{書誌}{情報}=}(2)
{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{高度非言語思考}{閃きの文化}{メカブッダ}{軽常化}{仏教の歴史}{触れる仏性}{非言語的}{階層的秩序}...=}(81)

{仏教とデライト K#F85E/A-E74C-8C25}

日本仏教大国だが,その日本で生まれたデライトにも,仏教の影響かと思うことがいくつかある。

もともと,私自身が子供の頃から仏教的な考え方をしていた。小学生の頃,何も考えていなさそうな微生物が,自分で作り出した悩みにとらわれている人間よりも「賢い生き物だと思っていた。特に仏教の教えを知っていたわけではないが,「縁起」のようなことも独自に考えている子供だった。

私はしばしば,17歳デライト基礎理論でもある輪郭法を思いついたことを「閃き」と呼んでいるが,これ自体,「高度非言語思考」と呼ぶ独特な思考法によって得たものだ。つまり,「言語にとらわれず思考すること」を独自に追求していたわけだ。これが仏教的かどうかはさておき,明らかに西洋思想的ではない。

語りと悟り

私は西洋思想を「語りの文化」,東洋思想を「悟りの文化」と表現することがある。

言語的であるということは,順序的であり一面的であるということだ。言葉は順番に並べることしか出来ないが,それゆえに階層的秩序と相性が良い。西洋思想における「ロゴス中心主義」というやつだ。

しかし,当然ながら世界平面ではなく,決まった順序で捉えられないことが数多くある。東洋思想は大昔から仏教を含めた「悟りの文化」を発達させ,この世界非言語的に捉えようとしてきた。

19世紀頃から,「西洋人」達は西洋思想限界東洋思想可能性に気付き始めた。先日の一日一文で触れたニーチェ仏教傾倒していたことが知られている。20世紀以後の思想は,多かれ少なかれ東洋思想の影響下にある。

悟りと閃き

さて,デライト出発点となった「閃き」だが,実は,もともと「悟り」と呼んでいた。後に語弊があるとして改めたが,それほどの神秘的体験だった。

実際,この閃きから出来あがったデライトは,あらゆる情報が固有の名前を持たずに垣根なく連環し,立体階層構造を成すようになっている。これは私が16歳頃から実践していた高度非言語思考具現化したものでもある。

一昨日の一日一文で書いた「黄金状態」というのも,実質的に悟りの境地みたいなものかもしれない,と思うことがある。デライトによって誰でも体験出来るなら,これに勝る用者ユーザー体験は無いだろう。

もしかしたら,デライトを「触れる仏性」として「カジュアル悟り」を広めることが出来るかもしれない。不謹慎なようだが,必ずしも小難しい理論や厳しい修業によらず,時代に合わせて大衆化軽常カジュアルしてきたのが仏教の歴史だ。

メカソクラテスでもありメカブッダになるかもしれないデライトは,悟りの文化語りの文化統合した「閃きの文化」と言えるかもしれない。

{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{健康管理技術}{最大の売り}{聴き飽きた}{記録技術}{考えるべきこと}{健康への第一歩}{健康への近道}{最良の技術}...=}(71)

{心身の“黄金状態”と健康管理技術としてのデライト K#F85E/A-E74C-DD9C}

私は,心身の理想状態を「黄金状態」と呼んでいる。生活において,この黄金状態を維持することが究極の目標であり,そのための最良の技術デライトだ。

話題健康食品だとか魔法のような健康法に飛びついてしまう人は多いが,健康において“特効薬”は無い。食べてさえいればいい健康食品など無いし,やってさえいればいい健康法も無い。これを悟ることがまず健康への第一歩だ。

そして,網羅的かつ継続的観察記録改善のほかに健康への近道は無い。全ては適度調和的実践する必要がある。

いつ何を食べ,いつどのくらいて,運動はどの程度して……と,生活上のあらゆることを観察記録し,身体に良さそうなことは片っ端から全てやり,身体に悪そうなことは片っ端から全て止める。健康において考えるべきことはこれだけだ。


これを実践する上で,デライト以上の道具もやはり無い。デライトほど柔軟に細かな情報が扱える記録技術が無いからだ。実際,私はデライトによって黄金状態を得ることに成功している。

この状態に入ると,身体的には健康そのものだし,も,まさに“黄金”のようにいている。精神的にも,ときどき自分が知らないうちに薬物でも摂っているのではないかと思うほど頭脳は活性化し,多幸感に満ちている。ちなみに,薬物どころか煙草もやらない人間だ。脳内麻薬の究極形なのだろう。

黄金状態で特に面白いと思う現象の一つに,「身体感度の鋭敏化」と呼んでいるものがある。

例えば,音楽を聴いてみると,びっくりするほど大音量に聴こえて音量設定を確認してしまう。聴き飽きたと思っていた曲が,なぜかことごとく感動的に聴こえてくる。近所の見慣れた風景も,妙にキラキラいて見え,世界遺産に劣らない絶景のように思えてくる。

実は,この黄金状態こそデライト最大の売りになるのではないか,と以前から思っている。まだ私の個人的な体験に留まっているし,私にとってもこれを維持するのは難しいことなので,どれだけ多くの人に体験してもらえるのかまだ分からない。

とはいえ,デライトを健康管理技術として利用してもは無いだろう。まずは小さなことからでも,ぜひ健康増進役立てて欲しい。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{衰退途上}{最大の特徴}{知能増幅メモサービス}{知能増幅サービス}{黄金の国}{世界初の実用的な知能増幅技術}{世界史上最大の極大国}{〈intelligence amplification〉}...=}(92)

{ジパング計画について K#F85E/A-E74C-8DCA}

希哲館提唱推進する日本の産業政策に「ジパング計画」がある。その最大の特徴は,人工知能仮想通貨といった“流行トレンド”ではなく,「知能増幅(IA: intelligence amplification中心に据えている点にある。

その目標は,知能増幅技術による知識産業革命を起こし,いわゆる GAFAM を大きく凌ぐ日本企業創出日本世界史上最大の極大国ハイパーパワー導くことだ。この日本を模体モデルとして,自由共存する新しい国際秩序を創っていく。

この構想可能にしたのは,言うまでもなく「世界初の実用的な知能増幅技術」であるデライトデルン)だった。デライトは,いわゆるメモサービスから知能増幅サービス知能増幅メモサービスへの発展可能であることを理論化実証した世界初でもある。

知能増幅という概念は昔からあるものだが,人工知能に比べ話題性に乏しかった理由は,実用化の目処が全く立っていないことにあった。例えば,チップを埋め込むとか,遺伝子を弄るとか,現実には多くの人に受け入れられそうにない空想的構想がほとんどだった。それを容易に触れられるものにした,という点に知能増幅技術としてのデライトの革新性がある。


この「ジパング計画」という名称にも面白い仕掛けがある。

昔,テッド・ネルソンという人が始めた「ザナドゥ計画」というものがある。世界で初めて「ハイパーテキスト」という概念提示し,いま我々が使っているワールド ワイド ウェブ原型となった構想だ。

勘報機コンピューターにおける情報概念革新をもたらそうとしながら頓挫した例として,ビル・ゲイツが提唱していた WinFS とともに私がよく挙げていたのがこのザナドゥ計画だった。デライトは,その志を継ぐものでもあった。

ザナドゥ」というのは,本来はモンゴル帝国上都のことだ。マルコ・ポーロ『東方見聞録』で広めてから,ヨーロッパでは「東洋理想郷」に近い意味を持つようになった。

同じ『東方見聞録』に由来するのが,日本人にはお馴染みの「黄金の国ジパング」だ。当時の日本と思われる国が,をよく産出するきらびやか島国として伝えられた。これが「ジャパン」など外国語日本を指す言葉の由来だとされている。

残念ながら,今の日本知識産業で出遅れ,アメリカとの差は開く一方,中国にも追い抜かれ,“衰退途上”と言われる状況にある。

そんな日本を,古の伝説をなぞるように,「知の黄金郷」にしてみせようではないか。「ジパング計画」とは,日本の歴史勘報コンピューティングの歴史交差点に付けられた名前なのだ。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{希哲15年5月11日の日記}{個人知識管理サービスの課題}{SNS の課題}{中核事業}{成功模体}{二大純インターネット企業}{産業全体}{純インターネット企業}...=}(105)

{KNS について K#F85E/A-E74C-0184}

昨日の一日一文では,デライトにおける対 Google 戦略一環とも言える「全知検索」について書いた。今日は,対 Facebook 戦略の一環「KNS(knowledge networking service)について少し書いてみたい。

と言っても,KNS 自体について説明することはそれほど多くない。Twitter のように日常的気軽投稿をしながら,投稿を柔軟関連付け保存したり,利用者同士で参照し合うことが出来る知的交流サービスのことだ。百聞は一見に如かずで,デライトを実際に見て回るのが一番早いだろう。


デライトの対 Notion 戦略」でも書いたように,デライト目先目標達成する上で最重要視しているのは対 Notion 戦略だが,それはあくまでも通過点に過ぎない。

私は,個人知識管理サービス検索演心エンジンSNS を越えるネットサービスになると考えている。しかし,現状,流行りNotion も,それに追われている業界最大手 Evernote も,産業全体の中では小さな存在だ。企業規模も,いわゆる GAFAM には遠く及ばない。

デライトの対 Notion 戦略というのは,そんな小さな世界飛び越えて,世界の頂点目指すための足掛かりなのだ。

GAFAM の中でとりわけ GoogleFacebook を重視するのは,この二社が世界の「二大純インターネット企業」だからだ。ネットサービスは,資金力ではるかに劣る日本企業アイデア一つで世界の頂点に挑戦出来る唯一の分野であり,この二社は乗り越えるべき成功模体モデルだと考えている。

(ちなみに,AppleAmazonMSインターネット活用する企業ではあるが,その中核事業がインターネットで完結するものではないため「純インターネット企業」とは言えない。なぜそこが重要なのかは上述の通り参入障壁問題による)

乗り越えるためには,明確武器必要になる。その一つが昨日簡単に説明した全知検索であり,もう一つが KNS というわけだ。


SNS の課題”という視点から見れば,情報瞬間的共有には向いているが蓄積に向かない,感情優先社会分断助長する性質がある,デマヘイトのような低質悪質情報氾濫しやすい……といった問題への解決策KNS は持っている。

また,“個人知識管理サービスの課題”という視点から見れば,ツイートのような知識材料となる情報を十分に拾えていない,という問題への解決策となる。

いま,Notion がどんなに流行っていようが,その話題知見はほとんど Twitter などで刹那的に流れていくだけ,という現状を,私はいつも「もったいない」と思いながら眺めている。日常のささやかな気付きは,知識極めて重要源泉だ。

それに気付いて,自分で適当なサービスにツイートを保存している人は昔からいるが,SNS の機能を組み込んだデライト以外の個人知識管理サービスというのは寡聞にして知らない。両者が調和するサービスの設計が意外に難しいのだ。

個人知識管理サービスに関する話題が主に SNS で共有されているうちは,まだ驚異的なサービスではないのだろう,と思う。“本命”は恐らく,SNS の機能すら取り込んでしまうだろう。私はこれを KNS と呼ぶ。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{Qt: デライトは見出しが無くても困らない}{検索品質}{気に入った}{全てを知る}{名付けた}{検索手法}{デライトの成長戦略}{遅かった}...=}(113)

{全知検索について K#F85E/A-E74C-4287}

個人知識管理(PKM)サービスを「知能増幅(IA)サービス」に発展させ,まずは Google に代表される検索演心エンジンと,Facebook に代表される SNS からいわゆる GAFAM切り崩す……これがデライトの成長戦略だ。

既存の SNS に対する「KNS(knowledge networking service)という概念については比較的よく語ってきたが,既存の検索演心に対する「全知検索(full-knowledge search)については十分に語ってこなかった。デライトを使い始めた人がまず戸惑う部分でもあるので,考え方だけ簡単説明しておきたい。

全知検索というのは,各輪郭に付けられる知名輪郭名対象とする検索のことだ。一般に「ページ名」などと呼ばれる部分を主な検索対象とするわけで,一見不便なようにも思えるだろう。

ただ,輪郭同士の関連付け柔軟性利用することで,慣れてしまえばさほど問題なく,面白い検索体験が出来るようになっている。検索語から繋がる情報手作りしているような感覚とでも言えばいいのか,これは開発者である私にとっても意外なことだった。


実は,デライト基礎になっているデルンという CMS実用化した当初,当たり前のように全文検索(full-text search)基本にしていた。しかし,使い込んでいるうちに,これはこれで問題があることに気付いた

デルンは,これまでに無い手軽さ大量情報を相互に結び付けられるように設計された。頭の中にある情報を,輪郭同士の立体的入れ子関係で表現する。その関係をひたすら作っていくことが使い方基本だ。

ある言葉について検索した時,その言葉について何を考え,それが何と結び付いているのか,これがまずデルンの検索で得たい情報になる。ところが,全文検索では余計な情報が引っかかり過ぎてしまう。少し言及しただけの輪郭も引っかかるので,それを一覧でざっと見てからその検索語について新しく描出投稿するかどうか考える必要がある。これは,デルンの使い方を考えると明らかに遅かった

そこで,いったん知名だけを対象にしてみた。すると,最初にイメージした検索語を打ち込んで,それが有るのか無いのか,瞬時分かるようになった。その知名を持つ輪郭に関連する輪郭を関連付けていく,というデルンにとって本質的作業と非常に相性が良いことにも気付いた。

これを用者ユーザー認知に基いた全く新しい検索手法として「全知検索」と名付けたわけだ。「全てを知る」と見せかけて,実は無知自覚させるという「無知の知」的な皮肉を感じさせるところも気に入った

全文検索は本文にある情報検索出来るが,逆に言うと,本文に無い情報は検索出来ない。

例えば,画像のようにそもそも文字情報を持たない献典コンテンツのようにあえて直接的表現を避けた文章,内容を書き換えたくないがこの検索語で引かっかって欲しいという古い文章……こういったものにも,全知検索であれば検索の道筋を作ることが出来る。

Google 検索ですら長年解決していない検索ノイズ問題にも有効手段となりうる。

これまでの検索というと,機械が抽出した情報から,人間が要らないものを指定していくという,いわば「ブラック リスト検索」だった。全知検索では,最初から人間が結び付けたい情報を指定しておく。いわば「ホワイト リスト検索」だ。


……全知検索の考え方は大体こんなものだ。

ただ,デライトでも全文検索実装しないと決めているわけではない。補助的にあれば便利なのは間違いないので,何らかの手段で全文検索も出来るようにはするつもりだが,あまり優先順位は高くない。

結局,慣れてしまうと全知検索でも十分引っかかりやすいように書くようになるし,現状,誰よりもデライトを使い込んでいる開発者があまり必要を感じていないのだ。

全文検索に無い利点がある上,全文検索と比べてはるかに低負荷で動き,慣れてしまえば全文検索が無くても困らない実用性がある。これはもう検索においてページランク級の一大発明と言っていいのではないかと思っている。

ウェブ検索という分野では,Google ですらページランク以上の革新を生み出せず,継ぎ接ぎ対策検索品質を保っているのが現状だ。

全知検索には,かつてページランクがそうしたように,ウェブ検索を原理からひっくり返す可能性がある。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{あれ}{システム設計}{Notion 一強}{Notion の流行}{対 Notion 戦略}{対 Roam Research 戦略}{高機能メモサービス}{Roam Research}...=}(59)

{デライトの対 Notion 戦略 K#F85E/A-E74C-4A71}

デライト市場戦略では現在,対 Notion 戦略最重要視している。

もっとも,“個人知識管理サービス”あるいは“高機能メモサービス”に分類されるようなサービスがいま対 Notion 戦略を最重要視していないとしたら,それはそれで問題だろう。それほど Notion の勢いは他を圧倒している。

では,個人知識管理サービス市場はこのまま Notion 一強に落ち着くのだろうか。私はそれも違うと思っている。Notion の勢いを上手く利用して,台頭してくる“次”が十分にありうる。その位置に誰がつくか。これこそ,今この分野で行なわれている最も重要競争だ。


昨年,本格的な市場調査を始めてから間もなく,デライトでは対 Roam Research 戦略中核とするようになった。Roam Research階層構造ネットワーク構造統合しようとしている点でデライトに似ているように思えた。

その後,Roam Research がやや伸び悩みがちになってしまい,代わりに Notion急速人気を集めるようになった。

実は,当初デライト市場戦略では Notion をほぼ完全に無視していた。多機能主義的な Notion に対して,「最小高機能主義」を志向するデライトは全くの別物に見えたからだ。お互い,全く違うところを目指しているのだから,競争することもあるまいと思っていた。

しかし,これまで話題性に乏しかった個人知識管理サービスという分野で,Notion の流行利用しない手はない。そこで,Notion とデライトの違いを上手く使って売り込む戦略を考えるようになった。


Notion に対する熱狂はそう長くは持たない,と私が考えている主な理由に,Notion の「」がある。

Notion は自分だけの型を作れるサービスだ。それが楽しいという人も多いし,そこで躓く人も多い。自分の思い描いていたように情報管理出来る……Notion が実現したこの「」が,実は個人知識管理という観点からは落とし穴になる。

(なぜ落とし穴になるのか,というのは一日一文で語り尽くせることではないので,なぜに型が無いのか,なぜシステム設計難しいのか,といったことから各々考えてみて欲しい)

それに多くの人が気付く時は必ず来ると思っているが,それがいつになるのかは分からない。早くとも数年はかかるかもしれない。結局,そんなことは自分で実践してみて,にぶつからなければ分からないことだからだ。

ただ指をくわえて待っているわけにもいかないので,デライト山積する課題を片付けながらその時を待ちたい。

{一日一文}{希哲15年4月の月記}{呼びかけ}{学べる}{律動感}{内容不足}{気を引き締める}{お祝い気分}{軽い風邪}{希哲15年4月19日}...=}(56)

{希哲15年4月19日の日記 K#F85E/A-E74C-0F65}

退院し,赤ん坊を連れてやってきた。今日から1週間ほど滞在する予定だ。長女も一緒のはずだったが,軽い風邪を引いていたため一旦帰った。

初めて抱く赤ん坊は言わずもがな可愛いものの,当面の共同生活がどれだけデライト開発影響するかは未知数だ。少し前から決まっていたことながら,何とも言えず組計上はあえて無視していた。今日は何かと手伝いもありお祝い気分でもあり,一日一文を書くので精一杯だった。

ここまでは短期集中生活後に十分取れていなかった休養だと思えばまだ問題ではないが,これ以上デライト開発失速させないように気を引き締める


一日一文書き方について少し考えた。

まず,一日の最後に書こうとすると気力が残っていないということがあるため,執務の中程で気分転換も兼ねて書くようにする。読まれやすい時間帯も考えると,18時前後が最適だろう。

題材選びはやはり難しい。書きたいことは山ほどあるが,1時間程度でまとめられることとなると限られてくる。大きく・重くなり過ぎたり,逆に内容不足になったりする。これは日頃ネタを溜めておくしかないか。


偶然にも昨日聞き始めた浪曲役立つかもしれない。

赤ん坊泣き声や突然の呼びかけに応えなければならない状況では楽曲より聴きやすい。ラジオのように気が散る情報は少なく,動画のように視覚を奪うこともないため,比較的集中力を保ちやすい気がする。文章律動感学べる

=}
{情報}
{}