{デラング}{hr 要素}{デライト推奨動作環境}{買い替え周期}{作業項目}{デライト文書構造最適化}{共有ボタン}{中景輪符整理}{デライト文書整備}{希哲15年3月1日}=}(35)

{希哲15年3月1日の開発 K#F85E/A-E74C-94F4}

主にデライト文書構造最適化中景輪符整理

中景輪符整理一段落し,中景部装体調整領当て不自然さ冗長さが概ね解消した(15歩)。

まだ細部調整必要だが作業項目としてはいったん完了とし,細かいことは隙をみながらやっていく。


デラングhr 要素相当の記法導入した(17歩)。

見出し役割知名が果すため,描写には見出し未満の区切りを入れたいことが多かった。


デライト文書整備にも関わる「デライト推奨動作環境」の策定を開始。「主要ブラウザの過去5年以内に公開されたバージョン」を目安に。端末買い替え周期重要


その他,共有ボタン仕様検討2歩)など。

{希哲15年3月1日の開発}{時印部}{:empty}{無修正}{希哲15年3月1日の進捗時限}{希哲15年3月1日の進捗}{自我名部}{デライト文書構造最適化}{address.ego}{中景輪符整理}=}(42)

{希哲15年3月1日15歩 K#F85E/A-E74C-AAF1}

デライト文書構造最適化中景輪符整理

いったん終了。

中景輪符整理に関しては,気になっていた閉じ輪括弧が次行先頭に落ちてしまうことがある問題知名改行された場合に余白があっても新しい行に知番が落ちてしまう問題が spn.r導入によって解消

意外にもスクリプトへの影響はほぼ無く,Aejs無修正で済んだ。

ついでに中景部微調整も進めた。

描写部div.dln)が空の場合に無駄な空間を取っていたため,:emptydisplay: none を付与。

更に,幅狭領当て以外では自我名部address.ego)に float: right を設定し,描写部が無い場合に時印部を左に押しやるようにした。

その他,全体的に余計な余白を削ったり,狭過ぎる部分を拡張したりと微調整。大分無駄が無くなり,視認性向上した。

出振るい済み

細部にいくつかが残ったが,これは隙をみながらやっていくことにした。

=}
{実装方針}{HTML タグ切り替え}{希哲15年2月28日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{影響範囲}{開発}{スクリプト}{開発記録}=}(9)

{希哲15年2月28日の開発 K#F85E/A-E74C-A118}

HTML タグ切り替え実装方針が固まる(2歩)。

その後,デライト文書構造最適化中景輪符整理に入った。

思ったよりスクリプト影響範囲は小さそうだ。

{希哲15年2月28日の開発}{希哲15年2月28日の進捗時限}{希哲15年2月28日の進捗}{希哲15年2月28日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{進捗}=}(10)
{希哲15年2月27日の開発}{ソフトウェアキーボード}{希哲15年2月27日の進捗時限}{希哲15年2月27日の進捗}{希哲15年2月27日}{前後景部整理}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{捕活}{諸場}=}(21)

{希哲15年2月27日5歩 K#F85E/A-E74C-4ED2}

デライト文書構造最適化引き入れ欄挙動調整

いったん終了。

捕活し直すようにしたことで今度は諸場貼り付けソフトウェアキーボードが表示されてしまう問題が発生。これは一時的に readonly 属性を付けることで解決

思ったより落とし穴が多く時間がかかったが,視認性はそれなりに向上した。

捕活が外れた時に引き入れ欄の内容を削除出来るようにしたかったが,表示上,引き入れに成功したのか取り消したのか分かりにくいこともあり,今は欲張らず中景輪符整理後の前後景部整理に回すことにした。

=}
{希哲15年2月27日の開発}{希哲15年2月27日の進捗時限}{希哲15年2月27日の進捗}{希哲15年2月27日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}=}(12)
{希哲15年2月27日2歩}{前後景部整理}{希哲15年2月23日}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{隠し}{求頼}{自我情報}=}(17)

{希哲15年2月23日の開発 K#F85E/A-E74C-9061}

デライト文書構造最適化少々,高速化作業方針検討,その他情報収集など。

前後景部でいくつか微調整したいことがあるため,すぐに終わる作業は中景輪符整理の前に,時間がかかる作業は「前後景部整理」として後回しにすることにした。

高速化に関しては無駄求頼などの洗い出し。まずは自我情報隠しからか。

{希哲15年2月23日の開発}{最終点検}{希哲15年2月23日の進捗時限}{希哲15年2月23日の進捗}{希哲15年2月23日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}=}(11)
{希哲15年2月22日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{div.r}{装体}{領当て}{期待通り}{導入}{ギリギリ}{開発}=}(11)
{希哲15年2月21日の日記}{機会損失の最小化}{放置状態}{KDN}{希哲15年2月21日}{デライト高速化}{Schema.org}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{検索演心教育}=}(30)

{希哲15年2月21日の開発 K#F85E/A-E74C-0B9C}

デライト文書構造最適化SEO 向けの作業一段落した。

長いこと SEO に関しては放置状態に近かったが,HTML5Schema.org活用してそれなりの形にはなった。 SEE にとっても大きな進歩だ。機会損失の最小化を考えると出来るだけ早く済ませておきたかったので割とあっさり終わって良かった。

これからの文書構造最適化中景輪符整理など領当て保守性観点から必要な作業中心になるだろう。

SEO に加え第三次宣伝攻勢も始まればデライト高速化も急ぐ必要があるが,CDN に関してはやはり依存を避けつつ,体系的に上手く利用出来るようにしておきたい。

この体系KNEST一環として「KDN」(knowledge delivery network)と呼んでおくことにした。

=}