{Dex 改良}{希哲15年5月の月記}{希哲15年5月20日}{デラング}{希哲15年5月下旬}{デライト宣伝}{第四次宣伝攻勢}{デライト高速化}{一辺倒}{希哲15年5月中旬}...=}(37)

{希哲15年5月20日の日記 K#F85E/A-E74C-7BFC}

中旬最終日なので,軽く振り返りをし,今後について少し整理した。

この中旬ではデラング整備デライト高速化を半々で進めるつもりだったが,思いのほかデラング一辺倒になった。想定外ではあるが,これはこれで悪くもない。

特に,渡括(トランスクルージョン)記法視野に入り,Dex 改良が大きく進んだのは収穫だった。これにより,新生デライト像がまた更新された。

今月下旬にもデライト収益目標達成を見込んでいたが,結果として比較的長期を睨んだ作業が増え,これは微妙になってきた。とはいえ,余裕があるならかけるべき時間はかけた方が良いので,今月収益目標よりも新生デライト集中することにした。

開発熱中することが多くなり,デライト宣伝は自然に減っている。やはりここで第三次宣伝攻勢区切りということになるかもしれない。

デラング整備文書整備への寄与も大きいため,デラング整備,文書整備,新生デライトを経ての第四次宣伝攻勢高速化という経路が見えてきた。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の月記}{14歩}{面白がられる}{良いネタ}{火が付く}{希哲館事業の重さ}{希哲13年}{握接状況}{希哲15年5月3日}...=}(80)

{希哲15年5月3日の日記 K#F85E/A-E74C-D43C}

引き続き生活習慣改善が進む。

昨晩からやたら調子が良い。生活習慣改善が頂点に達した希哲13年頃に使っていた製品を揃え,同じように手入れし始めたばかりだった。当時熱心研究していただけあって,ってしまうほどの即効性だ。


デライト宣伝は少し抑制した。やはり手応えの良さに対して高速化が遅れている。

昨年,最初に宣伝を始めた頃から感じていたことだが,やはりデライトは妙に掴みが良い。「面白そう」と思ってもらうまでは早い。そこから「分かりにくい」と大半が脱落していくが,流石に一年前とは比べ物にならないほど改良されているので,一応登録自我数にも描出にも反映されるのは早くなっている。

感覚的に,今のデライトはいつ火が付いてもおかしくない。ただ,その時に耐えられる実装ではない。握接状況観察しながら,それを恐れてしまっている自分がいる。

実際,握接集中微妙デライト挙動がおかしいと感じることが多くなった。この日は珍しく新規描出違了遭遇した。

安定拡大戦略で“希哲館事業の重さ”に期待出来なくなっている,ということもある。希哲館事業デライト宣伝にとって重荷であり,当面理解されることなどないだろうから,過熱抑止してくれるはずだ……安定拡大戦略はこの観測依存していた。

ところが最近,一日一文良いネタになってしまっていることもあり,自分の中で希哲館事業デライト調和しつつあるように感じる。上手くデライトに物語性を与えてくれている。

敬遠してもらいたかった希哲館事業が,無視されるか,事によると面白がられることすら想像出来てしまうようになった。これは本来喜ぶべきことだが,安定拡大戦略にとっては誤算だ。

とはいえ,安定拡大理想であることに変わりはなく,希哲館事業の重さも全く使えなくなったわけではない。とりあえず安定拡大戦略は維持しておくとして,デライト高速化で補うしかない。


進捗14歩まで出て,目標まで文字通りあと一歩というところだ。

一日のまとめはいつも寝る間際になってしまうが,どうしても考え事が多くなるので入眠を妨げる。これからは就床2時間前には始めることにした。時間が余ったら開発作業を進めるなり文章を書くなりしていればいい。昨日から考えていたが明日から実践する。

活動も早めにし,17時までに10歩以上は終わらせ,22時就床目標にする。

黄金週間が終われば6時には朝のデライト宣伝を始めたいので,早寝早起き出来るようにしておかなくてはならない。

4日覚え書きに大幅加筆修正

=}
{一日一文}{好きではない}{〝〟}{“”}{爪括弧}{希哲15年4月30日の進捗時限}{希哲15年4月30日の進捗}{希哲15年4月30日}{検討}{進捗記録}...=}(30)

{希哲15年4月30日3歩 K#F85E/A-E74C-A4D3}

これまで使用を避けてきた二重括点“”爪括弧〝〟の類を執筆導入することを検討

和文中の記号として判読しにくい場面がある,作法統一されておらず入力面倒といった理由であまり好きではなかったが,やはり括弧類だけでは微妙意味合いを十分に表現出来ない。一日一文を再開してからより強く感じるようになった。

とりあえず,二重括点“”を使ってみることにして終了。

=}
{浮上式隠し}{初出振るい}{デライト高速化}{希哲15年4月12日10歩}{隠し化}{自我の隠し化}{体感表示速度}{希哲15年4月20日}{実装方針}{KNEST 隠し実装}...=}(34)

{希哲15年4月20日の開発 K#F85E/A-E74C-F806}

主にデライト高速化KNEST 隠し実装自我の隠し化

糸間共有であることもあり KNEST 隠し慎重実装を進めてきたが,ようやく初出振るい出来た(9歩)。これが最初の KNEST 隠し実装ということになる。適用は最小限範囲に留めた。今のところ上手く動いている。

出場負荷軽減には期待出来るものの,体感表示速度改善としてはまだ微妙なところか……と思ったが,あちこちページ移動を繰り返していると確かに速くなっていることが分かる。

試金石のような役割を期待していた自我の隠し化だが,まずは成功と言っていいだろう。これで他の隠し化も一気に進めやすくなったのは大きな進展だ。


4月12日10歩から考え始めた浮上式隠し実装方針もまとまってきた。

重複検出には p_勘体利用することにした。

{希哲15年4月20日の開発}{初出振るい}{KNEST::cch_ego_T}{応答時間短縮}{不安定化}{希哲15年4月20日の進捗時限}{希哲15年4月20日の進捗}{デライト高速化}{自我の隠し化}{0.5秒}...=}(32)

{希哲15年4月20日9歩 K#F85E/A-E74C-751D}

デライト高速化KNEST 隠し実装自我の隠し化

途中で終了。

KNEST::cch_ego_T がある程度の形になったため,手定め初出振るい。まずは輪郭一覧部分にのみ適用

KNEST 隠し糸間共有なこともあり不安定化懸念実装慎重にせざるをえなかったが,今のところ上手く動いている。

ばらつきはあるものの,0.1秒から0.5秒ほどの応答時間短縮が見られた。

体感的には微妙なところだが,出場負荷軽減効果は大きいだろう。

何より,これで KNEST 隠しの実装を進めやすくなったのは大きな進展だった。

=}
{優劣付け}{粋がる}{競争疲れ}{競争激化}{面白い変化}{風向き}{個人知識管理サービス}{雰囲気}{微妙}{反動}...=}(12)
{自輪郭}{他輪郭}{希哲15年2月13日の開発}{時印更新}{時印更新ボタン}{目立ち過ぎる}{希哲15年2月13日の進捗時限}{希哲15年2月13日の進捗}{希哲15年2月13日}{読み取り専用}...=}(51)

{希哲15年2月13日6歩 K#F85E/A-E74C-F2A8}

知名編集周りの不具合修正調整

いったん終了。

無名輪郭描写だけを編集保存した際,知名「あれ」が設定されてしまう問題他輪郭知名欄を開いても読み取り専用になっていない問題,輪結URI 符号化が出来ていなかった問題,その他表示上の調整を終えた。

全て実用上大きな問題ではないが,微妙違和感使いにくさを感じさせる要因ではあった。

他輪郭知名欄は開けても仕方ない気もするが,将来的に特殊記法を導入する可能性があり,写し取りしやすいという実用上利点も一応ある。

知名欄を開いて閉じるだけで更新されてしまう問題だけが気になるが,これは近いうちにやる同期見直しとまとめることにした。

ここでふと,時印更新用のボタン描き直しボタン表示させるようにすることを思いついた。

自輪郭更新日時の記号をボタンに変え,押すだけで時印更新出来るという方向検討していたが,想定される使用頻度の割に目立ち過ぎ誤操作誘発しかねないという問題があった。

描き直しボタン輪郭更新にかかわるウィジェットを全て表示するボタンと捉えれば,時印更新ボタン表示させる機能を兼ねさせるのも理に適っている。

=}
{希哲15年2月11日の開発}{h2}{中景輪符}{希哲15年2月11日の進捗時限}{希哲15年2月11日の進捗}{希哲15年2月11日}{輪符要素}{検索画面}{吊るし輪郭}{吊るし検索}...=}(35)

{希哲15年2月11日2歩 K#F85E/A-E74C-E014}

輪符要素仕様整理きっかけに,デライト文書構造見直し

現状,中景輪符はただの div 要素だが,h1h2 にしようとすると微妙に難しい問題がある。

まず,通常の検索画面には h1 相当の要素がない。非表示にするのも全知検索窓を h1 を括ってしまうのも微妙に気持ち悪い

中景輪符h1 にしてしまうという手はあるが,この場合は吊るし検索の際に吊るし輪郭の中景輪符を h1 にしたいので,h2 に切り替える必要がある。さらに,描写見出しが含まれる場合(デライトでは見出し記法は未実装),その階層も切り替える必要がある。それ自体は難しい実装ではないが,隠しをどうするかという問題もある。

中景輪符に限らず,現状では全体的に構造化が甘く,検索演心最適化余地も大きい。

=}
{微妙}
{}