{希哲13年5月23日}{希哲13年5月23日のツイスト}{希哲時代}{ツイスト}{責任感}{平成}=}(6)
{希哲13年5月23日}{希哲13年5月23日のツイスト}{希哲館事業乗軌化}{ツイスト}{『ウサギとカメ』}{緊張感}{平成}=}(7)
{画一化}{希哲13年5月6日}{希哲13年5月6日のツイスト}{ツイスト}{出る杭は打たれる}{大正時代}{平成}{昭和}{明治時代}{自由主義}...=}(12)
{希哲13年5月1日}{令和時代}{希哲13年5月1日のツイスト}{平成時代}{希哲時代}{ツイスト}{希哲紀元}{平成}=}(8)
{希哲13年4月30日}{希哲13年4月30日のツイスト}{希哲館事業乗軌化}{希哲時代}{ツイスト}{上皇}{希哲館事業}{平成}=}(8)

{あれK#F85E/A-5B28-049F}

平成という時代に育ててもらったという意識もあるし,今上陛下には敬意を抱いているので,平成をどうしても「日本衰退の時代」で終わらせたくなかった。だから希哲館事業を何とか平成中に軌道に乗せた。そしてこの平成を輝かしい記憶にするために希哲時代に進んでいく,という考え方。

=}
{希哲13年4月30日}{希哲13年4月30日のツイスト}{ツイスト}{希哲館}{希哲紀元}{平成}{元号}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-B216}

私は日記とか個人的な記録,希哲館内部の記録では希哲紀元という独自の紀年法を用いてきて,今年は希哲13年と認識しているので,元号が変わることで時代観の芯が変わるということはないのだが,それでも平成の終わりには一定の意義を感じている。

=}
{希哲13年4月30日}{希哲13年4月30日のツイスト}{希哲時代}{ツイスト}{希哲館事業}{平成}=}(6)
{希哲13年4月28日}{あれ}{希哲時代宣言}{希哲13年4月28日のツイスト}{希哲時代}{ツイスト}{希哲館}{戦国時代}{今上陛下}{日本}...=}(12)
{平成}
{}