{希哲15年3月3日の開発}{オフライン状態}{出与え消失}{引装不可}{デライトのオフライン対応}{Google Chrome 93}{Google Chrome 89}{オフライン対応}{希哲15年3月3日の進捗時限}{希哲15年3月3日の進捗}=}(40)

{希哲15年3月3日3歩 K#F85E/A-E74C-6439}

昨日離立された Google Chrome 89 からオフライン対応していない PWA警告表示され,Chrome 93引装不可になるらしいので,デライトのオフライン対応について軽く検討して終了。

最初は余計なことをしてくれるなと思ったが,中途半端状況にある PWA への認識が変わるきっかけになる可能性もあり,ちょうどデライト高速化に取り組みたい時期とも重なるので,この流れ味方につけたいところだ。

オフライン描出出来るようにした場合,同期機構についてもよく考えておかなければならない。出与え消失など,メモアプリにおいて同期は最も深刻不具合が起きやすい部分でもある。

オフライン状態表示には上部ページャー新着確認部が使えると思ったが,これは昨年10月21日の開発ですでに考えていた。

=}
{オフライン対応}{デライト高速化}{デライト}=}(3)
{希哲15年2月27日}{希哲15年3月上旬}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}{第三次宣伝攻勢}{組計}{領当て}{『希哲日記』}{デライト開発}=}(19)

{希哲15年2月27日の日記 K#F85E/A-E74C-A79B}

少し組計を練り直した。

デライト文書整備機能領当て面での開発両輪で進めた方が何かと都合が良いため文書構造最適化までは並行させるとして,次の高速化第三次宣伝攻勢と並行させる形で十分間に合うだろう。

デライト文書整備は今月中に終わりそうもないので,やはり3月上旬までは見ておくことにした。宣伝攻勢といっても時間は必ず余る。そこで高速化を進めれば良い。

今日も半休にして十分な休養が取れ,明日にはも帰る。しばらくはデライト開発集中出来るだろう。

=}
{希哲15年2月24日}{デライト高速化}{第三次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{デライト開発}{雑務}{検索演心最適化}{専念}{可能性}{延期}=}(12)

{希哲15年2月24日の日記 K#F85E/A-E74C-E1A7}

明日で今月の雑務が上手く片付きそうだ。夜から28日まではデライト開発専念出来るだろう。

今月が28日までしかないことをすっかり忘れていたが,必要なら来月上旬までは第三次宣伝攻勢延期してもいい。

最近 SEO急激に進んでいることもあり,高速化をしておかないと人を呼び込んでも捌けない可能性が高い。

{希哲15年2月27日2歩}{前後景部整理}{希哲15年2月23日}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{隠し}{求頼}{自我情報}=}(17)

{希哲15年2月23日の開発 K#F85E/A-E74C-9061}

デライト文書構造最適化少々,高速化作業方針検討,その他情報収集など。

前後景部でいくつか微調整したいことがあるため,すぐに終わる作業は中景輪符整理の前に,時間がかかる作業は「前後景部整理」として後回しにすることにした。

高速化に関しては無駄求頼などの洗い出し。まずは自我情報隠しからか。

{希哲15年2月21日の日記}{機会損失の最小化}{放置状態}{KDN}{希哲15年2月21日}{デライト高速化}{Schema.org}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{検索演心教育}=}(30)

{希哲15年2月21日の開発 K#F85E/A-E74C-0B9C}

デライト文書構造最適化SEO 向けの作業一段落した。

長いこと SEO に関しては放置状態に近かったが,HTML5Schema.org活用してそれなりの形にはなった。 SEE にとっても大きな進歩だ。機会損失の最小化を考えると出来るだけ早く済ませておきたかったので割とあっさり終わって良かった。

これからの文書構造最適化中景輪符整理など領当て保守性観点から必要な作業中心になるだろう。

SEO に加え第三次宣伝攻勢も始まればデライト高速化も急ぐ必要があるが,CDN に関してはやはり依存を避けつつ,体系的に上手く利用出来るようにしておきたい。

この体系KNEST一環として「KDN」(knowledge delivery network)と呼んでおくことにした。

=}
{知識配信網}{デライト高速化}{CDN}{KNEST}{宇田川の用語}=}(5)
{関連付ける}{希哲15年2月18日の日記}{希哲15年2月20日}{体験第一}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{デライト収益目標達成}{デライト文書整備}{デライト宣伝}{黄金循環}=}(40)

{希哲15年2月20日の日記 K#F85E/A-E74C-CC89}

残りの半休を使い,昨日激しく動かした身体を休めた。しかし,はよく引き締まって見え,最近たるんでいたことを強く実感した。

一昨日の日記に書きたかったことだが,デライト文書整備においても宣伝においても,言語表現にとらわれず,「体験第一」を考えることが重要だという思いを日毎強くしている。体験誘導し,体験を邪魔せず,出来れば体験を補助するように設計していく必要がある。

それを反映してか,最近は自然と SEO関心が向いている。高速化同様,SEO においてもデライト潜在力は極めて大きい。これまでにない密度情報関連付けるデライトの設計には,枝葉末節対策よりもはるかに大きな SEO 上の価値がある。体験への誘導手段として,これを活かさない手はない。

やはり,用者体験の向上と SEO の一石二鳥という点でも,文書構造最適化の次は高速化着手するべきなのだろう。

収益目標達成は,このまま黄金循環加速させ続けて押し切るしかなさそうだが,それだけで十分達成が見込めるということでもある。

=}
{満遍なく}{デライト高速化}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}{機能追加}{利素}{用者}{ウェブページ表示速度}=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/A-E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。