{希哲15年7月の一日一文}{一日一文}{隠している}{黙っている}{社会のあり方}{SNS の中立性}{独立国家}{平和的}{独立表明}{反知性}...=}(123)

{私の政治思想 K#F85E/A-E74C-6D9C}

先日の一日一文日本はどう逆転するか」では,あまりにも長くなり過ぎたため最後の見出しを削った。なかなか理解しにくいであろう私自身の政治思想についての余談だ。

大きな個人主義

面白いことに,私は昔から「極右」の類ではないかと誤解されることが,どちらかというと多い。これは先の文章のように,日本極大国ハイパーパワーにしようなどとずっと言ってきたからだろう。

しかし,そんなことを一人で勝手に語っているのだから,私自身は個人主義者以外の何者でもない。私がイメージする国家というのは,昔のヒップホッパーが肩に担いでいた巨大ラジカセみたいなものだ。国家従属したり逃避したりする「小さな個人主義」ではなく,国家を担いで鼻歌交じり世界を歩いてしまうような個人主義を「大きな個人主義」と私は呼ぶ。

私が日本という国家重視しているのは,それが世界を変える有効な手段だと感じているからだ。

日本知識産業革命を起こし,日本が極大国になれば,かつてのイギリスがそうであったように,世界中の国々にその技術文化を伝えることが出来る。実際,平成バブル期までの日本は,世界の経営学大きな影響を与え,「日本に学べ」という風潮を作った。

成功」さえすれば,世界の注目を集めることが出来,世界変革主導することが出来る。希哲館事業におけるジパング計画は,その最初の段階というわけだ。

希哲館目的は,まず「希哲日本」という成功模体モデルを創り上げ,その後は国際連合に代わる国際機関として「希哲」の理念に基く新国際秩序形成することにある。知性反知性分断乗り越え万人による繁栄平和共有出来る世界だ。

私は一人で「希哲紀元」という独自の紀年法を使っているが,これはキリスト教西暦でもなく,天皇元号でもないという,端的な独立表明でもある。中立性のために必要であれば,平和的合法的バチカン市国のような小さな独立国家を持つ計画まで準備している。

宇田川主義

ここまで視野を拡げれば,私の政治思想左翼だの右翼だの,リベラルだの保守だのといった既成概念の域をはるかに越えたものであることが分かるだろう。

私の政治思想は,「宇田川主義」としか言いようがないほど独自的で,それゆえに常に孤立しており,結果的に誰よりも中立を保っている。ノンポリというわけでもなく,波風を立てないために黙っているわけでもなく,日和見でもない,言動は明らかでありながら,あまりにも独特であるがゆえに中立なのだ。

この類稀中立性は,デライトのようなサービス運営するにあたっても重要だと感じている。

先の米大統領選挙を巡っても SNS の中立性疑問が呈されたが,ほぼ全てのサービス提供事業者は,こうした点において明確解決策を持っていない。政治について語らない,だけで中立を装える時代はとっくに終わったというのに。

特にデライトのような高機能メモサービスは「」を扱うものだ。そのサービスの開発者運営者が,政治,つまり社会のあり方について何の見解も持っていないということがあっていいだろうか?持っていて黙っている隠しているのは信頼に足る態度だろうか?

この行き詰まり明解解答を出せる世界で唯一サービス,それがデライトだ。ばりばりに語っているのに,ここまで“中立”な政治思想は世界を見渡してもまずない。私が政治を語ることを全く恐れない理由だ。ある種の「オープンソース」とも言えるかもしれない。

また長くなり過ぎないようにほどほどにして,この宇田川主義の全体像成り立ちについては,また後日書いてみたいと思う。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{政治的合意}{代替策}{交通技術}{基礎所得保障}{人間への共感}{両立}{世界史上最大の企業}{階層的}...=}(73)

{基礎所得保障ベーシック インカムから基礎雇用保障ベーシック ウェルカム K#F85E/A-E74C-B5DA}

一昨日の一日一文で私の変わった“金銭欲”ついて少し触れたが,これが実は希哲館事業核心に近い要素かもしれない。

希哲館事業にはもともと,“資本主義共産主義綜合”という目標が含まれている。その新しい経済思想を「相通主義」と呼んでいた。この名前も最後に見直したのがだいぶ前なので,もう少し良い名前がある気もするが,しばらく仮称としておこう。

相通主義というのは,資本主義流儀に則って共産主義理想(本来の共産主義とは別の形で)実現してしまおうという考え方だ。そのになるのが「相通化技術」と呼ぶ技術で,情報技術交通技術に大別される。希哲館事業では,その情報技術を「虎哲」,交通技術を「竜力」と呼び,開発計画を「竜虎計画」と呼んでいた。

その虎哲の核心となるのが輪郭法で,デルンデライトとなっていく。こう階層的整理してみると,希哲館事業構想がいかに巨大か分かる。「人類史上最大の事業構想」というのも伊達ではない。事業の全体像を簡単に説明しておこうと思うだけで,本題について忘れそうになる。

ベーシック ウェルカムとは

そんな希哲館事業で私がやりたいことは,簡単に言ってしまえば,“世界史上最大の企業”を作って雇用万人開放することだ。これを「基礎雇用保障ベーシック ウェルカム」(BW)と呼んでいる。「基礎所得保障ベーシック インカム」(BI)の代替策だ。

BI は昔から考えられてきたことだが,小規模な実験以外で実現見通しは立っていない。いくつかの理由で,一定規模以上の国家で実現することは困難と私は見ている。

BI は社会の構成員に大きな考え方転換を迫る。それも,持続的でなければ意味がない。やってみたが,やっぱり戻そう,という動きも当然考えておかなければならない。その割に,哲学的弱さがある。利点とされていることも大半は希望的観測でしかない。

それに対し,BW は思想転換も政治的合意も必要としないという大きな利点を持つ。その代わり,万人に雇用を提供出来る企業を創り出さなければならない。

私はよく GAFAM意識したようなことを語っているが,実際,この構想は GAFAM を大きく越えるような企業でなければ実現出来ない。しかし,それは不可能なことではない。

知識産業はこれまで考えられなかったような格差を生み出す。企業間も例外ではない。ついこの間まで,GAFAM の株価東証一部上場企業全体を上回り,米国政府と対立することなど考えられなかった。その GAFAM 全体を一社で上回る企業が出てこないとも言えない。

究極の格差を制することで世界に平等をもたらす。この BW という考え方は,世界史上最大の富を生み出そうという意欲と,人並の収入があれば満足に暮らしていけるという価値観両立させた人間にしか生み出せないものだと思う。

=}
{割り切れる}{目の上のたんこぶ}{仮想空間}{数百億円}{地下施設}{木立}{日本建築}{建築構想}{鎌倉の物件探し}{希哲館仮本館}...=}(73)

{希哲15年3月27日の日記 K#F85E/A-E74C-BF38}

数日前から何となく鎌倉の物件探し再開したところ,そのまま希哲館「仮本館」に使えそうな貸家を見つけた。これをきっかけに,希哲館事業構想について色々なことを考え込んでしまった。

希哲館は本来,建築構想でもある。あらゆるものが仮想化されつつある世界にあって,最も強い現実として事業理想具現化したいという思いが「希哲館」という命名には込められていた。

希哲館事業発足から間もなく鎌倉本拠地にすることを決め,鎌倉文学館モン・サン=ミシェル等を模体に,日本建築ギリシャ建築融合した独自の建築様式構想していた。木立に囲まれたの上に大きな庭園と小さな屋敷があり,その下には巨大地下施設が広がっている……それが希哲館本館希哲社本社理想像だ。それは一つの建築から都市になり国家になり,やがて世界になるはずだった。

しかし,そんな理想現実のものとするには少なくとも数百億円資金が要る。実現見通しも無く,「希哲館」は常に仮想空間だった。その仮想の仮想のがつまり「月庭」だ。

例の物件は,長年思い描いていた希哲館本館執務長公邸中間に近い規模雰囲気想像通りという感じで,少し運命的なものを感じた。この物件が実際に使えるかどうかはともかく,理想にこだわらなければ「希哲館仮本館」が出来るのは意外とすぐかもしれない,と思えた。

そう思ってみると,デライト背景でもある「希哲館」という概念は今のところ他人には雑音でしかない,ということが目の上のたんこぶのように気になってくる。私の頭の中にだけある理想像としての希哲館は,ほとんど誰にも伝わっていないだろう。仮にでも現実の形にすれば,この状況は大きく変わりそうだ。

そしてもう一つ,持ち辺に新たな燃料が注ぎ込まれたようにも感じた。完璧主義理想主義にとらわれて手をのばす気すら失せていたことが,何かのきっかけ割り切れるようになり,結果的には満足出来た,ということが最近よくあるDex好例だが,これもその一つになるかもしれない。そう思えば頑張って手をのばしてみるしかない。

28日振り返り日記

=}
{個人}{共通部分}{国家像}{一億人}{希哲14年3月18日}{希哲14年3月18日のツイスト}{ツイスト}{貧弱}{想像力}{}...=}(14)
{国家}
{}