手段だと感じているからだ。

日本知識産業革命を起こし,日本が極大国になれば,かつてのイギリスがそうであったように,世界中の国々にその技術文化を伝えることが出来る。実際,平成バブル期までの日本は,世界の経営学大きな影響を与え,「日本に学べ」という風潮を作った。

成功」さえすれば,世界の注目を集めることが出来,世界変革主導することが出来る。希哲館事業におけるジパング計画は,その最初の段階というわけだ。

希哲館目的は,まず「希哲日本」という成功模体モデルを創り上げ,その後は国際連合に代わる国際機関として「希哲」の理念に基く新国際秩序形成することにある。知性反知性分断乗り越え万人による繁栄平和共有出来る世界だ。

私は一人で「希哲紀元」という独自の紀年法を使っているが,これはキリスト教西暦でもなく,天皇元号でもないという,端的な独立表明でもある。中立性のために必要であれば,平和的合法的バチカン市国のような小さな独立国家を持つ計画まで準備している。

宇田川主義

ここまで視野を拡げれば,私の政治思想左翼だの右翼だの,リベラルだの保守だのといった既成概念の域をはるかに越えたものであることが分かるだろう。

私の政治思想は,「宇田川主義」としか言いようがないほど独自的で,それゆえに常に孤立しており,結果的に誰よりも中立を保っている。ノンポリというわけでもなく,波風を立てないために黙っているわけでもなく,日和見でもない,言動は明らかでありながら,あまりにも独特であるがゆえに中立なのだ。

この類稀中立性は,デライトのようなサービス運営するにあたっても重要だと感じている。

先の米大統領選挙を巡っても SNS の中立性疑問が呈されたが,ほぼ全てのサービス提供事業者は,こうした点において明確解決策を持っていない。政治について語らない,だけで中立を装える時代はとっくに終わったというのに。

特にデライトのような高機能メモサービスは「」を扱うものだ。そのサービスの開発者運営者が,政治,つまり社会のあり方について何の見解も持っていないということがあっていいだろうか?持っていて黙っている隠しているのは信頼に足る態度だろうか?

この行き詰まり明解解答を出せる世界で唯一サービス,それがデライトだ。ばりばりに語っているのに,ここまで“中立”な政治思想は世界を見渡してもまずない。私が政治を語ることを全く恐れない理由だ。ある種の「オープンソース」とも言えるかもしれない。

また長くなり過ぎないようにほどほどにして,この宇田川主義の全体像成り立ちについては,また後日書いてみたいと思う。

{デラング文書}{希哲15年6月28日の開発}{表組み記法}{希哲15年6月28日の進捗}{希哲15年6月28日の進捗時限}{希哲15年6月28日}{テーブル記法}{定表記法}{デラング整備}{仕様検討}...=}(21)

{希哲15年6月28日9歩 K#F85E/A-E74C-2595}

進捗時限記録中略)

デラング整備表組み記法仕様検討

およそ6歩分3時間ほどかかっていったん終了。

簡潔性柔軟性直感性を兼ね備えた記法の全体像が概ね出来た。

表組み記法」に覚え書き程度にまとめたが,いちいち解説している時間は無いので実装してからデラング文書にまとめる。

今日から,これまで使っていた「定表記法」や「テーブル記法」の代わりに「表組み記法」とすることにした。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{政治的合意}{代替策}{交通技術}{基礎所得保障}{人間への共感}{両立}{世界史上最大の企業}{階層的}...=}(73)

{基礎所得保障ベーシック インカムから基礎雇用保障ベーシック ウェルカム K#F85E/A-E74C-B5DA}

一昨日の一日一文で私の変わった“金銭欲”ついて少し触れたが,これが実は希哲館事業核心に近い要素かもしれない。

希哲館事業にはもともと,“資本主義共産主義綜合”という目標が含まれている。その新しい経済思想を「相通主義」と呼んでいた。この名前も最後に見直したのがだいぶ前なので,もう少し良い名前がある気もするが,しばらく仮称としておこう。

相通主義というのは,資本主義流儀に則って共産主義理想(本来の共産主義とは別の形で)実現してしまおうという考え方だ。そのになるのが「相通化技術」と呼ぶ技術で,情報技術交通技術に大別される。希哲館事業では,その情報技術を「虎哲」,交通技術を「竜力」と呼び,開発計画を「竜虎計画」と呼んでいた。

その虎哲の核心となるのが輪郭法で,デルンデライトとなっていく。こう階層的整理してみると,希哲館事業構想がいかに巨大か分かる。「人類史上最大の事業構想」というのも伊達ではない。事業の全体像を簡単に説明しておこうと思うだけで,本題について忘れそうになる。

ベーシック ウェルカムとは

そんな希哲館事業で私がやりたいことは,簡単に言ってしまえば,“世界史上最大の企業”を作って雇用万人開放することだ。これを「基礎雇用保障ベーシック ウェルカム」(BW)と呼んでいる。「基礎所得保障ベーシック インカム」(BI)の代替策だ。

BI は昔から考えられてきたことだが,小規模な実験以外で実現見通しは立っていない。いくつかの理由で,一定規模以上の国家で実現することは困難と私は見ている。

BI は社会の構成員に大きな考え方転換を迫る。それも,持続的でなければ意味がない。やってみたが,やっぱり戻そう,という動きも当然考えておかなければならない。その割に,哲学的弱さがある。利点とされていることも大半は希望的観測でしかない。

それに対し,BW は思想転換も政治的合意も必要としないという大きな利点を持つ。その代わり,万人に雇用を提供出来る企業を創り出さなければならない。

私はよく GAFAM意識したようなことを語っているが,実際,この構想は GAFAM を大きく越えるような企業でなければ実現出来ない。しかし,それは不可能なことではない。

知識産業はこれまで考えられなかったような格差を生み出す。企業間も例外ではない。ついこの間まで,GAFAM の株価東証一部上場企業全体を上回り,米国政府と対立することなど考えられなかった。その GAFAM 全体を一社で上回る企業が出てこないとも言えない。

究極の格差を制することで世界に平等をもたらす。この BW という考え方は,世界史上最大の富を生み出そうという意欲と,人並の収入があれば満足に暮らしていけるという価値観両立させた人間にしか生み出せないものだと思う。

=}
{Dex 改良}{記法処理範枠}{記法処理}{記法実装}{行処理}{希哲15年5月18日}{リスト記法実装}{デバッグ出力整備}{埒が明かない}{デラング不具合修正}...=}(28)

{希哲15年5月18日の開発 K#F85E/A-E74C-8B00}

デラング整備Dex 改良

今日から「Dex 改良」に入った。

デラング不具合修正から視野を広げて記法実装に入った理由に,Dex_T整理方針がまとまらない,ということがあった。

Dex はあらゆる記法処理範枠フレームワークでもあるため,特定の記法の不具合だけを見ていても埒が明かない。そこである程度全体像を明らかにするために記法実装を進めてきた。リスト記法実装がある程度の所まで来て必要なものが見えてきた。デバッグ出力整備を経たのも大きい。

最初は Dex_T の中心的な行処理改良しようとしたが,今日は結果的に全体的な理腑リファクタリングとなった。混沌とし始めていた Dex_T がかなりすっきりし,見通しは大きく改善した。

{一日一文}{希哲15年4月の月記}{デライト高速化}{自然の流れ}{計画通り}{希哲館事業の広告塔}{全ページ0.3秒以内表示}{全ページ1秒以内表示}{希哲15年4月9日}{デライト小理腑}...=}(74)

{希哲15年4月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2520}

昨日の激務デライト小理腑を終えた安心からか疲労感がどっと押し寄せてきた。日中はなかなか頭も手も動かず,調子が戻ってきた夜に小理腑や今後の方針についてまとめることで精一杯だった。

3日目にして一日一文休みだが,楽しもうと決めたばかりなので無理はしないでおくことにした。


小理腑後に残った時間では上旬中に出来ることも高が知れているため,今日で短期集中生活を終えようかと思ったが,振り返ってみると,短期集中生活に入った28日の開発待っ読ボタン実装理腑時間を充てることを決めていた。前後しただけで方向としては計画通りに進んでいるので,もう一日頑張り,待っ読ボタン実装までは上旬中に終わらせることにした。

中旬は,小理腑で得たものを最大限に活かし,新生デライトをこれまでの想定以上水準仕上げることを目指す

小理腑に時間をかけたことで第三次宣伝攻勢開始が遅れる可能性もあるが,『道草録』が多少は補完してくれるだろうし,調整はどうとでも出来る。


完成度勝負しようということ以外,まだ全体像明確ではなかった第三次デライト市場戦略についても,概ね考えがまとまった。

いわば「希哲館事業の広告塔」という本来の位置付け立ち返りありのまま希哲館事業の全てを自然に活かしていくことにした。新生デライトへの信頼感が高まるにつれ希哲館累新の動きも加速しているので,これも自然の流れだろう。

第二次市場戦略では宣伝上のにしようと思っていた「知能増幅」についても,隠さないまでも,必要以上に前面に出さないことを方針として決めた。先月からのデライト開発快調で,知能増幅デライトの姿で示せばいい,と思えるようになっていた。


小理腑でデライト高速化新鮮手応えを得て,調安が妙に楽しくなってきた。

当初,デライト高速化の目標全ページ1秒以内表示などとしていたが,これでは遅さが気にならないだけで速さを感じるには中途半端だ。目標は高く,全ページ0.3秒以内表示を目指すことにした。いっそのこと,速さで有名になるくらいにしたい。

{デライト宣伝}{希哲14年の月記}{希哲14年12月31日15歩}{新デライト市場戦略}{対 Notion 戦略}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}{希哲14年12月29日4歩}{デライト累新}{新生デライト}...=}(44)

{希哲14年12月の月記 K#F85E/A-E74C-DE63}

メカソクラテスの弁明」を練りつつ,7日には10月までのデライト開発で嵩んだ借りを返すための仕事一段落した。

一連のツイストがやろうと思いながら出来なかった第二次総括を兼ねていることに気付き,ついでに休養も兼ね16日までかけて書き切った。この頃から頭に浮かんでいた「メカソクラテスの弁明」を別名として21日採用した。

メカソクラテスの弁明」は,デライト中心希哲館事業構想全体像について初めて公に語った経験であり,極めて大きな意義を感じていた。

18日から,デライト市場戦略の本格的な見直しを始める。

19日,「ありのまま」を新デライト市場戦略定問として考え始める。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」や「知能増幅メモサービス」といったデライトをありのままに表現する言葉も考えた。

22日新デライト市場戦略への移行を決定。

24日9月15日から始めた待欄調整廃止。K#F85E での自由描出再開

25日新デライト市場戦略標語として「知能増幅解放」を採用

27日黄金状態回復活動統一を決めた(デライト完全集約)。

これ以後のデライトを「新生デライト」,ここまでの一連の出来事を「デライト累新」と呼ぶことにした(29日)。

30日対 Notion 戦略新デライト市場戦略の「一環」と位置付け,デライト宣伝では暗黙宣伝ツイスト宣伝併用することにした。

ここまでで新デライト市場戦略がほぼ完成形となる。

記録が雑になっていた11月12月振り返り穴埋めも概ね(日記月記のみ)終えた。

{デライト宣伝}{希哲14年9月16日の開発}{使いにくい}{整備不足}{パスワード再設定}{流入元}{登録者}{デライト用合い改良}{入門者目線}{希哲14年9月16日の進捗時限}...=}(106)

{希哲14年9月16日6歩 K#F85E/A-5B28-89EF}

急遽当面の作業方針を見直し,短期集中生活前倒しで今日から始め,入門者目線でのデライト用合い改良傾注することを決めて終了。

新規利用者登録順調に増えているにもかかわらず,一度も描き出ししない登録者や,描き出ししても知名描写空欄のまま一つだけ,というような不思議な登録者が多いことが気になっていたが,13時過ぎ,あるツイートを見つけて理由が分かった。想定以上に諸場から登録してくれる人が多いらしい。

現状,デライトタッチ操作はかなり等閑状態であり,初見ではまず十分に使えない。

デルンがもともと個人機主要な対象にしていたこと,個人知識管理サービス市場調査スマホアプリ不満を抱える用者が多い(つまり主要な環境ではない)と気付いたこと,「使い方」や主要な流入元@Dlt_jp では個人機向けの説明だけにしていたことなどで,大半の登録者個人機で使うことを想定して来たのだろう,という完全思い込みがあった。

しかし,すでにデライトは市場戦略から宣伝手法まで多数派向けに舵を切っており,当然ながらスマートフォン等からの流入を想定しておくべきだった。この不整合は見落しだった。時間節約のため握接状況は最低限の指標把握しており,握接録分析不足痛感した。

かといって個人機での用合い完璧なわけでもなく,入門者目線で見るとあちこちに落とし穴がある。いずれにせよ総見直しが必要になる。

8年以上ものあいだの経験で,開発者自身が個人知識管理熟達していることはデライト長所だと思っていたが,これが驕りになっていた気もする。なまじ使えている人間がいるせいで「分かりにくい」とは言えても「使いにくい」と言えない雰囲気を作ってしまっていたかもしれない。

急遽当面の作業方針を見直し,アイコンの設定,パスワード再設定までは実装するつもりで作業中だった利用者設定中断諸場用合いも含めたデライト用合い改良最優先で取り組むことにした。幸い,引き入れボタンの活用で諸場用合い全体像は出来ている。ボタン式引き入れ方式実装を終えれば,細かい調整がほとんどだろう。

18日から始める予定だった3日間短期集中生活を今日から前倒しで始め,この期間で入門者目線障害になる用合い上の問題を全て取り除くことを目指す

使い方」など文書整備不足もあるが,いずれにせよ画面撮りなどを考えれば用合いから着手する以外にない。

この間,デライト宣伝一時停止することにした。注意書きした上での宣伝も考えたが効果は疑わしく,この短期間なら用合い改良集中した方がいいだろう。

手痛い気付きではあったが,ぼんやりしていた最後の壁正体が掴めたのは大収穫だった。これを乗り越えればデライトの成功はすぐそこだ。

{全体像}
{}