{お目汚し}{世にも珍しい}{人気サービス}{有名サービス}{一日一文}{デライト収益目標達成}{デライトの現状}{安定拡大戦略}{超低経費}{用合い設計}...=}(147)

{ネットサービスにおける「成功」とは何か K#F85E/A-E74C-A43E}

ネットサービスで「成功」と聞くと,有名で,人気があって,という感じにイメージする人が多いだろう。ただ,サービス開発現実はそこまで単純ではない。企業は,顧客投資家の手前,明るい側面ばかり見せようとするものだ。世の大抵のサービスは,何らかの意味で「火の車」だと思って間違いない。

デライトも一応ネットサービスに含まれるし,今は収益目標達成に向けて邁進しているところだ。利用者の方から色々な助言を頂くこともある。その中で,外から見た「成功」と内から見た「成功」の違いについて考えさせられることが多い。


デライトは,「安定拡大戦略」と呼ぶ戦略を取っている。その名の通り,急拡大を避け,制御可能な範囲で安定的拡大を続けていく,という戦略だ。つまり,世間でイメージされるような,バズって有名になって上場するなり売却するなりして大儲け,というような「成功」は,元よりデライトの目指すところではない。それどころか,避けたいとすら思っている。

これは,デライトが希哲館事業一環として開発されているからだ。希哲館事業は,知能増幅(IA)技術による民主主義資本主義革新目的とした事業であり,その性質上,独立性生命線にも等しい。

ソクラテスが何と闘い,何に殺されたのかを引き合いに出すまでもなく,権力権威大衆は,どれもが従ってはならないものだ。出資に頼ることも寄付に頼ることも出来ない。となれば,自分で稼げる範囲で運営していくしかないわけだ。

投稿で賑わっているのが成功しているサービスかというと,それも難しいところがある。閑古鳥が鳴くような状態も困りものだが,低質悪質な投稿であふれ返っているような状態がデライトにとって望ましいとも言えない。特に恐れているのは,よくいう「コミュニティ空洞化」だ。悪貨が良貨を駆逐するような状況に陥いることは何としても避けたい。

個人開発サービスによくあるのが,何かの拍子に爆発的人気を得たものの,運営費などが捻出出来ず,どこかの企業売却あるいは譲渡せざるを得なくなった,という例だ。それなりの金額で売却出来れば成功と見る人もいるが,デライトでは最悪の失敗として想定している。

デライトは,希哲館事業心臓のようなものであり,万が一にも手放すことはない。手放すくらいなら心中するという覚悟開発している。


デライトは,今のところ,有名サービスでもなければ人気サービスでもない。では上手く行っていないのかというと,面白いことに,世にも珍しいほど上手く行っているサービスなのだ。

世界初の実用的な知能増幅技術を実現した輪郭法という基礎理論は,私が17歳の頃に考案したものであり,デライト実装も全て私の手によるものだ。周辺技術もオープンソース基礎として独自開発最適化したものを応司(OS)から論組プログラミング言語範枠フレームワークにいたるまで整備している。

例えば,用合い(UI)設計語体ロゴタイプアイコン制作といったことから,論組プログラミングサーバー管理広報経営まで,とにかく何でも一人でやっている。デライト上にある中核的献典コンテンツも私が書いている。

別に自慢話をしているわけではない。これが意味することは,デライト驚異的高効率開発運営されているということだ。普通の開発現場というものを知らなければなかなか想像出来ないことかもしれないが,サービス開発者にとっては喉から手が出るほど欲しいような環境を,すでに手にしているのだ。こればかりは,GAFA のような超大企業が金を積んで手に入れられるものでもない。

人件費がかからないのは言うまでもないが,中核となる全ての権利権限開発者が保有しているので,組織ならどんなに早くても3日かかるような意思決定が,目を瞑って3分で出来たりする。

サービスそのものも,利用者の方々のおかげで,開発快調治安良好トラフィックは安定的に成長しているという理想に近い状態にある。

収益目標達成というのは,まともに稼げていないという点以外はほぼ完璧デライト完全無欠にするための挑戦だ。それも,決して非現実的目標ではなく,見通しは明るく,時間は十分にある。しかも,超低経費のおかげで,仮にずっと稼げないままでも開発者が生きている限り潰れる心配は無い,ときている。

華々しく成功しているように見えるサービスのほとんどは,人間的金銭的技術的な何らかの問題を抱えながら運営されている。それを考えれば,まだ成功と言うには早いが,「デライトが目指す成功に最も近付いているのはデライトである」とは言える。


……昨日,早くも3日目にしてサボってしまった一日一文だが,今日は取り返そうと少し長めに書いた。

気合い空回り疲労のせいか,思っていたよりくどく,何が書きたかったのか分からない文章になってしまった。お目汚しだが,開発者デライト現状をどう見ているかの参考までに残しておく。

{デライト高速化}{自然の流れ}{計画通り}{希哲館事業の広告塔}{全ページ0.3秒以内表示}{全ページ1秒以内表示}{希哲15年4月9日}{一日一文}{デライト小理腑}{待っ読ボタン実装}...=}(73)

{希哲15年4月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2520}

昨日の激務デライト小理腑を終えた安心からか疲労感がどっと押し寄せてきた。日中はなかなか頭も手も動かず,調子が戻ってきた夜に小理腑や今後の方針についてまとめることで精一杯だった。

3日目にして一日一文休みだが,楽しもうと決めたばかりなので無理はしないでおくことにした。


小理腑後に残った時間では上旬中に出来ることも高が知れているため,今日で短期集中生活を終えようかと思ったが,振り返ってみると,短期集中生活に入った28日の開発待っ読ボタン実装理腑時間を充てることを決めていた。前後しただけで方向としては計画通りに進んでいるので,もう一日頑張り,待っ読ボタン実装までは上旬中に終わらせることにした。

中旬は,小理腑で得たものを最大限に活かし,新生デライトをこれまでの想定以上水準仕上げることを目指す

小理腑に時間をかけたことで第三次宣伝攻勢開始が遅れる可能性もあるが,『道草録』が多少は補完してくれるだろうし,調整はどうとでも出来る。


完成度勝負しようということ以外,まだ全体像明確ではなかった第三次デライト市場戦略についても,概ね考えがまとまった。

いわば「希哲館事業の広告塔」という本来の位置付け立ち返りありのまま希哲館事業の全てを自然に活かしていくことにした。新生デライトへの信頼感が高まるにつれ希哲館累新の動きも加速しているので,これも自然の流れだろう。

第二次市場戦略では宣伝上のにしようと思っていた「知能増幅」についても,隠さないまでも,必要以上に前面に出さないことを方針として決めた。先月からのデライト開発快調で,知能増幅デライトの姿で示せばいい,と思えるようになっていた。


小理腑でデライト高速化新鮮手応えを得て,調安が妙に楽しくなってきた。

当初,デライト高速化の目標全ページ1秒以内表示などとしていたが,これでは遅さが気にならないだけで速さを感じるには中途半端だ。目標は高く,全ページ0.3秒以内表示を目指すことにした。いっそのこと,速さで有名になるくらいにしたい。

{乗り物酔い}{地固め}{開発中断}{15歩}{高位安定}{忙しない}{失うもの}{得るもの}{急な用事}{希哲15年3月20日}...=}(68)

{希哲15年3月20日の日記 K#F85E/A-E74C-6F0D}

組計見直すことにしていた日だが,昨日で腹は決まっている。5月1日までのデライト収益目標達成を目指し,4月中旬までは毎日開発注力する。急な用事などで多少の調整をする可能性はあるとしても,明日から4月一杯までで少なくとも30日確保出来るとみて良いだろう。

すぐに短期集中生活に入るという選択肢もあったが,それで得るもの失うもの天秤にかけると止めておいた方が良さそうだ。本格的な企業活動として負う責任も重くなり,体制を整えるためにぐんと忙しなくなるであろう達成後の生活にも備える必要がある。

生活律動を保ちながら生活習慣改善継続し,高位安定進捗を出し続けることが出来れば十分手の届く目標だ。仮に失敗したところで必達期限まで半年猶予がある。短期集中生活に入るとしても,最後の1〜2週間にすべきだろう。1日あたり平均15歩目安としておく。

生活安定し,心身の調子も良く,作業環境も整い,時勢追い風になっている。1年近く前に書いた「最高の環境最高の状態にあり最高の機会に臨める」という言葉がこんな状況でまた使えるとは思わなかったが,まさにそんな感じだ。この幸運有り難さを毎日自分に噛み締めさせたい。


デライト開発に関して当面の心配事はあまり無いが,夜にまた大きな地震があり,災害については考えてしまった。明日首都直下地震でも起きればデライトは良くて開発中断,悪ければ消滅だ。

ある程度の地固めを終えたら組織化分散も進めなければならないが,いずれにせよ収益化達成後の話だ。

宮城友人がいるのでそれも心配したが,大丈夫らしかった。


第三次生活習慣改善の一環として,一時間程度の晩の散歩も今日から再開した。脳過熱になりやすい生活が続くため,明日から短めの朝の散歩とともに毎日継続したい。

今日も夕方頃に乗り物酔いのような気分の悪さがあったが,晩の散歩後は絶好調だった。

{デライト高速化}{希哲15年3月15日の開発}{全ページ1秒未満}{5秒}{強力な武器}{最適化余地}{端末性能}{2〜3秒}{現状確認}{取り戻した}...=}(36)

{希哲15年3月15日2歩 K#F85E/A-E74C-F912}

昨日デライトの性能について自信取り戻したこともあり,本格的デライト高速化に入る前に軽く現状確認をした。

端末性能内容にもよるが,体感として輪郭一覧10輪2〜3秒1輪1秒前後と,この種のサービスとしては水準にある。ただ,新規描出5秒ほど(表示更新も含めて)かかっているのが気になる。

PageSpeed Insights による評価も決して悪くない。

大きな最適化余地を残してこれなら,速さデライト強力な武器になるだろう。

まずは全ページ1秒未満目標調整したい。

{デライト像}{有り難さ}{心身の状態}{デライト収益目標達成}{希哲15年3月1日}{希哲15年4月1日}{焦らず弛まず}{意識の変化}{新生デライト}{高進捗}...=}(34)

{希哲15年3月1日の日記 K#F85E/A-E74C-9E98}

いよいよデライト収益目標達成の限りなく必達期限に近い努力期限である4月1日まで残り1ヶ月となった。

新生デライト」という表現を考えた時は意識の変化以外に境界線が見えていなかったが,第三次宣伝攻勢を始める時にあるべきデライト像明確になってきている。これを新生デライトと呼ぶべきなのだろう。

心身の状態も各種指標すこぶる良好着実に歩を進めていけばどこかで必ず到達出来る目標だ。改めて「焦らず弛まず」を心がけて行く。

昨日のデライトよりも今日のデライトは良くなっている,と感じられる毎日が最近は切実嬉しい。この幸福幸運有り難さを何度でも繰り返し自分に自覚させたい。

今日は高進捗だったが,勢い余って明け方近くまで起きてしまっている。明日からはもう少し生活律動を意識する。

=}
{デライト高速化}{満遍なく}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}{機能追加}{利素}{用者}{ウェブページ表示速度}...=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/A-E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。

{世界最大の金脈}{1円を稼ぐことの難しさ}{デライト収益目標達成}{収益目標達成}{希哲15年2月12日}{安定稼動}{デライト文書整備}{最適化}{不具合修正}{金脈}...=}(51)

{希哲15年2月12日の日記 K#F85E/A-E74C-29FE}

このところ,デライト課題するする解決し,気付いてみれば理想に限りなく近い状態になっている。安定稼動を続けているのも大きく,あとは文書整備並行して最適化不具合修正,その他調整を積み重ねていけば良い段階に来ている。

デライト収益化」と呼んでいた目標も,文字通りに解釈すれば実はとっくに達成している。微々たるものではあるが,デライト金を稼ぐようにはなっている。黒字化というのも微妙に意味合いが異なるため,今後は「デライト収益目標達成」と表現することにした。

このあたりの表現にはあまり細かくこだわっていなかったが,最近,収益化,つまり1円でも稼ぐことと収益目標を達成することにはそれぞれ違う意義があると感じるようになった。

それは,金脈を見つける難しさ掘り出す難しさが違うことにも似ている。誰も見つけていない金脈を見つけることはその大きさ,埋蔵量に応じて難しい。これが俗に言う「1円を稼ぐことの難しさ」だ。

デライトはいわば世界最大の金脈であり,今はそこから少しずつが採れ始めた,というところだろう。しかも時間たっぷりある。この達成はすでに,とてつもなく大きい

そんなことを考えていたら感慨というより神妙な感じになってしまい,ここ最近麻痺したように無かった疲労感がどっと押し寄せてきた。

ちょうどいいので,予定していた作業中止し,昨日取れなかった半休にした。少し過熱気味だったを冷やせて良かった。

{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{希哲15年2月6日}{振り返り日記}{『希哲日記』}{デライト開発}{快調}{進捗}{目標}{日記}...=}(11)