{一日一文}{日本のネット文化}{終戦直後}{日本の独自性}{世界一“面白い”ネット献典コンテンツを……という誤算}{外来語翻訳}{ギブ・ミー・チョコレート}{盤本}{英語}{ネット人口}...=}(56)

{世界金融危機は日本人の何を変えたのか K#F85E/A-E74C-1766}

先日の一日一文世界一“面白い”ネット献典コンテンツを……という誤算」でも希哲館事業ネット文化すれ違いについて書いたが,これは恐らく,単にネット人口が増えたことだけが原因ではない。

希哲館事業が発足した希哲元(2007)というのは,日本人には「リーマン・ショック」でお馴染みの世界金融危機が始まった年でもあった。

振り返ってみると,確かにこの時期,日本社会にも大きな雰囲気変化があったように記憶している。テレビでもネットでも社会の先行きに対する悲観論一色だったが,個人的に興味深いのは,ネット文化変質だ。

この頃まで,例えばいま希哲館でやっている外来語翻訳であったり,独自の応司(OS)開発といった,日本の独自性強化しようという活動ネット散見されるものだった。

しかし,世界金融危機を境に,その気運が一気に萎縮してしまった印象がある。「長い物には巻かれよ」「寄らば大樹の陰」と言わんばかりに,英語アメリカ製盤本プラットフォームへの追従がよしとされるようになった。「ギブ・ミー・チョコレート」ではないが,いま思えば,終戦直後雰囲気に近かったのかもしれない。

不況ということは,企業に金が回らなくなり,何をするにも予算が減り,にあぶれる者が増えるわけで,独自性主体性なんてものは“贅沢”になる。生き残るためには自尊心より費用対効果コスパだったのだろう。

今の希哲館事業は,元気希望野望に満ちていた頃の日本のネット文化温存しているとも言える。ここから再びそんな気運を盛り上げていきたい。

=}
{描出公開原則}{あれ}{メール配信}{攻撃動機}{暗証語忘れ対策}{希哲14年7月16日2歩}{暗証語}{暗証語忘れ}{希哲14年7月15日}{新ダブルクリック方式}...=}(57)

{希哲14年7月15日の開発 K#F85E/A-5B28-22ED}

細々とした不具合修正装体調整,これまで単独で更新出来なかった知名欄新ダブルクリック方式対応などがよく捗り,全体的にデライト洗練された。

また,これまでスクリプト不具合で再編集時に知名として混入してしまっていた代置語「あれ」逆手に取り無名輪郭検索や間もなく実装予定の本文抜き出し表示の抑止活用することを考え始める。

また,描出公開原則採用してから間もなく懸念するようになった暗証語忘れ対策についても再検討し,結論として,相応の個人情報保護体制が整うまでは注意喚起に留めることにした。

デライト宣伝再開の前に,暗証語忘れをした時のため,任意メールアドレス登録出来るようにするつもりだったが,これもいくら任意とはいえ用者が増えてくれば重要情報蓄積しかねず,サービスへの攻撃動機を高めることになる。当然,メール配信手続き実装保守にかかる手間暇現状では馬鹿にならない。それに足を引っ張られデライト収益化失敗しては元も子もない。

その他方法も一般的なものから絵鍵を利用するものまで検討したが,どれも費用対効果は疑わしい。描出公開原則によって折角身軽運用可能になっているのに,中途半端になってしまう。

そもそも,全ての輪郭公開されている以上,仮に暗証語忘れをしても再編集などの操作が出来なくなるくらいのことで,情報共有可能な状態で残っている。

用者には最低限録入り状態での暗証語再設定機能を提供して,体制が整うまでは暗証語忘れに気を付けてもらい,万が一忘れてしまった場合は新規利用者登録しなおして,新しい利用者番号で以前の輪郭再利用することを推奨する,という方針を固めた。

また一つ,重荷を減らせた。

{希哲14年7月の月記}{あれ}{小学校時代}{収益模体}{風向き}{市場動向}{パッケージ製品}{希哲14年7月14日4歩}{予行演習}{北極4丁目}...=}(79)

{希哲14年7月12日の日記 K#F85E/A-5B28-E400}

10日の日記末尾にも書いているように,デライト離立補完遅れによりデライトの宣伝前倒し再開出来ないか検討していたが,色々考えて不可能結論付けた。

例えば,新規利用者登録停止して宣伝を再開すれば期待感は維持出来るが,その間,今以上に出来ることが無い。デライトパッケージ製品であればともかく,指先一つで試せるウェブサービスはそれ自体が宣伝材料なのであり,すぐに触ることが出来て印迫のあるものを見せる以上の宣伝活動は無いだろう。

それ以外に費用対効果の釣り合うことといえば,隙間時間ツイスト開発裏話を流しておくくらいで,これはすでにやっている。やはり,デライトの宣伝を再開したければ離立補完を終わらせるしかない。

ここで,デライト離立補完における達成期限設定の仕方を見直すことにした。

6月末の計画見直しで,非現実的目標設定による追い込み管理からの脱却を決め,デライト収益化に関しては8月一杯という率直必達期限修正した。

一方,離立補完に関しては,希望的観測で適当な達成期限を設定しては延期し続けるという状態であり,もはや期限としての意味をなしていない。そもそも,離立補完から収益化までに必要な期間は,その時の品質市場動向などに大きく影響を受けるものであり,予め想定しておくことに無理がある。このことから,まずは収益化だけを睨んでおいて,離立補完は風向きを読みながら適当な時期にすればいいのではないか,と考えた。

しかし,デライト離立補完がどれだけ完璧な状態で終わったと仮定しても,収益化までの猶予として最短でも10日程度の期間は欲しい。集客さえ出来れば収益に繋げられる収益模体はすでに作っているので,時間差分として10日もあれば希望が持てる。これを意識しておく意味はある。つまり,8月31日が収益化の必達期限であれば,自ずと離立補完の必達期限もキリのいいところで8月20日あたりに定まる。中間の努力期限目安程度にはあった方がいいだろう。

そこで,8月31日20日を収益化・離立補完の必達期限として,8月20日10日8月10日7月31日7月31日20日とほぼ10日刻みで中間の努力期限を設定することにした。いずれにせよ期限より早く出来る分には問題ないので,これ以上細かく刻むのも無意味だろう。

それぞれの期限を把握しやすいように「地獄の1丁目」のような名前を付けたくなったが,努力期限はあくまでも目安であり,これまでのような追い込み管理ではないので響きが重過ぎる。

そんなことを考えていて,ふと,白熊作戦について思い出した。デライトダーウィンの海攻略作戦として,昔の私の用語「ホワイト・オーシャン戦略」にちなんで命名し,一時は細かく目標管理をしていたがコロナ危機からの慌しさですっかり忘れていた。

この際ついでに復活させ,4組の期限を「北極1丁目」(7月31日20日),「北極2丁目」(8月10日7月31日),「北極3丁目」(8月20日10日),「北極4丁目」(8月31日20日)と呼び,これからの計画を「新白熊作戦」と呼ぶことにした。今は北極1丁目にいることになる。

いま思えばデライト正式離立予行演習のようなもので,思うようには行かなかったが,学べたことがたくさんあった。離立補完が正真正銘失敗の許されない本番になりそうだ。

デライトと直接の関係はないはずだが,この日,なぜだか小学校時代のことをよく思い出した。当時,上手く言葉に出来なかった自分の思いがよく理解でき,これまでになく記憶が鮮かになったような気がした。

これだけの考え事をしてさて寝るかという時,デライト上で非常に勇気付けられる嬉しい反応があり,興奮して久しぶりの夜更かしをしてしまった。デライトをよりよいものにすることに専念しようと決意したばかりだったので,不思議偶然でもあった。

この日記は,少し余裕が出来た14日にこの日考えていたことを整理して書いた。

{ipa_rdrw}{ipa_drw}{希哲13年12月26日の進捗時限}{希哲13年12月26日}{希哲13年12月26日の進捗}{dln_lng}{進捗記録}{6歩}{進捗時限記録}{進捗時限}...=}(18)

{希哲13年12月26日18歩 K#F85E/A-5B28-52EE}

デライト最終調整

途中で終了。

結局6歩も費してしまったが,dln_lng の削除,時印関係の表現統一(dt から ts へ等),出与え型ビューの整理,ipa_drwipa_rdrw の追加など,やっておきたかったことを一気に済ませることが出来,交度から大分雑音が消えた。費用対効果は高い作業だったと言える。本番環境の更新も無事完了。

体力も限界に近いため,今日はここで睡眠を取ることにした。

=}
{デルンの実用化}{希哲13年4月19日}{希哲13年4月19日のツイスト}{戦略的不勉強}{ツイスト}{パラ・シンギュラリティ}{費用対効果}=}(7)
{費用対効果}
{}