{立体階層構造}{階層的}{セレンディピティ}{宇田川の用語}=}(4)
{ご回答ありがとうございます。}{迷いをなくしておく}{輪括}{引き入れ}{立体階層構造}{子輪郭}{親輪郭}{輪郭構造説明図粗描}{輪括記号}{輪結}=}(33)

{後景記号 =} について K#F85E/A-E74C-1BB1}

ご質問ありがとうございます!

記号 =} は,輪郭間の関係を表す記号で,「後景記号」と呼んでいます。逆向き {= は「前景記号」ということになります。

以下の図を見て頂くと分かりやすいのではないかと思いますが,「立体階層構造」とも言える輪郭同士の入れ子関係は遠近関係でもあります。つまり,親輪郭前景(手前)で,子輪郭後景(奥)に配置されているというイメージです。

親子というのは便宜上の表現で,正式な用語としては前景・後景といいます。一覧では三層になっていますが,中間のものは中景と呼びます。

この記号は,どちらかというと不等号集合記号のような数学記号イメージで昔考案したものです。単純に連想関係を表す矢印のようにも見えるので分かりやすいだろうと思いました。

ちなみに,引き入れ関係は「輪括」(リンクルージョン)と呼びます。希哲館訳語輪結リンク)と引括インクルージョン)の合成です。この二つの性質を合わせ持っていることを表現しています。

後景記号前景記号を総称して「輪括記号」とも言えます。

このあたりの用語記号はまだ整備途上なので,将来的には変わる可能性もあります。

逆向きの方が直感的というのは新鮮ご意見だったので参考になりました。今後の検討材料に加えさせて頂きます。


{原則}{立体階層構造}{関連付け}{文章}{障害}{時系列}{整理}{公開}{投稿}{KNS}=}(11)
{出番}{語彙研究}{立体階層構造}{平面的}{ウィキ}{情報}{階層構造}{問題}{デライト}{ちまちま}=}(16)
{立体階層構造}{立体}{アウトライナー}=}(3)
{立体階層構造}{多重階層}{階層構造}{多重}=}(4)
{立体階層構造}{立体マインドマップ}{マインド マップ}{宇田川の用語}=}(4)