{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{論譜}{即譜}{翻訳語}{スクリプト}{プログラム}=}(5)

{即譜と論譜 K#9-D657/A-57E9}

即譜(ソクフ): script (file)
論譜(ロンプ): program (file); 一時的にこう訳す

即譜と論譜は,かなり区別が曖昧な用語だと思う,というか恐らく努力しても明確に区別するのは難しい。
例えばある文脈では完全に対立した概念として両者が用いられる(仕類の即譜,Cの論譜,など)のに,別の文脈では論譜が即譜を内包する(仕類即譜と,C祖稿を換配した後の微成譜類の両者を指す,など)。
今,どちらも「○譜」と訳したが,特に “program” は行為を表わすことも多々あり,その場合は論組という訳語が最適で,論譜というような特定の物質に意味が縛られる訳語はマズいだろう。
ただ,「即譜」と訳せる “script” と,対立する概念としての “program” は,「論譜」と訳してもいいかも知れない。

=}
{柔品}{希哲14年2月10日のツイスト}{希哲14年2月10日}{持ち辺}{論組}{ツイスト}{モチベーション}{子供}{プログラム}=}(9)
{希哲14年1月21日}{希哲14年1月21日のツイスト}{英語}{ツイスト}{希哲館訳語}{勘報}{計算}{勘定}{コンピュート}{算譜}...=}(14)

{あれK#F85E/A-5B28-A96A}

プログラムも「算譜」ではほとんどの人が理解出来ない。一つの鍵は,「コンピューティング」が「計算」とは訳せない,ということ。これは間接的に,英語におけるコンピュートという概念が,単に計算をすることから計算によって情報処理をすることに拡張されていることを示していた。そこで,希哲館訳語勘報」(かんぽう)が生まれた。すなわち,情報勘定である。

=}
{翻訳用語}{希哲14年1月19日のツイスト}{論組}{希哲14年1月19日}{最広義}{部分訳語}{全体訳語}{ツイスト}{原語}{演待}...=}(13)
{希哲14年1月18日}{希哲14年1月18日のツイスト}{ツイスト}{勘報機}{希哲館訳語}{ろんぐみ}{作成}{翻訳語}{計算}{本質}...=}(16)
{和漢混淆訳語}{希哲14年1月18日}{上等訳語}{希哲9年の希哲館訳語}{殊組}{上等訳}{組み}{ろんぐみ}{}{想品}...=}(15)

{論組 K#F85E/A-31C0}

ろんぐみ【論組】勘報機コンピューター)のプログラム。又はそれを作成すること(プログラミング)。かつて「算譜」という翻訳語が存在したが定着しなかった。プログラム本質計算よりも論理にあるという考えから,同じくプログラムの翻訳語としても使われる「番組」をもじって造語。

元は「路組」の別案だったが,希哲14年1月18日上等訳語認定

{理腑}{論組}{希哲14年1月15日のツイスト}{希哲14年1月15日}{腑に落ちる}{内臓}{〈refactoring〉}{りふ}{内部構造}{ツイスト}...=}(17)
{プログラム}
{}