{宣伝頻度}{大きな区切り}{希哲15年6月14日の開発}{1ヶ月ぶり}{第三次黄金状態}{希哲15年6月14日}{充実した一日}{見出し記法実装}{頭が冴える}{デライト宣伝}...=}(32)

{希哲15年6月14日の日記 K#F85E/A-E74C-E467}

やや心身の調子不安定だったが,恐らく前日影響だろう。前日夜は妙に興奮して久しぶり就床時間が遅れたが,頭が冴え早起きしてしまった。

第三次黄金状態休日を入れることの不安の一つが当たったかもしれない。これまでの平均的進捗近くの進捗が連日出ているような状態でいきなり休むのは極端過ぎるような気がしていた。半休ずつの方が良いかもしれない。ただ,休んだから悪かったのか,休んだおかげでこの程度で済んでいるのかまだ判断しかねる。しばらくは様子見するしかない。


とはいえ,開発では大きな区切りを付けることが出来,ほぼ1ヶ月ぶりデライト宣伝も出来,相変わらず充実した一日ではあった。

もともと宣伝頻度が少しずつ落ちているところだったが,見出し記法実装を終えた先月15日を最後に,まともなデライト宣伝が出来ていなかった。

第四次宣伝攻勢に向け,宣伝頻度も少しずつ上げていきたい。

=}
{Dex 改良}{Dex 行処理仕様}{希哲15年5月19日の開発}{特殊文字列}{現在行}{部区個体}{デラングの不具合}{end()}{bgn()}{不明確}...=}(64)

{希哲15年5月19日13歩 K#F85E/A-E74C-E14D}

デラング整備Dex 改良

途中で終了。

ここで Dex 実装Dex_Tにおける行処理仕様確定させておくことにした。

確定仕様

次行への移行は Dex::bl_T 個体Ctn() で自身を指す指示体を返すか,指示体を通して現在行変数に特殊文字列(現在は仮に"&&skip;"を設定した場合のみとし,それ以外は原則として現在行を維持する。

経緯

これまで,とにかく動くことを優先させて不明確な部分だったが,流石にそれで保守性維持するのは難しい規模になっていた。

10日の開発デラング不具合修正から Dex 設計見直し記法実装へと移行してきたが,これも仕様方向性を決めるためだった。一昨日の開発リスト記法実装途中で,ある程度こうあって欲しいという仕様が見えてきて,昨日の開発で入ったのが「Dex 改良」だ。

これまでのデラングの不具合で多かったのが部区切り替え失敗することだが,これも行処理の仕様が曖昧だったことが大きな原因としてある。

単純に入力を行毎に読み込み,それを部区個体スタックで処理していくという実装だったため,「現在行が勝手に進んでしまう」という問題があった。これへの対応を部区実装毎にやろうとすると複雑化してしまう。

意図

そこで,新しい部区や上位部区への移行時には現在行を維持し,同一部区での処理を継続する場合にのみ行を進めることにした。部区移行時にも明示的に次行に進める手段として,現在行を特殊文字列に置換する方法を使う。これは部分的に実装して好感触を得ていたため,部区毎ではなく共通処理化する。

bgn()Ctn(),Ctn() と end() の間でも現在行を維持することにした。後者は従来通りだが,前者では次行に進んでしまっていたため,混乱することがあった。これは少し悩んだが,bgn() と Ctn() は共通処理が多くなるため,この仕様の方が単純化する場面が多いだろうと判断した。

要するに,特定条件でなければ現在行が動かないようにすることで挙動把握しやすくする,というのが本仕様の意図だ。

課題

本仕様で概ね問題ないと思われるが,しいて言えば,各部区個体Ctn() 実装を厳密にしないと,容易に無限循環に陥いる。これまでのように行処理が勝手に進んで勝手に終わってくれないためだ。

ただ,無意味な循環を検知するような対策は難しくないので,大きな問題ではないだろう。

{希哲15年5月17日の日記}{描写渡括}{希哲15年5月17日}{リスト記法実装}{見出し記法実装}{気付いた}{Dex}{デラング整備}{暗証語}{録入りフォーム}...=}(35)

{希哲15年5月17日の開発 K#F85E/A-E74C-6A05}

描写渡括の準備開始

見出し記法実装を終えたことで描写渡括がすぐにでも実装出来そうなことに気付いた。少し考えをまとめておいた4歩

リスト記法実装

その後は主にデラング整備リスト記法実装

ある程度の形は出来たが,すっきりした実装にするには Dex の中心処理を洗練させる必要があると判断,明日から整理に入ることにした。

自動補完見直し

不具合報告16歩を受けたのをきっかけに,新規登録フォーム録入りフォーム自動補完対応を見直し17歩

当初から舞覧によっては微妙な挙動をするとは思っていたが,そもそも自動補完は舞覧が余計な推測をしがちな部分であり,autocomplete 属性指定しておくべきだった。

結果的に,自動補完は安定し,舞覧によってはより的確支援をしてくれるようになった。

偶然にも今日,電話で話していて,毎回暗証語を入れるのが面倒だというようなことを言っていたのが気になっていた。それもこのあたりが原因かもしれない。

{睡眠}{希哲15年5月の月記}{デラング}{脳のお告げ}{希哲15年5月下旬}{3〜4週間}{1〜2週間}{未実装記法}{戸惑い}{希哲15年5月上旬}...=}(82)

{希哲15年5月11日の日記 K#F85E/A-E74C-CC6D}

しっかり睡眠を取り,9時には仕事を始めることが出来た。重めの一日一文も書いたが,開発作業にも集中することが出来た。また理想の生活律動に近付けた。

ただ,途中で少し考え事にふけってしまい,思ったより進捗は伸びなかった。昼過ぎには10歩を越えていたため,178歩で終わるかと思っていたが,また14歩で終わりそうだ。こんな考え事だけで終わる日も珍しくなかったことを思えば大きな進歩か。


その考え事というのは,今月上旬振り返りと今後の展望についてだった。

生活習慣改善が自分でも信じられないほど進んだ上旬だったが,デライト開発では目立った収穫が無いように思えた(後で考えればルビ記法は小さくなかったが)。それでも,生活習慣改善の方があまりにも意外発展だったので,戸惑いつつもまあ悪いとも言えないか……などと考えていた。

しかし,これも意外なことに,デライト開発の展望も別に悪化してはいない。むしろ,デライトの成功がより明確想像しやすくなっているような気さえした。

この上旬に開発で何があったのかよくよく考えてみると,高速化の要だった KNEST 隠し実装はもう少し時間をかけて全体的整備することになり,その前に軽く済ませておこうとしたデラング不具合修正も,2日間睨めっこした挙句,もっと広範囲見直し必要判断したところだった。

結果として,KNEST 隠しでは隠し同期実装水平拡大の開始,デラングでは仕様が決まっている未実装記法の一斉実装まで視野に入ってきた。それもこの中旬でだ。

今月頭の時点では1〜2週間程度の視野無理判断していた課題が,3〜4週間に視野を広げることで効率的解決出来そうな状況になっている。しかも,それに耐えうる生活律動も出来ている。下旬あたりの収益目標達成狙い撃ちするかのような調子だ。

そう意識的に考えたわけではない。柔軟性のためにあえて無計画無期限作業を進めてきたが,そのせいで近視眼的になっていたのも確かだ。それを勝手計算に入れ,修正していたことに,ついさっき気付いたのだ。その帰結もことごとく妥当と来ている。

時々あることだが,いつ体験しても不思議なものだ。いつも救われてきた“脳のお告げ”なので,大人しく従っておくことにした。

{}{希哲15年}{希哲15年4月の月記}{希哲15年4月30日の日記}{頭が冴える}{好状況}{噛み合う}{状況の変化}{疑いの余地}{白紙化}...=}(166)

{希哲15年4月29日の日記 K#F85E/A-E74C-0257}

昨日から妙に気分ぐらぐらしているというか,気持ち身体が付いてきていないような感覚があった。この日も急に気分高揚したと思ったら急にぐったりするなどして,明らかに呼吸が乱れている様子だった。

昨晩の就寝中,軽い胸痛を覚えて少し寝苦しかった。一昨日デライトは数ヶ月以内に成功確実」などとんでいたのだから,体調が良くなる心当たりはあっても悪くなる心当たりはなく,珍しいことだが気のせいだろうと最初は思っていた。

結局,日中もいまいち調子が出なかったため,作業はほどほどに,じっくり状況気持ち整理することにした。


すでにデライト開発は十分な持続性確保し,仮にずっと収益目標達成が出来なくても死活問題にはならない,という状況にあった。

しかし,デライトの成功ではなく“希哲館事業の成功”を考えれば悠長なことはしていられない。多少のリスクを負っても早期に収益目標を達成しなくてはならない。その思いから11月1日としていた必達期限5月1日繰り上げ短期集中生活に入ったのが先月28日だった。

この短期間に多くの成果を得て,さあこれから正念場だという時に,負っていたはずのリスク消し飛んだ。6月末あたりまで,あと2ヶ月はこのままの態勢で問題なくデライト開発を続けられることになった。一昨日,27日に起きたのはそういうことだった。

多少の不安はありつつ,5月1日までの収益目標達成にもそれなりの勝算があった。その猶予が2ヶ月近く延びれば,達成出来ないことを想定する方が難しい。必達期限を繰り上げる前より4ヶ月以上早い達成見込みが出来たことにもなる。

安全着実に歩を進めていては達成出来るのが数年後になるかもしれない,という見込みだったから多少の無理にも意味があった。その数年が2ヶ月以内になるなら,この数日にデライトの成功を賭ける意味は全く無い。

1日までは既定路線頑張ろうという気持ちに反して,妙に脱力感が強いと思ったが,なるほど勝手に肩の力を抜いた身体の方が正しい


ここで,デライト収益目標における必達期限再設定をどうするか考える必要に迫られた。

黄金週間最終日まで延長するか,6月末まで延長するか……等あれこれ考えた結果,期限に関してはいったん白紙化,当面はこのままデライト高速化中心第三次宣伝攻勢を「無期限」で継続することにした。

そもそも,これまでの努力期限必達期限というのは,先行き不透明目標に対して,最大限努力するように方向付けるためのものだった。その必要を全く感じないほど視界良好だ。これまで視界を遮っていたが一気に晴れ,すぐそこに目標が見えているように感じられる。

もっとも,気を抜き過ぎたり,天変地異事故のような予測しえない事態に煩わされたり,万が一のことが無いとは言えない。6月末までの収益目標達成は,選挙でいえば「当選確実」に近い確度だ。理論上絶対とは言えないが,現実的には達成とみなして良いほどの確かさ,ということになる。

そして,現状総合すれば,収益目標達成はそのままデライトの成功と言える。つまり,デライトは「成功確実」の状態にあり,希哲館事業の成功に向けた確かな足掛かりが出来たことになる。

絶望的悲観から希哲館事業を始め,あらゆる極限状態想定して超高効率経営運用体制を作り上げてきた自分が,ここまで状況楽観視していることに自分でも驚く14年に及ぶ希哲館事業の歴史でも初めてのことだ。だから自分自身でこの判断疑いの余地は無い。

特に今年に入ってからというもの,急激状況心境の変化を繰り返し,何度目が回ったか分からないが,これは特大かもしれない。


今月中旬からの高速化中心としたデライト開発24日からの第三次宣伝攻勢が非常に上手く噛み合い安定感が出てきたこともこの確信に大きく寄与している。

特に第三次宣伝攻勢に関しては,もともと新生デライトを形にしてからという計画だったのを済し崩し的に開始した上,開始時期も予定より3日ほど遅れたことで,当初は成り行き不透明感があった。

始めてみると想像以上手応えが良く,懸念は早々に払拭することが出来た。まだ活動用者増加には十分繋がっていないが,しばらく停滞していた登録自我数も早速伸び始めている。

黄金週間を狙った作戦大当たりだったようだが,高速化を中心として臨機応変作業を進める方針への転換も,想定外好状況を導いたという点で大当たりだ。高速化前の現状整理功を奏した。


一日中散歩が出来なかったこともあり,約2ヶ月ぶりに陶練再開した。とはいえ前回も久しぶりの再開で一日で終わっているので,流石に体力がかなり落ちているのが分かった。

それでもやはり運動をするのは気持ちが良く,頭も冴える

これからは高位安定進捗を出し続けることが重要になるため,これまで以上に規則正しい生活心掛ける


ここまでの思考を書き出すには夜遅過ぎたので,まとめるのは明日にしてさっさと寝ようという頃,この日記実質の「デライト成功宣言」になるかもしれない,と思った。

30日振り返り日記

{一日一文}{デラング}{希哲13年}{デライト宣伝}{デライト高速化}{希哲15年4月14日の日記}{希哲15年4月14日の開発}{高度な機能}{修正回数}{重くなる}...=}(174)

{デライト高速化前の現状整理 K#F85E/A-E74C-A2D0}

希哲15年4月14日本格的デライト高速化に入る前の現状整理について,ここに記録しておく。

2月後半を預っていたこともあり開発集中しにくかったが,3月の頭からデライト開発はいわば「快調期」に入った。この想定外快調でそれ以前の計画良い意味狂うことが多くなり,3月8日からは計画にとらわれず直感に従って作業を進めていくことにしていた(日記)。

この快調によって,より高い完成度での新生デライトを目指すことが出来るようになり(第三次デライト市場戦略),3月20日収益目標達成努力期限5月1日延長28日にはこれを必達期限として,同時に短期集中生活に入った(日記)。短期集中生活は今月10日に終え,やり残した待っ読ボタン実装昨日一段落した。これが「デライトこれまでのあらすじ」といったところか。

少し落ち着いたところで,次の作業に入る前に現状整理することにした。収益目標達成期限まで残すところ半月,作業の優先順位見極める必要があった。短期間にこれだけのことがあると,流石に頭の中も混乱気味だ。もやもやしたものを晴らしておきたかった。

現在のデライト開発速さ予測不可能性を考えると,やはり中途半端な計画足枷にしかならない。「黄金循環高速化」としてのデライト高速化中心に,機能追加文書整備宣伝等々,全てを臨機応変巻き込みながら片付けていく,というのが現状での最適解結論付けた。

デライトにとって最大の付徴輪郭法であって,枝葉末節機能ではない。それを磨き上げ伝わりやすくする作業でもある。


作業項目としての「デライト高速化」を意識し始めたのは2月17日の開発からだった。当初は機能追加よりも優先し,文書整備並行させることを考えていた。その後,快調期に入ってから機能追加優先順位が上がり,特に Dex によるデラング整備優先するようになっていった。

今月頭の時点での大まかな見通しは,10日までに必要な機能追加20日までに新生デライト仕上げ,文書整備を終え,21日から第三次宣伝攻勢を開始,並行してデライト高速化を進める,というものだった(1日の日記)。

ところが,@icl() 周辺整備をきっかけに入った小理腑が,1〜2日という想定よりも長引き(6日間),上旬がほぼ潰れた。更に,これが思わぬ体感表示速度向上に繋がったことで,一気に高速化への持ち辺が高まった。この頃から,どちらかといえば後回しにするつもりだった高速化を最優先にすべきではないか,と考えるようになっていた。待っ読ボタン実装を終えた昨日の時点でほぼ腹が決まっており,最終確認のためにこの現状整理をしているわけだ。この判断収益目標達成成否直結するだろう。


デライト高速化の主な意義としては,用者体験の向上,SEO負荷軽減の3つを当初から見込んでいた。

小理腑後は,これに開発効率描出効率向上という意義が加わった。手定め時間短縮にもなるし,より描出を上げを増やすことにも繋がるだろう。頭では分かっていたことだが,速いデライト体験して実感が出てきた。この「先行体験」をさせてくれた小理腑の影響が大きい。

Dex 以後,デラング活用することにした文書整備にも寄与することになる。


高速化に並ぶ大きな作業分類であるデラングを含む機能整備機能追加),文書整備と比べても,やはり高速化が優位だろう。何より,高速化は技術面でも設計面でもデライト向きであり,この中で最も「伸ばせる」ところだ。本領発揮と言ってもいい。

機能追加が訴求するかどうかは当たり外れが大きい。開発者が求めているものと用者が求めているものは異なることが多いが,用者が求めているものと必要としているものも往々にして異なる。要望に応えても,思ったより必要なかったということもある。これは用者が馬鹿だからではない。開発者ですら,思ったより要らなかった,要らないと思っていたが意外と便利だった,ということは多々ある。人間そんなものだ。それでも,十分な時間があれば「数撃ちゃ当たる」で成功確率を高めることは出来るが,今はそうではない。

そもそも,現状デライト活動用者極端に少なく,動向分析する標本にもならない。まずは入り口の手前にいる人達を呼び込む必要がある。そのためには,一部の用者しか使わない高度な機能よりも第一印象重要であり,これに寄与するのは高速化だ。

また,機能追加には程度の差こそあれ通信処理上の負荷が伴なう。予定している機能を現状のデライトに全て詰め込めば明らかに重くなるのは目に見えている。


文書整備に関しては,ある程度機能整備が済んだところか,少なくとも機能整備と並行させなければ作業効率上の問題がある。これだけ仕様変更機能追加が激しい状況でなまじ文書を追随させても修正回数が増えるだけだ。先の理由で機能整備を後回しにするなら文書整備も後回しにするほかない。

現状,「使い方」などの文書は離立補完を最後にほとんど更新しておらず,実装との乖離が激しくなっているが,逆に言えば,無駄な修正作業が省けたということだ。新生デライトが熟れるまで放っておくのも一つの手だろう。

宣伝においても体験重視するようになる中で,相対的な重要性が低下していたということもある。「良い文書のある悪い体験」よりは「悪い文書しかない良い体験」の方がマシだ。


黄金循環」は,1月から再認識し,2月までよく言及していたが,3月からは快調期目まぐるしさ横に置いていた。

振り返ってみると,2月20日の日記高速化との結合予期するようなことを書いている。ただ,それほど強く両者の結合意識していたわけではなく,黄金循環高速化手段明確ではなかった。「全知検索の改良」と言っても,基本的な部分で問題の多かった希哲13年頃に比べ,今では範囲が広過ぎる。

快調期以後,計画ではなく直感に従うという戦法難局を上手く切り抜けてきたが,「次の作業」を意識するようになった短期集中生活終盤あたりから,作業になるものが欠けていると感じていた。

ここで高速化黄金循環結合してそのとして機能し始めるのだから,劇的な展開と言うほかない。ここまでの経験が全て一つに繋がったことになる。

{一日一文}{希哲15年4月の月記}{落ち着かない}{発信手段}{体感表示速度}{デライト小理腑}{Aejs の iframe 干渉不具合}{追記系道手}{挿入系道手}{一日一文の再開}...=}(67)

{希哲15年4月10日の日記 K#F85E/A-E74C-2B07}

昨日の時点で疲労の蓄積限界に近付いていたが,今日もやはり疲労感が強かった。だらだら一日一文を書いたところで気力が尽きてしまった。

これ以上は無理をしても非効率なだけと判断24時を過ぎたところで一日のまとめに入り,短期集中生活を終えることにした。待っ読ボタン実装は手を付けたばかりのところで中断した。尾を引かない短期集中生活は経験上2週間限度と見ていたが,今回もそれが実証された。

今回の短期集中生活でも想定より出来たことと出来なかったことがあるが,今出来るだけのことを全力でやってみて,その結果早期に得られたということが何よりの意義だ。これを踏まえて,今後の組計最適化していくことが出来る。

先月28日からの2週間開発上の主な収穫は,共有ボタン完成30日),窓間同期仕様進展(〃),Aejs の iframe 干渉不具合解消(31日),@icl() 実装改良1日),画像補完実装改良(〃),追記系道手挿入系道手整理2日),小理腑による保守性体感表示速度の大幅向上(3日8日)……等々と,やはり想定外だったことが多い。気付くべきことに早く気付けたということでもある。

開発以外では,一日一文の再開7日)も大きい。今後,有力発信手段になる可能性を感じている。

次の焦点は,20日までにどれだけ高い水準で新生デライト仕上げられるかだ。小理腑などで開発効率は大きく改善しているので,これを最大限活用したい。


疲労のせいか,今日の一日一文は妙に内省的というか,自分向けに書いてしまった感がある。まあ,キリの良いところでデライトの現状再認識出来たので丁度良かったのかもしれない。

しかし,れば確実勝てるという状況でも,勝つまではこんなにそわそわした気分落ち着かないものか。

{代替経路}{代替製品}{希哲15年3月21日}{19時20分}{抜控}{DHR47JP50V4}{抜控記録}{困った}{品薄}{判断}...=}(18)

{希哲15年3月21日の抜控 K#F85E/A-E74C-EB56}

DHR47JP50V4 がやっと入手出来たため再開。急に品薄になったが,意外と要件を満たせる製品が見つからず困った売れ筋にないと仕様だけでは信頼性判断しにくい。代替経路なり代替製品をいくつか用意しておく必要がある。

19時20分頃,抜控 DVD を作成。

{希哲15年3月16日の開発}{最終形}{再改名}{Cμ 流}{抽象部区}{夜更かし癖}{Dex::bl_T}{C 風}{割封化}{希哲15年3月16日の進捗時限}...=}(34)

{希哲15年3月16日13歩 K#F85E/A-E74C-5960}

デラング整備Dex 実装作業

途中で終了。

どこまで複雑化するか分からなかったため,あえて C 風ベタ書き方をしていた Dex_T内部実装だったが,高機能化を進めれば保守性維持することは困難判断Cμ 流客体指向書き直し

割封化により当初の抽象部区として扱えるようになり,Dex::buf_TDex::bl_T再改名バッファはその要素とした。

結局,行くところまで行き,設計に関してはほぼ最終形になったか。

また夜更かし癖が出てきているため今日はここまで。

=}
{判断}
{}